So-net無料ブログ作成
書評・映画評(DVD含) ブログトップ
前の10件 | -

【書評】岩瀬大輔『がん保険のからくり』 [書評・映画評(DVD含)]

ライフネット生命設立に参画した著者が保険について語ります。


生命保険のカラクリ

生命保険のカラクリ

  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2009/10/20
  • メディア: Kindle版



第1章にタイトル通りがん保険についての説明があるが、メインは第2章以降です。
著者は保険の本質について「確率の低い事象に大勢で備えること」と説明します。よって、高齢者医療のように確率の高い事象については保険でなく預貯金で対応すべきと説きます。
これはまさにその通りで、数字で計算されると反論できるひとは少ないと思います。
また公的医療制度についても説明され、リアルな自己負担額としては巨額にはならないことも示されています。
基本的に良心的な本だと思います。
こうした時代にどのような保険が必要なのか検討し、その結果として誕生した自社商品の宣伝があることはご愛敬ということで。

保険について知りたいひとのために!

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

【書評】鈴木伸元『性犯罪者の頭の中』 [書評・映画評(DVD含)]

普通の性犯罪者の実情に迫ります。


性犯罪者の頭の中 (幻冬舎新書)

性犯罪者の頭の中 (幻冬舎新書)

  • 作者: 鈴木 伸元
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2014/05/30
  • メディア: 新書



性犯罪者というと変態というイメージが強いですが、この本によると、見た目は普通のひとが多く、理性的に行動するようです。衝動的に犯行に及ぶのではなく、計画的で、「自分は捕まらない」との確信の下で実行に至ります。
ある性犯罪者の告白によると「自分がレベルアップするのを感じる」とのことで、まるでRPGのように犯行を繰り返していたそうです。
もちろん犯行は身勝手で、許されることではありませんが、性犯罪者に対する認識が変わったのも事実です。

犯罪者の心理を知りたいひとのために!

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

【書評】貴志祐介『天使の囀り』 [書評・映画評(DVD含)]

人間が人間でないものに変わっていくホラーです。


天使の囀り (角川ホラー文庫)

天使の囀り (角川ホラー文庫)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • 発売日: 2003/03/14
  • メディア: Kindle版



主人公はホスピスをする精神科医です。
チームでアマゾン探検に出かけた作家の彼氏が、謎の自殺をしたことで、その真相に迫っていきます。
貴志祐介は豊富な知識をベースとして執筆するタイプです。
じわじわくる不気味さが印象に残るホラーです。
ネタばれするのであまり書けませんが、ラストはパンデミックの恐怖を書いてほしかったなあと少し思ったり。

科学的裏付けのあるホラー好きのひとのために!
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:

【書評】貴志祐介『クリムゾンの迷宮』 [書評・映画評(DVD含)]

ジャンルはホラーですが、ゲームのような作品です。


クリムゾンの迷宮 (角川ホラー文庫)

クリムゾンの迷宮 (角川ホラー文庫)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • 発売日: 2002/11/08
  • メディア: Kindle版



主人公は突如として不思議な迷宮に放り込まれます。
その迷宮は地球上に実在する地名だと後でわかるのですが、主催者の意図は不明のまま、命を懸けたゲームに巻き込まれます。
豊富なマニアックな知識が満載で、エンターテイメントとして楽しめました。
難点とえば、ラストで、主人公が助かる理由が甘いといったところでしょうか。

ゲーム系の小説を楽しみたいのひとために!


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:

【書評】貴志祐介『極悪鳥になる夢を見る』 [書評・映画評(DVD含)]

貴志祐介のエッセイ集です。


極悪鳥になる夢を見る (文春文庫)

極悪鳥になる夢を見る (文春文庫)

  • 作者: 貴志 祐介
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2017/04/07
  • メディア: 文庫



内容はかなり多岐にわたっています。
通常のエッセイだけでなく、絵画の解説があったり、講演の抄録があったりと、まさに雑記です。
エッセイはかなり笑わせていただきました。
とくに卓球のくだりは傑作です。

爽快に笑いたいひとのために!

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

【映画】ミッション・インポッシブル [書評・映画評(DVD含)]

トム・クルーズの有名シリーズ第1作です。





実はこの映画をバスの中で見ました。
音はほとんどきこえなかったのですが、映像だけでストーリーは理解できます。
それだけわかりやすい作品だと思います。
アクションにつぐアクションで、主人公にピンチが訪れる → アイデアで解決と思いきや予期せぬ問題 → さらにアクション の繰り返しです。
ここの何重にもタイムリミットが設定され、まさにハリウッドの王道エンターテイメントです。

映画の楽しさを満喫したいひとのために!

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

【書評】ネイサン・エメリー『実は猫よりすごく賢い鳥の頭脳』 [書評・映画評(DVD含)]

あまり知られていない鳥の頭脳についての研究です。


実は猫よりすごく賢い鳥の頭脳

実は猫よりすごく賢い鳥の頭脳

  • 作者: ネイサン・エメリー
  • 出版社/メーカー: エクスナレッジ
  • 発売日: 2018/02/02
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



様々な研究が紹介された科学本ですが、同時に鮮明な写真が豊富でとにかく綺麗です。
鳥も様々なことを考え、記憶し、社会的なコミュニケーションを取っていることが分かります。
自分が驚いたのが、「脳細胞を増やしたり減らしたりすることができる」ということです。
一部の鳥は冬に備えて貯食をしますが、その際に、海馬と呼ばれる記憶をつかさどる部位を増強するそうです。
時期が過ぎればまた元に戻ります。
通常の動物には見られない鳥類だけの特徴かもしれません。

鳥の能力について、より深く知りたいひとのために!

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:

【書評】ロミオ・ロドリゲスJr『97%の人を上手に操るヤバい心理術』 [書評・映画評(DVD含)]

一流のメンタリストが人間心理を活用したテクニックを伝授です。


97%の人を上手に操る ヤバい心理術

97%の人を上手に操る ヤバい心理術

  • 出版社/メーカー: SBクリエイティブ
  • 発売日: 2015/06/18
  • メディア: Kindle版



心理術系には「心理学」に重きを置く本と、「テクニック」を中心とする本があります。
本書はタイトルの通り、テクニック重視です。
実際に交渉の場において、自然と自分が実践している事が多く、とても共感が持てます。
もちろん自分が持っていない技術も載っており、大変役に立ちました。

人間関係に悩んでいるひとのために!

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

【書評】門倉貴史『セックス格差社会』 [書評・映画評(DVD含)]

収入とセックスとの関係を探ります。


セックス格差社会 恋愛貧者 結婚難民はなぜ増えるのか? (宝島社新書)

セックス格差社会 恋愛貧者 結婚難民はなぜ増えるのか? (宝島社新書)

  • 作者: 門倉 貴史
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2008/11/10
  • メディア: 新書



結論は簡単で、収入が低いほどセックスから遠くなり、高いとセックスの機会が増えます。
ようするに「もてる」か「もてないか」ということです。
ただ高収入ホワイトカラーは多忙のため、夫婦間の行為が減少する傾向にあることも本では触れられています。
後半は少子化対策の話となり、前半とは別の話になります。
その他、いろいろな数字がでてきて、計算の仕方に若干の疑問はありますが、楽しめました。

収入とセックスの関係を知りたいひとのために!

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

【書評】伊坂幸太郎『死神の精度』 [書評・映画評(DVD含)]

第57回日本推理作家協会短編部門受賞作品です。


死神の精度 (文春文庫)

死神の精度 (文春文庫)

  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2008/02/10
  • メディア: Kindle版



主人公は死神です。
調査部員として派遣され、1週間観察の後に「可」か「見送り」かを判断するのだが、上司からは中途半端な情報しか与えられず、しかも人間界に詳しくない。
ちょっとズレた会話や行動がおかしみを生みます。
前半は平凡な感じがしてのめり込むことはありませんでしたが、だんだんと推理小説のテイストが濃くなり、まとまりもよくなります。
日本推理作家協会だけでなく、第134回直木賞候補、2006年本屋大賞3位も受賞している快作です。

短編小説好きに!

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の10件 | - 書評・映画評(DVD含) ブログトップ