So-net無料ブログ作成

第78期順位戦展望【C級1組・組合せ決定】 [将棋]

なんといっても、藤井聡太です。

【C級1組対戦表】
https://www.shogi.or.jp/match/junni/2019/78c1/index.html

大本命は藤井聡太七段です。
もし阻むとしたら青嶋未来五段と船江恒平六段ですが、順位も高いので1敗ぐらいなら普通に昇級しそうです。
二番手争いですが、上記2名以外には阿部健治郎七段、佐々木勇気七段、増田康宏六段でしょうか。
佐々木勇七段、増田康六段とも阿部健七段との対戦はありますが、それ以外は比較的ゆるい相手になりますので、昇級のチャンスです。
阿部健七段は青嶋五段、船江六段との対戦もあり、非常に厳しい当たりですが、ある意味ではキャスティングボードを握っていると言えそうです。
今期は降級点持ちが8人もいます。
特に下位の棋士は厳しく、長らくC級1組の番人として活躍してきた日浦市郎八段、平藤眞吾七段、体調的な問題があり考慮時間が極端に短い堀口一史座七段がかなり危ないです。
C級1組は36人もいる大所帯です。
展開によっては、大量降級が発生するかもしれません。
ベテランの踏ん張りにも注目です!

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

第78期順位戦展望【C級2組・組合せ決定】 [将棋]

若手有力株が混戦です。

【C級2組対戦表】
https://www.shogi.or.jp/match/junni/2019/78c2/index.html

昇級候補を並べていくと、佐々木大地五段、阿部光瑠六段、髙見泰地叡王、三枚堂達也六段、大橋貴洸四段、渡辺大夢五段、八代 弥七段といったところでしょうか。
最近の充実からいくと佐々木大五段が筆頭で、二番手が混戦です。
対戦相手からいくとそれぞれ同じような感じで、取りこぼしがない棋士が最後まで生き残りそうです。
そういう意味で、安定性の高い棋士が有利でしょうか。
現役最年長、桐山清澄九段が降級点2点持ちで順位戦を迎えます。降級点が決定した時点で引退が確定します。
大山康晴十五世名人、中原誠十六世名人とタイトルを争った昭和の名棋士がひとりまたひとりと舞台を去りつつあります。
近年の成績から残留は厳しいですが、若手の壁となって、1つでも白星を挙げて欲しいと思います。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

第30期女流王位戦第4局(渡部愛女流王位VS里見香奈女流四冠) [将棋]

渡部愛女流王位の1勝2敗で迎えた第4局です。

【中継サイト】
http://live.shogi.or.jp/joryu-oui/

女流棋界は将棋連盟とLPSに分かれていますが、渡部愛女流王位はLPS出身として初のタイトル獲得者となりました。
LPSは将棋連盟とは違い師匠がいなくても登録することができますが、渡部愛は正式な師匠なしで初のタイトル獲得者となりました。
ちなみにLPS所属女流棋士でも渡部愛以外は全て師匠がついているので、今後しばらくはでない記録だと思います。
正式な師匠はいなくとも、LPS所属となったもの中井広恵の指導を受けたことが縁なので、中井広恵が実質的な師匠と言えるかもしれません。
さあ、渡部愛女流王位は、LPS所属女流棋士初のタイトル保持者として、もうひとふんばりできるでしょうか!

【棋譜】
http://live.shogi.or.jp/joryu-oui/kifu/30/joryu-oui201906130101.html

ということで将棋です。
後手里見香女流四冠はゴキゲン中飛車を選択し、そこから銀対抗となります。
ここはお互いに通いなれた道です。
先手は4五桂馬から仕掛け、後手は5筋の歩を切ります。
ここからが勝負です。
先手は桂銀交換を甘受する代わりに端をつき越します。
主張を活かすために6六角と端に利かせますが、上から銀をかぶせられ、中央で戦いを起こされると先手は防戦一方となります。
後手は中央から露骨に攻め、選果を挙げたところで先手の端攻めを催促し、駒得を重ねて角得になります。
その後も96手まで指しますが、攻防ともに見込みなしと判断した渡部女流王位が投了しました。
これで里見香女流四冠が3勝1敗となり、昨年度のリベンジとともに女流王位5期目となり、クイーン女流王位を獲得しました。

里見香女流四冠おめでとうございます!

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

第78期順位戦展望【B級1組】 [将棋]

永瀬拓矢七段が一期抜けなるかどうかです。

【B級1組対戦表】
https://www.shogi.or.jp/match/junni/2019/78b1/index.html

順位戦で苦戦を続けてきた永瀬七段がC級2組を抜けてからは順調にここまで上がってきました。
実力的には総当りとなるB級1組も突破して当然ですが、何が起こるのかわからないのが順位戦です。
努力の人、永瀬七段に大注目です。
二番手候補は混戦で、斎藤慎太郎王座、深浦康市九段、郷田真隆九段あたりでしょうか。
菅井竜也七段はここ2期苦戦しています。
短期的に研究を投入できるタイトル戦ならともかく、長丁場かつ長時間は苦手なのかもしれません。
残留争いは熾烈になりそうです。
順位的に畠山鎮七段、松尾歩八段が厳しいですが、誰が落ちても不思議はありません。

今年も畠山七段と斎藤王座の師弟対決が見られます。
この年齢までB級1組を維持している畠山七段の頑張りはすごいと思います。
2年連続の師弟対決は前半戦に組まれています!
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

第78期順位戦展望【A級】 [将棋]

A級に復帰した渡辺明に大注目です。

【A級対戦表】
https://www.shogi.or.jp/match/junni/2019/78a/index.html

なんといっても名人挑戦の大本命が渡辺明です。昨年の成績は文句のつけようがありませんし、今期も好調を維持しています。
次が名人を失陥したばかりの佐藤天彦九段、その次が広瀬章人竜王、羽生善治九段でしょうか。そもそも渡辺二冠がいまだに名人挑戦がないのが不思議なので、絶好調のいまこそ挑戦を実現して欲しいと思います。
今期のメンバーを見ると、残留争いが熱くなりそうです。
レーティング的には下位2名は佐藤康光九段と三浦弘行九段です。ですが、稲葉陽八段、糸谷哲郎八段、木村一基九段までそれほど差がないので、最後は順位が響く展開になりそうです。おじおじの愛称で知られる順位10位の木村九段が台風の目になりそうです。
三浦九段はタイトル1期ですが、A級通算18期となり歴代トップ10入りまであと少しのところまで迫っています。
この記録も密かに注目したいと思います!
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

第60期王位戦挑戦者決定戦(羽生善治九段VS木村一基九段) [将棋]

プレーオフを勝ち上がったのは、40代A級の両名となりました。

【中継サイト】
http://live.shogi.or.jp/oui/

羽生善治VS木村一基というと、第57期王位戦です。
先に王手を掛けましたが、第6局、第7局と連敗して初タイトルなりませんでした。
第55期王位戦でもフルセットにもつれ込みますが、やはり最終局に敗れてタイトル獲得を阻まれています。
もう10年前ですが、第80期棋聖戦でも先にリーチをかけて、第4局、第5局と敗れてタイトル奪取目前で涙を呑みました。その前年の第56期王座戦では3連敗と一蹴されています。
木村一基にとって、羽生善治という存在は大きな壁です。
ただ近年の対戦成績は互角に近く、現に竜王戦では羽生善治を破り、本戦出場を決めています。
さあ、木村九段は羽生善治を破り、王位戦の挑戦者に名乗りを上げることができるでしょうか!

【棋譜】
http://live.shogi.or.jp/oui/kifu/60/oui201906060101.html

ということで、将棋です。
先手羽生九段で横歩取りとなりました。
先手が青野流を採用せず、後手木村一九段が8五飛に構えたことからどこか懐かしい形となります。
横歩取りは差がついたら逆転が難しいので、お互い序盤に時間を注ぎ込みます。
ただ、一本取ったのは木村一九段でした。
羽生九段は端に角を打って頑張り、中盤のもみあいで徐々に優勢を築きますが、73手目の8一馬に6一飛で返されてからは互角に戻ります。
とはいえ、別の手も難しかったようです。
勝敗が分かれたのは終盤でした。
101手目が7二歩でなくて6三歩ならば、金銀損の先手もまだまだ互角に戦えたようです。
134手まで木村一九段が勝利し、これで7回目のタイトル挑戦を決めました。

木村一九段の初タイトルがかかる王位戦第1局は、7月3日(水)、4日(木)の二日間にかけて愛知県名古屋市「か茂免」で指されます!
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

第60期王位戦挑戦者決定戦プレーオフ [将棋]

紅白ともにプレーオフです。

【主催者HP】
http://live.shogi.or.jp/oui/

紅組は木村一基九段と菅井竜也七段の一戦です。
木村一基九段はamebaトーナメントに出場し、45歳の最年長ながら若手を次々に撃破して4連勝で予選1位通過を決めています。
また、木村一基九段はタイトル獲得無しの挑戦6回という珍記録ながら、1位タイとなっています。
あと2勝すれば7回目の挑戦となるのですが、結果はどうなったでしょうか!

【棋譜】
http://live.shogi.or.jp/oui/kifu/60/oui201906040101.html

先手は木村九段は、菅井七段は中飛車に構えます。
こちらも乱戦となり、後手優勢で進みますが、木村九段が受け師としての本領を発揮します。
ときに固く、ときに広く受けて、200手を越える熱戦となります。
攻め続けた菅井七段が受けに回った瞬間に速度が逆転し、最後は木村九段が粘り勝しました。
おじさん強いです。

白組は羽生善治九段と永瀬拓矢叡王です。
羽生九段はリーグ戦で永瀬叡王に敗れましたが、その後は連勝し、最後に追いつきました。もらったチャンスです。
永瀬叡王はときおり転ぶこともありますが、一皮剥けて棋界の頂点を目指していよいよ階段を上がる始めた感じがします。
さあ、白組の結果はどうなったでしょうか!

【棋譜】
http://live.shogi.or.jp/oui/kifu/60/oui201906040201.html

先手は羽生九段。横歩取りですが、永瀬叡王が力戦に持ち込みます。
自然に対応した羽生九段が優勢となり、永瀬叡王の攻めを受け流します。羽生玉がするすると上がり、駒損の上に入玉が避けられなくなった時点で永瀬叡王が投了しました。
この勝利が羽生九段の通算1434勝となり、歴代一位となりました。

第60期王位戦挑戦者決定戦は、6月6日に行われます!
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

第90期ヒューリック杯棋聖戦第1局(豊島将之棋聖・王位・名人VS渡辺明棋王・王将) [将棋]

まさに将棋界の頂上決戦となりました

【中継サイト】
http://live.shogi.or.jp/kisei/

本格化してからの豊島棋聖の成績はすばらしく、二冠を獲得したのに続いて名人も奪取し、まさに将棋界の頂点に立ちました。
一時の不調を脱した渡辺二冠も棋王防衛に続いて王将をストレートで奪取、レーティングでも抜けた1位です。
両者の対戦成績を見ると、渡辺二冠が圧倒しています。現に3連勝中の上に、3月の竜王戦でも勝利しています。
豊島棋聖側からすると不利なデータばかりですが、年齢的にもいまが絶頂期であると思われるので、過去を跳ね返すとしたらいましかないと思います。
お互いに引けない戦い。
さあ、将棋界最高のカードの結果はどうなるでしょうか!

【棋譜】
http://live.shogi.or.jp/kisei/kifu/90/kisei201906040101.html

棋界の頂点を争う戦いらしく、1局目から激戦となりました。
先手渡辺二冠が矢倉模様の出だしから銀二枚を前線に出し、いきなり乱戦に持ち込みます。
用意の作戦かもしれませんが、豊島棋聖の研究を避けたのかもしれません。
激しい戦いとなりますが、気がついたら駒割は互角と絶妙にバランスが保たれています。
形勢が動き始めたのは110手を超えたあたりです。
先手が後手玉に迫りますが、上下挟撃を防ぐ豊島棋聖の3五歩に対し、渡辺二冠の4三角成りから中央で威張る銀を抜いたのが固かったです。
渡辺二冠優勢の終盤となりますが、豊島棋聖も先手玉を薄くしてから馬切りかと渡辺二冠を楽にさせません。
時間切迫の中、渡辺二冠は馬当たりを放置して決めに行きます。しかし、127手目の4六角打ち辺りから細くなり、飛車を打ち下ろしたものの動かしたら先手玉が詰むという制限がかかっては怪しくなります。
渡辺二冠は豊島棋聖の入玉を防ぎながら159手目に3四銀となおもくいさがりますが、これが詰めろにならず逆転です。
粘りに粘った豊島棋聖が、渡辺二冠の先手番をブレイクする大きな先勝を上げました。

第2局は6月19日(水)、愛知県名古屋市「亀岳林万松寺」で行われます!
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

第30期女流王位戦第3局(渡部愛女流王位VS里見香奈女流四冠) [将棋]

渡部愛女流王位の1勝1敗で迎えた第3局です。

【中継サイト】
http://live.shogi.or.jp/joryu-oui/

ヒューリック杯棋聖戦の1次予選には2名の女流枠があります。今年は里見香奈女流四冠と渡部愛女流王位が参加します。
いままで1次予選を突破した女流棋士はいなかったと思いますが、里見香女流四冠が1回戦、2回戦を突破し、予選準々決勝まで進みました。
次戦は都成竜馬五段です。
今期は不調の里見香女流四冠が連勝したのは、それだけ現在の女流棋界のレベルがあがっていることを示していると思います。
渡部女流王位の初戦は佐々木大地五段です。
いきなりの若手強豪との対戦で厳しい組み合わせですが、里見香女流四冠に続いて女流棋界が成長した証をみせて欲しいと思います。

【棋譜】
http://live.shogi.or.jp/joryu-oui/kifu/30/joryu-oui201905290101.html

ということで将棋です。
先手里見香女流四冠がノーマル三間飛車を採用すると、後手渡部愛女流王位はエルモ囲いに組みます。
後手の金の位置をのぞけば、どこか昭和の香りがする形です。
渡部女流王位は金銀を前面に押し立てて先手陣を圧迫しますが、先手は細かい手筋で捌きに入ります。
ずっと互角が続きましたが、飛び出した角の退路を封鎖したあたりから里見香女流四冠がリードを奪います。
ただ、角をとる前の手順に先手に見落としがあり、一瞬後手有利と見られる局面になります。
だが、114手目の8八とがあまりに優雅すぎました。
角成りから先手が一気に後手玉を寄せに入り、時間切迫もあり最後は先手が後手玉を即詰みに討ち取りました。
紆余曲折ありましたが、里見香女流四冠が2勝目を挙げて、これで女流王位復位まであと1勝としました。

第4局は6月13日(木)に、徳島県徳島市「JRホテルクレメント徳島」で行われます!

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

第60期王位戦挑戦者決定リーグ最終一斉対局 [将棋]

紅白とも優勝の行方は最終局まで持ち越されました。

【中継サイト】
http://live.shogi.or.jp/oui/

紅組は木村一基九段が4連勝で単独首位。勝てば優勝で負けても結果待ちという有利な位置にいます。
まず木村一九段の結果ですが、
木村一基九段 × ― 〇 佐々木大地五段
クラシカルな矢倉に構えますが、中央から反撃されて圧殺されてしまいました。作戦ミスであり、無念だと思います。
木村一九段の優勝は菅井竜也七段―阿久津主税八段戦の結果にゆだねられます。
阿久津主税八段 × ― 〇 菅井竜也七段
これで木村九段と菅井七段が4勝1敗で並び、紅組はプレーオフとなりました。
2名以外の4名はリーグ陥落です。

白組は綺麗に分かれました。
3勝1敗が3人で、優勝から陥落まであります。
その3人が陥落がすでに決定している1勝3敗の3人と当たります。
対戦結果は以下のとおりです。

<3勝1敗組>    <1勝3敗組>
 羽生善治九段 〇 ― × 谷川浩司九段 
 中村太地七段 × ― × 千田翔太七段
 永瀬拓矢叡王 〇 ― × 澤田真吾六段

その結果ですが、まず永瀬叡王が角換わり腰掛銀から優勢に戦いを進め、終盤は二転三転する大熱戦となりますが、辛くも逃げ切り勝利です。
羽生谷川戦は歴代2位となる167局目。羽生九段が角道を止めて手将棋となります。中盤は谷川押しでしたが、終盤に羽生九段が谷川飛車を捕らえたところで谷川九段が投了しました。この勝利で、羽生九段は歴代最多勝記録に並びました。現役ではもちろんダントツです。
中村太千田戦は矢倉脇システムとなります。一時期流行しましたが、最近はまったく見ないので斬新です。
組み合ってからは激しい乱戦となり、先手千田七段が徐々にリードを広げ、中村太七段を打ち取りました。
その結果、白組も永瀬叡王と羽生九段のプレーオフとなりました。両名以外の4人はリーグ陥落です。

紅組白組のプレーオフは、6月4日に行われます!
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー