So-net無料ブログ作成

第4期叡王戦挑戦者決定3番勝負第2局(菅井竜也七段VS永瀬拓矢七段) [将棋]

永瀬七段の先勝で迎えた第2局です。

【中継サイト】
http://www.eiou.jp/

両者とも電王戦に出場経験があります。
第3回将棋電王戦において菅井七段は習甦と対戦しましたが、98手で敗れました。大晦日に再戦しますが、再び敗れています。
永瀬七段は将棋電王戦FINAL第2局でコンピューターソフトのSeleneと対局。最後の角不成りばかりが注目されますが、あれは勝ちを読みきってからの一手です。
やや不利な局面から粘りに粘り、コンピューター相手にひっくり返した腕力こそ、永瀬七段の持ち味だと思います。
電王戦に縁のある二人が、ドワンゴ主催の棋戦で挑戦権を争うのも、因縁めいたものを感じます。
さあ、二人は新たな伝説を作ることができるでしょうか!

【棋譜】
http://www.eiou.jp/kifu_player/20190219-1.html

ということで将棋です。
後手菅井七段が用意した作戦は、菅井流三間飛車でした。
これは王位を奪取したときにも採用した作戦で、金を四段目に進出し、金の圧力で制圧する作戦です。
先手の永瀬七段は四筋から戦いを起こしますが、後手は素早く逆用して反撃し、後手有利のまま終盤にもつれ込みます。
しかし、ここから永瀬七段は粘ります。
お互いに人間らしい、最善手ではないが、お互いの駆け引きのような終盤の駆け引きが続きます。
後手勝勢から互角まで揺れ動きますが、最後まで菅井七段の心が折れることはありませんでした。
最後は188手の長手数となりましたが、菅井七段が勝ちきり決着は最終局に持ち越されました。

第3局は2月22日に対局です!
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

第45期岡田美術館杯女流名人戦第4局(里見香奈女流名人VS伊藤沙恵女流二段) [将棋]

里見香女流名人の2勝1敗で迎えた第4局です。

【中継サイト】
http://live.shogi.or.jp/joryumeijin/

第3局まで里見女流名人は14連勝中でした。
タイトル戦に限っても9連勝中、対伊藤沙女流二段とは10連勝中。
これを前局で一気に止めました。
これで流れが一気に・・・・・・といいたいところですが、むしろ、ここまで連勝を続けてきた里見女流名人の圧倒的な戦績に敬服するばかりです。
女流将棋界のスーパースターです。
いまは将棋に集中する時期ですが、いずれは清水市代女流六段のように、女流棋界の顔として、対外的な仕事もこなる必要がでてくるでしょう。
積み重ねたタイトル獲得は34期になりましたが、まだまだ伝説の途中です。
タイトルを防衛するだけでなく、守り方も問われる女流棋士なのかもしれません。

【棋譜】
http://live.shogi.or.jp/joryumeijin/kifu/45/joryumeijin201902180101.html

ということで、将棋です。
里見女流名人は先手中飛車に構えます。
後手伊藤沙女流二段は穴熊に囲いますが、その間に七筋の歩を突きこし、飛車を浮いて先手は万全の構えを取ります。
用意していた作戦なのかもしれません。
形勢はともかくとして、里見女流名人が攻めて、先手が指しやすそうな将棋になります。
中盤の折衝が始まってからしばらくした48手目の5五銀が疑問手だったようです。
8八角の反撃に7七歩とふたをして先手が有利となり、飛車を成りこんでからは露骨に金銀を貼り付けて、そのまま寄せきりました。
87手まで里見女流名人の完勝譜です。
伊藤沙女流二段は粘りに定評がありますが、その粘りを許さない里見女流名人の強さが光りました。
これで里見女流名人はシリーズ成績を3勝1敗とし、自身の持つ女流名人連覇記録を更新する10連覇を達成した。

里見女流名人おめでとうございます!
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

第12回朝日杯オープン戦決勝(渡辺明棋王VS藤井聡太七段) [将棋]

初の渡辺藤井戦です。

【朝日新聞将棋】
http://www.asahi.com/shougi/

佐藤天彦名人、広瀬章人八段(対戦時)、羽生善治竜王と次々とトップ棋士をなぎ倒してきた藤井聡七段ですが、渡辺棋王とは未対戦でした。
だれもが望んだカードが、決勝戦で実現するとは、藤井七段は持っている棋士だと思います。
朝日新聞としてもホクホクだと思います。
藤井フィーバーは朝日杯にも及んでいて、公開対局場は有料でも満員、さらに棋譜中継も朝日新聞会員限定になっています。
見る将棋ファンとしては少し寂しいですが、将棋が野球と同じくエンターテイメント産業として成立することが証明できれば、多くの企業の参入があり、将棋の裾野が広がるかもしれません。
痛し痒しです。

【棋譜】
https://www.youtube.com/watch?v=nDvfvv0JZPM

ということで将棋です。
先手渡辺棋王は角換わりを拒否して雁木に構えます。
渡辺棋王はブログでも「先手番で角換わりを拒否してまで作戦を主張して、相手の対策が十分ではない状況なら少なくとも「指し易い~やや有利」くらいにはなることが多いんですが(それが先手番の有利性でもある)」と書いていますが、練っていた作戦のようです。
ところが先手から仕掛けていきながら、戦いが進むと徐々に藤井聡七段有利に展開していきます。
自然な指し手が続いてるように見えましたが、評価値はどんどん後手有利に傾いていきます。
まさに王者の将棋です。
先手のチャンスは一瞬でしたが、渡辺棋王は気がつかず、発見したのは藤井聡七段だけでした。渡辺棋王にして脱帽です。
形上では一手違いとなりましたが、128手までまさに藤井聡七段の完勝譜です。

藤井聡七段はどこまで強くなるのでしょうか。連覇おめでとうございます!

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

第4期叡王戦挑戦者決定3番勝負第1局(菅井竜也七段VS永瀬拓矢七段) [将棋]

26歳の同級生対決となりました。

【中継サイト】
http://www.eiou.jp/

両者はともに将来を嘱望されている若手棋士ですが、実績は菅井七段が先行しています。
菅井七段は順位戦でB級1組に在籍し、王位も1期獲得しました。
一方の永瀬七段は順位戦C級2組で苦戦し、順位戦はB級2組、タイトルも2回挑戦しましたが、羽生善治、渡辺明という時代を代表する大棋士に敗れています。
しかし、来期は永瀬七段もB級1組に上がり、叡王も獲得すれば一気に同期に肩を並べます。
永瀬七段は努力のひとです。「将棋は才能ではなく努力」が持論です。
さあ、永瀬七段は努力の跡をライバルに見せることができるでしょうか!

【棋譜】
http://www.eiou.jp/kifu_player/20190211-1.html

ということで将棋です。
先手番となった菅井七段は振り飛車のエース戦法ともいえる先手中飛車を採用します。
そこからお互いに4枚穴熊に囲いあうという現代調とは違う平成の将棋となります。
穴熊では大駒より金銀の価値が高いことがよくあります。
永瀬七段は中盤の入口で思い切って角を切り捨てて相手玉から遠い場所にと金を作りますが、これが好判断でした。
角を切って手に入れた金を自陣に投入するようでは苦しいように見えますが、評価値をみると着実にリードを広げています。
気がついたら駒損だった後手が大きく駒得しています。
後手勝勢ですが、ここからが長かった。
菅井七段が粘りに粘り、後手に決定機を与えません。
後手勝勢は勝勢なのですが、頑強に正面から受けて、一時期は後手勝勢から後手有利まで急接近します。
しかし、最後まで永瀬七段の心が折れることはありませんでした。
190手の長手数となりましたが、後手永瀬七段が叡王挑戦に向けて大きな1勝を上げました。

第2局は2月19日(火)に行われます!
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

第44期棋王戦第2局(渡辺明棋王VS広瀬章人竜王) [将棋]

渡辺棋王の先勝で迎えた第2局です。

【中継サイト】
http://live.shogi.or.jp/kiou/

将棋は先手有利のゲームです。
長い棋界の歴史でも、後手が先手を勝率で上回ったのは1年しかありません。
トップ棋士同士が対戦するタイトル戦ではその傾向が顕著で、お互いに先手番を取り合って最終局・・・・・・というシーンも多く見られます。
素直な発言で知られる渡辺棋王は「後手では5割勝てば十分。先手で7~8割勝てばいい」と発言しています。
広瀬竜王はトップ棋士としては珍しく先後の勝率の差が少ない棋士です。
「序盤は互角で十分と思っている」と発言したこともあるくらい終盤戦術がたくみで、少しぐらい苦しい将棋をなんどもひっくり返してきたことを表していると思います。
棋王戦第1局で、広瀬竜王は先手番を落としましたが、後手番こそ新骨頂です。
さあ、広瀬竜王の終盤術を見ることができるでしょうか!

【棋譜】
http://live.shogi.or.jp/kiou/kifu/44/kiou201902100101.html

ということで将棋です。
戦形は角換わりとなりました。後手はバランス、先手は固さを主張します。
お互いに微妙な間合いを計る最新形となり、先手・後手とも手待ちをして、一気に激しい戦いに入ります。
先に駒得したのは後手です。
2筋は破られますが、右側に逃げ込み、飛車も守りに利いています。
評価値は微妙に後手側ですが、誤差の範囲で互角です。
先手からの攻めがひと段落してから後手も反撃に入ります。攻守交替の激しさが、角換わりです。
しかし、渡辺棋王は受けながら埋めて、逆に守りを固めます。
このあたりで評価値が一気に先手に傾きますが、後手も先手玉に迫っているので、一手間違えたら逆転します。
この辺りが広瀬竜王の真骨頂ですが、絶好調の渡辺棋王は惑わされません。
最後は後手玉を詰め上げて、119手まで最強挑戦者相手に2連勝と、防衛まであと1勝としました。
持ち時間も30分近く余す会心譜です。

第3局は3月10日(日)に、新潟県新潟市「新潟グランドホテル」で行われます!
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

第45期岡田美術館杯女流名人戦第3局(里見香奈女流名人VS伊藤沙恵女流二段) [将棋]

里見香女流名人の連勝で迎えた第3局です。

【中継サイト】
http://live.shogi.or.jp/joryumeijin/

第3局の対局場は千葉県野田市にある関根名人記念館です。
関根名人記念館は度々タイトル戦の舞台として使用されています。
またゴールデンウイークには将棋大会の会場としても使用されていますが、足つきの立派な盤がたくさん用意されており、アマチュアでもかなり本格的な将棋の雰囲気を味わうことができます。
また将棋関連の書籍が収納された図書室も併設されているので、観戦のおりにはぜひともご覧になって欲しいと思います。
ただ、公共交通機関が少ない不便な場所にあるので、自家用車か最寄り駅からタクシーを利用しないと大変だとは思いますが。

【棋譜】
http://live.shogi.or.jp/joryumeijin/kifu/45/joryumeijin201902100101.html

ということで将棋です。
後手里見女流名人は角交換を誘い、伊藤沙女流二段はその誘いに乗るようにして角交換に踏み切ります。
角交換振り飛車の対抗系となりますが、後手は陣形に隙があるため銀を手損して戻したり苦労している一歩で、先手は自然な手で陣形を伸ばしていきます。
駒組の時点で伊藤沙女流二段がリードします。
里見女流名人も桂損の攻めを敢行して竜を作りますが、伊藤沙女流二段に丁寧に受けられて攻めが繋がりません。
優勢を意識する伊藤沙女流二段は固い手を連続して選択します。
こうした手を続けていると逆転されそうなものですが、今回ばかりは序盤のリードが大きく、むしろ負けない将棋という印象です。
このまま105手まで伊藤沙女流二段が押し切り、これで嬉しいシリーズ初勝利を上げました。

第4局は18日(月)に東京都渋谷区「将棋会館」で行われます!

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

第68期王将戦第3局(久保利明王将VS渡辺明棋王) [将棋]

渡辺棋王の連勝で迎えた第3局です。

【中継サイト】
http://mainichi.jp/oshosen/

王将戦棋譜中継が変わりました。
いままでJAVAの盤面だったのが、フラッシュになり、大きく綺麗になりました。
フラッシュの方が汎用性が高いので、個人的には嬉しく思います。
パソコンの画面でみると、消費時間も大きく表示されるので、状況が分かりやすいです。
ただ、せっかく大きな画面で見れるのに、コメント欄が小さくて、スクロールをしなければならないのが不満というえば不満です。たったの4行しか入りません。
コメント欄を大きく見やすくしてくれたら、さらに嬉しいのですが。
まだまだ不十分な点はありますが、だんだんと見やすく改良されているのは”見る将”へのアピールなのかなと思います。
あとは”見る将”からどうやって商売につなげるのかが、将棋界の課題なのですか。

さあ、勝負の第3局は”見る将”へのアピールができる将棋となったでしょうか!

【棋譜】
http://mainichi.jp/oshosen-kifu/190206.html

ということで将棋です。
後手の久保王将は、ゴキゲン中飛車を採用しました。
十分に予想されたので対応策を練ってきたと思われる渡辺棋王は、超速から二枚銀の構えをとります。
久保王将は前例をたどりながら6四歩と突きますが、そこに隙を見たのか、渡辺棋王が仕掛けます。
桂交換から端に味をつけてから銀を突進させます。
さらに飛車を転回させ、味付けした端を攻め立てます。
渡辺棋王の角は働いていませんが、久保王将は飛車角金が働いていません。
決めては87手目の飛車切りでした。
この手を境に評価値が一気に1000を超え、寄せの筋に入ります。
久保王将も時間ぎりぎりまで考えて、なんとか打開策を計りますが、渡辺棋王は冷静に対応していきます。
107手まで渡辺棋王が完勝し、これで開幕3連勝です。
王将奪取まであとひとつです。久保王将は角番に追い込まれました。

第4局は2月24・25日に那覇市「琉球新報本社ビル」で行われます!
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

第44期棋王戦第1局(渡辺明棋王VS広瀬章人竜王) [将棋]

いま将棋界で一番強い棋士同士の戦いです。

【中継サイト】
http://live.shogi.or.jp/kiou/

渡辺棋王は昨年の不調がウソのように勝ちまくっています。
トップ棋士になると対戦相手も一流ばかりなのでなかなか連勝できませんが、そうした渡辺棋王はタイトル戦も含めて15連勝という驚異的なかちっぷりです。
勝率も7割8分と、対戦相手がゆるい若手ならともかく、トップ同士の対戦が続くタイトル保持者としてはありえない数字になっています。
対戦相手の広瀬竜王も7割3分とこちらも驚異的で、順位戦も6勝2敗と好調で、名人挑戦の可能性も残しています。
まさにいま棋界で一番勢いのある棋士どうしの決戦です。
さあ、この大勝負、先手を取るのはどちらの棋士でしょうか!

【棋譜】
http://live.shogi.or.jp/kiou/kifu/44/kiou201902020101.html

先手は広瀬竜王となり、相掛かりとなりました。
角換わり一辺倒だった最近の将棋界からすると、やや新鮮に映ります。
広瀬竜王が高飛車に構えたこともあり、お互いに手探りの序盤戦となります。
どこから戦いが起こるのかと思っていたら、渡辺棋王は右玉に構えた先手の玉頭方面から仕掛けていきます。端角から4四歩の楔が入ります。
広瀬竜王も4四桂と反撃しますが、あえて金を取らせる4三銀の受けが好手でした。
ここ数手で評価値も互角から後手優勢~勝勢へと一気に動きます。
広瀬竜王は左辺の金銀が働かないのが苦しいところです。
渡辺棋王は飛車取りを手抜くと、楔に金駒を打ち込み、一気に先手を投了に追い込みました。

これで渡辺棋王は防衛に向けて好スタートを切りました。
第2局は2月10日(日)富山県魚津市「新川文化ホール」で行われます!
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

第45期岡田美術館杯女流名人戦第2局(里見香奈女流名人VS伊藤沙恵女流二段) [将棋]

里見香女流名人の先勝で迎えた第2局です。

【中継サイト】
http://live.shogi.or.jp/joryumeijin/

伊藤沙女流二段は、リーグ戦を8勝1敗の好成績で優勝しました。
負けたのは中村真梨花女流三段だけで、渡部愛女流王位、香川愛生女流三段、上田初美女流三段、谷口由紀女流二段、甲斐智美女流五段などの女流棋士の一流どころを破っているので、いま絶好調といっても過言ではないと思います。
それでも、初戦は完敗でした。
超速指し棋戦であるAmebaトーナメントでは里見香女流名人を破り優勝しています。
まだ実力差はあるといっても、一発入れられないほどの差ではないと思います。
第二戦の舞台は女流名人の地元である島根です。
アウェーでの戦いとはなりますが、大名人に対して伊藤沙女流二段は一発入れられることができるでしょうか!

【棋譜】
http://live.shogi.or.jp/joryumeijin/kifu/45/joryumeijin201901270101.html

ということで将棋です。
先手は里見女流名人。後手の伊藤沙女流二段は早々に3筋の歩を切りますが、この構想が疑問と見た里見女流名人は2筋の歩を伸ばして角を引き、さらに飛車を戻して序盤からリードを奪いにいきます。
いわゆる鳥指しですが、後手が歩を謝らざるをえなくなったことで手得しています。
そこから先手はぐいぐい後手陣を攻めていき、粘りが身上の伊藤沙女流二段も二段目に歩を二枚も打って根性を見せますが、女流名人の指し手が冴えまくり、絶好調の挑戦者を寄せ付けません。
解説でも先手勝勢まで進みますが、ここから挑戦者が粘ります。
60手目の銀捨てからの角成りでやや持ち直し、その後一瞬だけ評価値も互角に戻ります。
しかし、そこから里見女流名人は立て直します。
攻めながらときおり自陣に手を入れ、最後は自玉安全にして121手の熱戦を制しました。

これで里見女流名人の連勝です。
続く第3局は2月10日(日)、千葉県野田市「関根名人記念館」で行われます!
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

第68期王将戦第2局(久保利明王将VS渡辺明棋王) [将棋]

渡辺棋王の先勝で迎えた第2局です。

【中継サイト】
http://mainichi.jp/oshosen/

今期の渡辺棋王は25勝7敗の勝率0.781、B級1組では破竹の10連勝、JT杯も優勝するなど、一時期の不調がうそのように勝ちまくっています。
この成績に対して絶好調というのは失礼で、強い渡辺棋王が戻ってきた、というのが正しい表現かと思います。
昨年度の21勝27敗という成績が異常値で、通算タイトル20期、歴代5位の大棋士です。まだ34歳なので、谷川浩司の27期を超える可能性も十分にあります。
昨年と戦いかたが大きく変わったというわけではないと思いますが、固さよりバランスを重視する現代将棋にも慣れてきて、読みぬけが減り、終盤の精密さが戻ってきたのが大きいと思います。
序盤でリードしたら許さず、そもまま勝ちきる将棋が目立つように思います。
王将戦第1局も、少しのリードを拡大し、そのまま押し切る横綱相撲でした。
さあ、渡辺棋王は、第2局も横綱相撲を見せることができるでしょうか

【棋譜】
http://mainichi.jp/oshosen-kifu/190126.html

先手久保王将は中飛車に構えます。後手渡辺棋王は深く囲うことはせず、船囲いの改良版であるelmo囲いを採用します。
そこからノーマル四間飛車の対抗形になり、シンプルに大駒の交換となります。
あとはお互いに横からの寄せ合いです。
先に桂馬を拾ったのは渡辺棋王ですが、久保王将の小駒を拾いにいかない7四角成からの5五歩で駒を活用を図りますが、それを遮断する6五歩が好手でした。
序盤から久保王将がやや苦しい将棋ですが、この手を境にはっきりと苦戦になります。
久保王将も粘りますが、渡辺棋王が中盤で詰めた端が大きく、後手玉の守備駒は少なくても広くてとてもつかりません。
コンピューターの解析を見ると、後手側に疑問手が多かったのに、結果として大差となったのはやはり作戦の差なのかもしれません。

これで渡辺棋王は王将奪取に向けて連勝と好スタートを切りました。
第3局は2月6、7日(水、木)に栃木県大田原市「ホテル花月」で行われます!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー