So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

第40期霧島酒造杯女流王将戦第2局(里見香奈女流王将VS加藤桃子奨励会初段) [将棋]

里見香女流王将の先勝で迎えた第2局です。

【中継サイト】
http://www.igoshogi.net/shogi/Loushou_info/

女流王将戦はTV棋戦なので持ち時間25分の早指しでしたが、今期からタイトル戦に限って3時間となりました。
予選は早指しなのに決勝だけ長い棋戦といえば、過去には富士通杯達人戦がありました。
出場資格は40歳以上だったのですが、羽生森内がバリバリ第一線のまま40代に突入し、意味が薄れてしまったのか消滅してしまいました。
女流王将戦は早指しと長時間の双方に対応する能力が求められるようになりましたが、さあ両者の対応力はどうでしょうか?

【棋譜】
http://www.igoshogi.net/shogi/Loushou/kifuplay.html?kifu=L40k0502

ということで、将棋です。
先手里見香女流王将は三間飛車を採用し、積極的に仕掛けていきます。
飛車を見捨てて大丈夫か、とも思ったのですが、評価値的には互角です。
大駒の数は減っても、豊富な小駒で手を繋いでいきます。
終盤で千日手になりかかります。
解消されてからは一気の寄せ合いです。
加藤桃奨励会初段も里見玉を裸にして追い詰めますが、女流王将はしっかりと見切っていました。
里見香女流王将が反撃に出ると、もう抵抗する力はありませんでした。
149手まで先手が勝ち、これで2連勝で里見香女流王将が防衛しました。
里見香女流王将おめでとうございます!

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

第8期加古川清流戦第1局(大橋貴洸四段VS梶浦宏孝四段) [将棋]

四段以下しか出場できない若手限定棋戦です。

【中継サイト】
http://live.shogi.or.jp/seiryu/

大橋四段は24歳でプロ入りした苦労人です。
その苦労した分を取り返すというわけではありませんが、昇段後は勝ちまくり、昨年度は8割に迫る勝率をたたき出しています。
ところが、同期昇段が藤井聡太四段という超弩級の大型新人がいたために、目立たないという不運にぶつかってしまいました。
それでも、第3回YAMADAチャレンジ杯優勝、NHK杯本戦出場と実績を重ね、さらにルックスも独自のスーツセンスから徐々に露出が増えているように感じます。
加古川清流戦は若手限定棋戦ですが、優勝すれば若手グループからひとつ抜け出すことになります。
さあ、大橋四段二つ目の棋戦優勝はなるでしょうか!

【棋譜】
http://live.shogi.or.jp/seiryu/kifu/8/seiryu201810190101.html

ということで将棋です。
将棋は相掛かりから、先手梶浦四段が捻り飛車に構えます。
そこから飛車が向き合う形でじりじりとした駒組みが続きますが、結果として先手が開戦
のタイミングを逃したようです。
本格的な戦いが始まってから狙い筋の9二歩を敢行しますが、ワインレッドのジャケットに身を包んだ大橋四段はたれ歩を無視して駒を前に出し、一気に優勢になります。
梶浦四段も嫌味を付けようとしますが、大橋四段ががっちりと守って付け入る隙を与えません。
最後は男らしく後手が先手玉を詰ましにいき、見事に即詰みに討ち取りました。
大橋四段の快勝譜だと思います。
第2局は、翌日(10月20日)に同所(鶴林寺)で行われます!
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

第49期新人王戦第2局(藤井聡太七段VS出口若武三段) [将棋]

藤井聡太七段の先勝で迎えた第2局です。

【中継サイト】
http://live.shogi.or.jp/shinjin/

出口三段は奨励会三段リーグに所属しています。
ここ3回の成績は
10勝8敗、9勝9敗、11勝7敗
となっているので、いつ四段になってもおかしくない星です。
ちなみに第59回奨励会で藤井聡太三段と当たり、敗れています。
成績からすると平均以上の実力はあると思うので、あとは組み合わせと、多少の運になると思います。
三段リーグ上位の常連でも、巡り合わせが悪く、四段になれないまま奨励会を去る強豪もいます。
新人王戦で決勝まで進むのは大きな勲章です。
ぜひとも三段リーグを抜けて四段になって欲しいと思います。

【棋譜】
http://live.shogi.or.jp/shinjin/kifu/49/shinjin201810170101.html

先手は藤井聡七段。
持ち時間3時間の棋戦ですが、午前中に58手まで進みます。
ここまで出口三段の消費時間、わずか17分です。中盤の未知の領域に入ってから手数も進んでいるのに、こんなに早いとは、若手らしい深い研究を感じさせます。
しかし、午前中最後の手が問題だったようです。
昼食休憩明けから藤井聡七段の猛攻が始まり、飛車を叩ききって攻め続けます。
寄せに入ってからは確実でした。
有利な局面から一度も出口三段に付け入る隙を見せずに押し切る強さはまさに磐石です。
これで藤井聡七段は連勝で新人王を獲得しました。

おめでとうございます!

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

第66期王座戦第4局(中村太地王座VS斎藤慎太郎七段) [将棋]

中村太王座の1勝2敗で迎えた第4局です。

【中継サイト】
http://live.shogi.or.jp/ouza/

中村太王座はタイトル戦と平行して王将戦リーグを戦っています。
王将戦挑戦者決定リーグの企画として、好きな武将の甲冑を身にまとった姿とインタビューが掲載されています。
中村太王座はまだ30歳です。
棋士としてこれから脂がのる時期で有り、自分の将棋に没頭しても良いのですが、インタビューの端々から感じるのは“運営側の視点“です。
また、実際に将棋会館建て替えの理事に就任しています。
中村太王座の師匠は長年将棋連盟会長を務めた米長邦雄です。
こうした視点は、師匠の影響なのかもしれません。
中村太王座はプロ棋士と平行して早稲田大学政治経済学部に進学し、同大学の政治経済学術院奨学金(政経スカラシップ)を授与されるほどの学力の持ち主です。
将来の幹部候補生として、将棋と平行して運営側でも力を発揮して欲しいと思います。

【棋譜】
http://live.shogi.or.jp/ouza/kifu/66/ouza201810160101.html

ということで将棋です。
戦形は居飛車党で大流行中の角換わりとなりますが、先手中村王座は金を5二に上がるクラシカルな形を取ります。
そこから金を6八と寄せていき、穴熊を見せるという、まさに一昔前の将棋を採用します。
おそらく準備してきたのでしょう。
穴熊に組まれてはつまらないとばかりに後手が攻め、先手が駒損ながらと金を作る半ば定跡となっている手順に進みます。
ここからが勝負です。
中村王座は銀を捨てて王手飛車取りという大技をかけますが、7六歩が好手で後手ペース。
ところが、ここから形勢が揺れ動きます。
タイトル戦の重圧からか、お互いに負けない手、我慢する手が増え、根性の勝負となり、最後に抜け出したのは中村太王座でした。
137手までの熱戦だったと思います。
第5局は10月30日(火)、山梨県甲府市「常磐ホテル」で行われます!

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

第40期霧島酒造杯女流王将戦第1局(里見香奈女流王将VS加藤桃子奨励会初段) [将棋]

加藤奨励会初段が無冠返上に挑みます。

【中継サイト】
http://www.igoshogi.net/shogi/Loushou_info/

女流王将戦はテレビ棋戦ですが、以前は放映前に結果が公開されてしまうという、かなり風変わりというか、視聴率は大丈夫か、と思わせるような棋戦でした。
それがようやく放映後に結果が分かるように改善されました。
最近、アメバトーナメントで、運営側のミスで放映前に結果が分かってしまうという事件がありました。
いろいろな棋戦があってよいと思うのですが、やはり放映前に分かってしまったら興味半減ですからね。
これからも、この方式が続けばよいと思います。

【棋譜】
http://www.igoshogi.net/shogi/Loushou/kifuplay.html?kifu=L40k0501

戦形は後手里見香女流王将が初手3二飛車戦法を採用します。
里見女流王将はバランス型の駒組みで、飛車交換に強い形。対する加藤桃奨励会初段は船囲いです。
後手里見女流王将が先手の隙を突いて1歩得して優位に立ちます。
そこから再び駒組みが続きましたが、戦いが始まれば徐々に女流王将の優位が際立ってきます。
加藤桃奨励会初段は最後まで諦めずに粘りの手段を探しますが、最後まで里見香女流王将は間違えずに96手まで横綱相撲で圧勝しました。

第2局は10月19日(金)に日本将棋会館で対局となります!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

第31期竜王戦第1局(羽生善治竜王VS広瀬章人八段) [将棋]

羽生竜王が最後の1冠を掛けて戦います。

【中継サイト】
http://live.shogi.or.jp/ryuou/

どんな大棋士でも、いつかは無冠に転落する日がきます。
木村義雄十四世名人が名人を失陥し、引退したのが47歳のときです。
大山康晴十五世名人が無冠になったのは50歳目前、最後のタイトルが59歳。
中原誠十六世名人が無冠になったのは40歳、最後のタイトルが46歳です。
羽生竜王は47歳です。木村義雄十四世名人が名人を失陥し引退した年齢と同じであり、中原十六世名人が最後のタイトルを獲得した年齢を超えています。
同世代のライバルだった森内俊之十八世名人は、既にA級陥落を機にフリークラスへと転出しました。
新手がその日のうちに飛び交い、研究される現代将棋において、47歳まで連続してタイトルの保持を続けるのは奇跡に近いです。
その羽生善治が47歳にてまだトップでいられるのか、大きな勝負になりそうです。

【棋譜】
http://live.shogi.or.jp/ryuou/kifu/31/ryuou201810110101.html

第1局は角換わりとなりました。
先手は羽生竜王で、自ら玉頭となる六筋の歩をきりに行き、戦闘が始まります。
主戦場は左辺となり、羽生竜王が攻めきれるかどうかの瀬戸際になります。
広瀬八段は形勢に自身を持っていたのか、千日手の手順を拒否して決めに行きます。
実に男らしいです。
広瀬八段も反撃しますが、羽生竜王は自玉に金銀を貼り付けて鉄壁の防御を築き上げます。
ここまで守られると、二枚龍だけでは羽生陣地を敗れません。
はっきりと優勢になった羽生竜王は、冷静に後手の入玉の希望を経ちこれでタイトル100期に向けた大きな1勝をあげました。
第2局は10月23、24日(火・水)に福岡県福津市「宮地嶽神社」で行われます!

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

第49期新人王戦第1局(藤井聡太七段VS出口若武三段) [将棋]

藤井聡太最後の新人王戦です。

【中継サイト】
http://live.shogi.or.jp/shinjin/

新人王戦の出場規定は、女流棋士やアマチュア、奨励会三段に関する規定を除くと、以下の2つです。
1. 26歳以下(10月1日現在)
2. 六段以下(タイトル戦経験者は除く)
藤井聡太七段は年齢面ではまだまだ条件をクリアーしていますが、七段に昇段したため今期が最後になります。
わずか2年で新人王戦卒業というのは、それだけ昇段が早いといことを表しています。
藤井猛九段のように3回優勝の強者のもいますが、優勝してサッと卒業するのもまたかっこいいと思います。
さあ、藤井聡太七段は最後の新人王戦で優勝することができるでしょうか!

【棋譜】
http://live.shogi.or.jp/shinjin/kifu/49/shinjin201810100101.html

将棋は相掛かりとなりました。
先手出口三段がするすると銀を前に出して、歩を掠め取り、序盤は先手作戦勝ちとなります。
藤井聡七段相手にそう簡単にはよくなりません。
後手は戦線を拡大して食いつき、中盤で逆転します。
出口三段にもチャンスはありましたが、藤井聡七段が一枚上手でした。
最後は挟撃形を築いて、挟み撃ちにして出口三段を投了に追い込みました。
これでまず1勝です。
第2局は10月17日(水)、関西将棋会館で指されます!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

第77期順位戦展望【B級2組・前半戦】 [将棋]

4回戦まで終了しました。

【対戦表】
https://www.shogi.or.jp/match/junni/2018/77b2/index.html

4連勝を飾ったのは中村太王座、永瀬拓矢七段の二人です。特に永瀬七段はライバルの千田六段を破っているだけに評価が高いです。
中村太王座は対戦相手にも比較的恵まれているので、タイトルホルダーとして、今期こそB級1組に上がってほしいです。
もちろん1敗勢にもチャンスがあります。
特に澤田真吾六段、阿部隆八段は、永瀬七段より順位が高く、かつ直接対決があるので自力昇級の目が残っています。
まだまだ混戦が続きそうです。
ベテランの丸山忠久九段、藤井猛九段、先崎学九段は1勝3敗と苦戦。
先崎九段は病気明けなのでやむをえませんが、丸山九段、藤井九段にはもうひとふんばりして若手の壁になってほしいです!
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

第66期王座戦第3局(中村太地王座VS斎藤慎太郎七段) [将棋]

斎藤慎七段がタイトル獲得まであと1勝で迎えた第3局です。

【中継サイト】
http://live.shogi.or.jp/ouza/

斎藤慎太郎七段はB級1組順位戦で、師匠の畠山鎮七段との対戦が行われました。
実は順位戦での師弟対決は非常に珍しく、おそらくは5組程度です。
それは基本的に師弟対決は避ける決まりになっており、トーナメント戦だと避けるのは1回戦だけなので実現しやすいですが、順位戦だと総当りとなるB級1組以上でなければ実現しません。
普通の師弟は年齢差がありますから、弟子が優秀かつ師匠が踏ん張らないといけません。
こうしてみると、過去の師弟対決は大山康晴対桐山清澄のような師匠がタイトル獲得者のケースが多いのですが、師匠がノンタイトルというのは板谷進(師)VS小林健二(弟)がB級1組で3局(板谷の3―0)、田中魁秀(師)VS福崎文吾B級1組で1局(田中の1―0)ぐらいしかないようです(※将棋情報局さんの調べ)。
よく師匠に勝つことが恩返しと言われますが、やっぱり最高の恩返しはタイトル獲得だと思います。
さあ、斎藤慎七段は王座を獲得して、師匠に恩返しができるでしょうか!

【棋譜】
http://live.shogi.or.jp/ouza/kifu/66/ouza201810020101.html

ということで、将棋です。
先手斎藤七段の選択は矢倉模様からの棒銀でした。
棒銀というと加藤一二三九段ですが、最近やや増えてきた印象があります。
派手に大駒を交換して先に挟撃体制を引いたのは先手ですが、後手中村太王座の反撃が厳しかったです。
先手が駒得になりますが、金銀6枚を手にした中村王座が金銀四枚で玉を固めると、残り2枚の金銀と馬がスクラムをくんで先手玉に迫ります。
最後はお互いに1分将棋になりますが、優勢になった後手が逃げ切り、中村王座が角番をしのぐ1勝を挙げました。
第4局は10月16日、新潟県南魚沼市「龍言」で行われます!
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

第26期大山名人杯倉敷藤花戦挑戦者決定戦(中村真梨花女流三段VS谷口由紀女流二段) [将棋]

どちらが勝っても2度目の挑戦です。

【中継サイト】
http://live.shogi.or.jp/kurashikitouka/

谷口女流二段は今年3月に結婚しました。旧制は室谷で、女流棋士としての活動名も谷口に変更しました。
結婚しても旧姓を使い続ける女流棋士も多く、上田初美女流四段、貞升南女流初段など、数えてはいませんが旧姓使用が多数派のように思います。
”谷口由紀”になってからまだ半年程度ですが、もう馴染んでいると思います。
結婚の際に、男性の氏を選択する夫婦が多数なので、女流棋士の記録を数えるひとは大変かもしれないとか思ったり。
両者の対戦成績は、谷口女流二段が10勝1敗と圧倒しています。
実績からするとこれほど対戦成績に差がでるような棋力差があるとは思えません。
相性なのでしょうが、ここ一番で中村真女流三段は相性を跳ね返すことができるでしょうか!

【棋譜】
http://live.shogi.or.jp/kurashikitouka/kifu/26/kurashikitouka201809280101.html

ということで将棋です。
戦形は相振飛車となりました。
お互いに普通の駒組みが続きましたが、64手目の後手6四歩が面白い手で、逆サイドからの攻めを狙っています。
先手が受ければ、また2筋に戻ります。
そこから2次の駒組みが始まりましたが、中村真女流三段が銀冠に組み替えようとした隙を突いて、2筋の突き捨てからたらしを入れます。
この手がずっと先手の負担となりました。
中盤の捌き合いから攻めを信条とする中村真女流三段が攻め続けますが、谷口女流二段は丁寧に受け、攻めが細くなったところで反撃しました。
最後は下駄を預けられた谷口女流二段が先手玉を即詰みに討ち取り、みごとに倉敷藤花戦の挑戦権を獲得しました。
第26期大山名人杯倉敷藤花戦三番勝負第1局は11月6日(火)東京・将棋会館で行われます!
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー