So-net無料ブログ作成

最近の日常【平成31年6月中旬】 [日常]

〔年金が2000万足りない話〕
公的年金だけでは生活水準が維持できないことは常識だと思っていたが、与党や野党の動きを見ていると違ったらしい。
「100年安心」も「公的年金が破綻しない」という意味に受け取っていたが(信用していませんが)、こちらも世間一般の受け取りかたは違ったらしい。
元来、公的年金は老後資金の全てを賄う設計とはなっていない。現実問題として、老後資金を全て公的年金で支給するのは財政的にも不可能だ。
報告書があろうがなかろうが、事実は変わらない。むしろ政府が出したがらない事実を掘り出して伝えるのは、マスコミの責務であり、矜持なのではないかと思う。
騒ぐ方向性が、なんか違うというか、生産的ではない気がする。

若い世代は公的年金を信用しておらず、まったくもらえないものだと思っている。
年金をどうするのか、政治家は建設的な議論をして欲しいと心から願う。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190611-00010002-abema-pol

〔年金不足2000万を埋めるための試算〕
報道によると、年金生活者は平均して月5万ぐらいの赤字らしい。
この平均というのが曲者で、一部の超高額所得者が全体を引き上げてしまうので、庶民としては中央値が実感に近いはず。
例えば65歳以上の平均金融資産額は、統計局HPによると平均約2400万円で、中央値だと約1550万。
これは保険とかいろいろ入っているので、貯蓄額はその半分程度みたい。
庶民の体感としては、貯蓄額の中央値が近いと思う。
それはともあれ、年金不足の話。
厚生労働省のモデル年金受給額だと夫婦で約28万円なので、このレベルなら赤字になるとは思えないのだが、どうせ自分たちのころのは激減しているので、とりあえず月5万円の不労所得ゲットを目指してみる。
年間60万円なので株式配当が王道だし、これなら手が届きそう。
ということで、計算してみる。
配当重視の投資をすれば、3%ならなんとかなりそう。
ここからは複利の出番です。
年100万円ペースで投資すれば、2年目は3万円の配当があるので97万の投資ですむ。
その次は94万、、、、と繰りかえれば、20年間で約1500万の投資で2000万に到達です。
配当も再投資にまわせば、20年で2800万円。すると年間配当約80万なので、けっこうな余裕資産になりそう。
株価が下落すれば、利回りは高まります。
いかに安いときに買いあさるかだけど、これが難しいんだよなあ(汗)
ちなみに自分は株主優待目的が多いので、配当利回りは低いのが難点です。
(いまとのころ、投資額に対して配当利回りは2%前半、株主優待を含めると3%後半といったところ)
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

最近の日常【平成31年6月上旬】 [日常]

〔プリンターを買い換えた話〕
廃インクタンクの交換を無事終えたと思ったら、またすぐにエラーがでた。
何度もエラー表示がでたらたまらないので、しかたなく買い換えることにした。
なんとかならんのかな、このシステム。
うちはCDを焼かないといけないので、機種に制約があり、結局、現メーカーの新しいバージョンを買うことに。
コンパクトになったのは嬉しいのですが。
廃インクタンクもメーカーに依頼しなくても、部品を買えば交換できるようですが、ただそのころには部品がなくなっているんだろうなあ。
まあ、時期を見て取り寄せますが。

〔筋トレを再開した話〕
漫画ワンパンマンの主人公が「腹筋100回、腕立て100回、ランニング10kmを毎日するだけで強くなった」という感じで述べるセリフがあるらしい。
それを信じたどこかの国の男性が、1ヶ月で体質改善に成功したという。
だからというわけでもありませんが、少し時間に余裕が出来たことから、腹筋50回、腕立て50回、背筋50回、踏み台昇降運動左右50回を毎日することにしました。
が、いきなり筋肉痛で1日休み。
基本的に痩せ型なのですが、ここ1年で2kgぐらい増えているので、そろそろコントロールが必要な時期に差し掛かっている気がする。
そう思っているのですが、まずは筋トレをするための筋力作りからスタートですね。
とほほ。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

最近の日常【平成31年5月下旬】 [日常]


〔表現の自由について〕
この記事を読んでびっくりした。これは焚書であり検閲であり洗脳ではないのか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190506-00010000-clc_guard-eurp

表現の自由は大切だと思っている。
様々な主張があり、多様な表現があり、複数の解釈があり、喧々諤々の議論があり、それを読者が受け取ることでよりよい世界に進んでいけると信じている。それが自由民主主義の根幹だと思っている。
「正しい表現」しか許されない世界が、様々な悲劇を生む事を人類は学んできたのではなかろうか。
ジェンダーに対しても様々な考え方や学説があるのに、それを無視して伝統的書物まで「正しくない」から排除するのは焚書であり、ある種の狂気を感じます。
ジェンダーに理解のある書物も、伝統的価値観に基づく書物も、ジェンダーを飛び越えた書物も同じように並べ、あとは読者の解釈にゆだねるべきではなかろうか。たとえそれが子供であったとしても。

自分の表現の自由に対する考えは、下の漫画と一緒です。
藤子不二雄先生は神です。

https://pds.exblog.jp/pds/1/201405/17/86/a0208786_1315241.jpg


〔米中貿易戦争の話〕
米中貿易戦争が本格化してきた。というより覇権争いが激しくなってきた。
きっかけはAIIB事件なのだが、この事件に米国が驚き、中国は自信を持ち、さらに中国が露骨に覇権を奪おうとしている状況。
いままで中国は賢く米国からの攻撃を避けてきたので、今回ものらりくらりと交わすものばかりと思っていたが、ここまで正面からぶつかるとは思っても見なかった。
しかも米国が要求する知的財産権の保護という至極全うな主張まで、交渉の土壇場になって拒否するとは完全なる想定外。
両者がガチで戦えば、経済規模も軍事力も国際的信用度や同盟国の力から見ても引き離されているので、現段階では米国が勝つことは目に見えている。自由民主主義と一党独裁という政治体制の差も大きい。
経済減速中の中国は、なんだかんだとのらりくらり作戦しかないと信じ込んで株をちょこちょこ買っていたので、ちょっと痛手かも。
中国がゆっくりと沈むのと平行して、インドが台頭するというシナリオだと思っていたのに、なかなか予想は当たらないものです。
下手したら中国経済のハードランディングが起こるかも。
混迷の時代になってしまうのかなあと思いつつ。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

最近の日常【平成31年5月中旬】 [日常]

〔コメが玄米になった話〕
コメを白米から玄米に変えた。
とはいえ完全に玄米だと焚けないので、5分付きに精米する。
見た目はかなり茶色いが、やや硬い程度で、白米と同じ感覚で食べられる。
3分付きなら、胚芽の栄養がほぼほぼ残っており、健康にはいいらしい。
調べると、ミネラル分やビタミンB1が豊富みたい。
ビタミンB1は脚気で有名ですね。
子供は野菜が苦手なので、玄米で栄養補給はいい選択かも。

〔咳が止まらない話〕
ここ何週間か咳が止まらない。少なくとも1か月は続いている。
勝手に百日咳と決めつけているが、病院に行っていないので実際はわからない。
熱はないものの、肺炎になった経験があるので、再発だけは怖いのですが。
ちなにみ自分のブログの記事で、アクセス数が圧倒的に多いのが肺炎治療日記です。
肺炎になっているひとが多いのね、とか思ったり。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

最近の日常【平成31年5月上旬】 [日常]

〔令和元年〕
平成が終わり、令和になった。
中国の古典から採用するのが慣例だったが、万葉集から採用という画期的な元号となった。
なかなか良い響きだと思う。
この『令和』の典拠となった和歌には元ネタがあって、万葉集の数百年前、張衡という文人が詠んだ『帰田賦』という詩にそっくりな一節があると報道されている。
日本文化は中国を手本としながらも、それを独自に発展させてきたので、こうした話もとても日本らしいなあと思う。
和歌に限らず、中国が元ネタとなる話はたくさんあるわけだし。
平成はいろいろありましたが、総じて平穏な時代だったと思う。
令和はどのような時代になりますでしょうか。

〔肘を痛めた話〕
ここしばらく多忙でプチ筋トレができなかったのだが、少し余裕が出てきたのでプチ筋トレを再開する。
階段の手すりを利用して懸垂。急激にできなくなっている。
数回したところで、肩を鍛えるために腕を広げて懸垂したところ、左肘に痛みが走る。
いきなり無理をしすぎたのかもしれないと思いつつ、この程度で無理が来てしまう自分に幻滅したり。
治ったらゆっくりと再開します。はい。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

最近の日常【平成31年4月下旬】 [日常]

〔次男の中学校入学式で恥ずかしい思い出がフラッシュバックした話〕
入学式といえば国旗と国歌がお約束。
なわけだが、国旗に対する対応が先生でいろいろ違う。思想の自由はあれど、職務は職務だからね。
かなり昔の話だが、個人旅行でイタリアに行ったとき、文化的価値で有名なある教会に行ったことがある。
観光資源だから当然のことながら観光客がゾロゾロいるのだが、その横には地元の信徒もいて、普通にお祈りをしている。
ぼくはお祈りもせず、ぶらぶらと眺めていたのだが、そこで、地元住民と思わるおじさんに帽子をかぶったまま教会に入ったことを軽く注意された。
その国や地域で敬意を払われているものには、ビジターもしっかりと敬意を払わなくてはならない。
いわば郷に入れば郷に従えです。
そんな常識を知らず、実に恥ずかしい思いをした記憶が、突如してフラッシュバックしてしまったりして。

〔セキセインコが死んだ話〕
まだ2年なのに、飼っていたセキセインコが死んだ。原因は肺炎らしい。
普通に部屋で飼っていたのだが、セキセインコは意外と寒さに弱いらしく、冬は越したもののおそらくはそれが罹患した理由ではないかと。
動物は死ぬ直前まで元気な姿を見せる。
夜までは元気だったのに、朝になったらもう意気も絶え絶えだった。
なんとも可哀想なことをしました。
ペットを飼うのは難しいです。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

最近の日常【平成31年4月中旬】 [日常]

〔五男の小学校入学式にドラえもんが登場した話〕
淡々と式が進んでいたのだが、「6年生が新入生に踊りを送ります」とアナウンスがあって、いきなり顔面を殴られたような形をしたドラえもんが登場した。
普通、毎年同じような式をするのだが、4回目にして驚きのサプライズです。
なんだか、とっても微妙なドラえもんで、前が良く見えないのが動きにくそうで、扉から外にでるのもひとくろう。
鈴も、遠くてよく見えなかったけど、たぶん黄色いビーチボール。体は作れないので、何重かに服を着た上で最後に青い上下を身にまとっていました。
あの大きな頭は、たぶん、6年生が一生懸命作ったんだろうなあとか思いつつ。

〔ノートルダムの鐘〕
ノートルダムが焼け落ちた。
まさか防火のために文化遺産を鉄筋コンクリートに改造するわけにはいかないので、どうしても脆弱性がのこる。
そういう意味で、文化遺産を守る難しさを感じる。
それはそうと、かなり昔、男女混合の友人グループで映画『ノートダムの鐘』を見入ったことがある。
ミュージカル映画なのだが、ストーリーも音楽も素晴らしく、映画館を出てすぐに感動した話をしたのだが、さっそく女性陣から男性陣に向けて
「あんたたち半分以上寝ていたじゃん!」と突っ込まれた。
まあ、確かにその通りだったのですが、半分だけでも十分に感動したというか(汗)

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

最近の日常【平成31年4月上旬】 [日常]

〔外壁塗装の話〕
順番を間違えたが、外壁塗装の話
うちの家も築10年が経過したので、外壁塗装を依頼することにした。
同時期に建築された周辺の住宅もボチボチ塗装を始めていて、うちはやや早めの感じ。
塗料にもいろいろな種類があり、何度も塗りなおすのが面倒なので30年持つという特殊な塗料を使用することにした。かなり厚手で、遮熱効果も高いらしい。
やや高いけど、ランニングコストと手間を考えたら悪くないかなあと。本当に宣伝とおりに持てばですが。
まあ、大手企業だし、建設物価にも掲載されているぐらいなあ、大外れはないだろうと。
ということで、発注してもう完成しました。
まあ、悪くはないがこれからどうなるかですね。けっこう高かったので。

〔外壁塗装のついでに屋根塗装〕
外壁塗装のついでに屋根も見てもらう。
写真で見た感じ、かなり色あせていて、角がやや取れて地肌が露出している箇所がある。
基本的に二重構造なので表面が劣化しても大丈夫は大丈夫なのだが、ついでに塗りなおすことにする。
耐用年数は15~20年ぐらいみたいだけど、まあ、そのくらい持てば十分かなあ。
あとは家の状態を見ながら、再度、塗りなおすかどうか決める感じかな。
とりあえず一度しっかりしておけば、かなり放置しても大丈夫だろう。
そんな安易な考えで。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

最近の日常【平成31年4月上旬】 [日常]

〔次男のソフトボール部の卒部式でほろりとした話〕
次男のソフトボール部の卒部式があった。
獲得したトロフィーや賞状を6年生で分け合ったのだが、次男は「競争相手がいないから」という理由で市内大会のトロフィーと賞状をもらっていた。
せっかくなら県大会優勝とか、市外大会優勝のトロフィーを狙って欲しかったのだが。
監督はもうすぐ75歳になる。監督のスピーチの番になり、自分の年齢について少し触れたあとで、こんなことを話し始めた。
「君たちが日々成長するのが嬉しくて、成長を見るのが生きがいだった。明日から君たちは切り替えて、新しい目標に向って進んでいって欲しい。けど、ぼくは切り替えられない。ずっと君たちのことを、想い続けるだろう」
 いつもは話の長い監督が、苦言ばかりの監督が、本当に短く、これだけでスピーチを終えた。
 卒部式が終わると、監督はそそくさと帰っていた。本当に別れが辛かったのだろう。
 こんな姿を見せられると、どうしても、ほろりとしてしまう。
 この世代の一員でいられた次男は、本当に幸せだったと思う。

〔次男の卒業式当日にDVDが配られた話〕
次男の卒業式当日に、担任の先生が2年間の思い出を詰め込んだDVDをみんなに配布した。
たぶんパワーポイントで作成したデータを動画変換したものだろう。
DVDプレイヤーでは見ることができないけど、PCなら見ることができる。
冒頭に5年の春と6年秋の姿が並べたシーンがあり、2年間でこんなに成長すしたんだなあと、しみじみ感じました。
クラスの行事やら、学校のイベントやらの写真や動画がたくさんあり、少し驚いた。
学校内でいろいろな撮影をする、という感覚がなかったので。
手の込んだ動画を作ってくれるぐらいなので、先生にとってかなり思い入れのあるクラスだったのだろう。
こうして子供たちに思い入れをもってくれるのは、本当にありがたいことです。
感謝、感謝。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

最近の日常【平成31年3月下旬】 [日常]

〔卒園式の話〕
五男の卒園式があった。
毎回同じ流れなので手順通り淡々と進んでいくのだが、涙もろい先生は毎年泣いていて、なんとなくもらい泣きしてしまうというか。
先生からしたら、自分の子供みたいで、可愛いのだろう。
長男が幼稚園にいたとき、まだ前任の園長先生がいた。
声楽出身らしく、卒園式に突如として「君たちに歌を送ります」と発言し、朗々と美声を響かせ始めた。
あまりに突然のことに、保護者がざわついたことは言うまでもない。

〔次男の卒業式の話〕
次男の卒業式があった。
途中で卒業生と在校生が言葉を掛け合うのだが、どうもこれが作った感(もちろんシナリオ通りなのだが)が強くて、違和感がうんぬんと覚えてしまったり。
6年生は3クラスなのだが、隣のベテランの先生はサバサバしたもので、あっという間に最後のホームルームが終わった。
次男の担任は若い女性教師で、思い出を語りだしたら止まらなくなり、先生が泣きながら話している途中でもう隣のクラスは帰り始めている。
ちなみに長男の担任はベテラン熱血教師で、怖い顔をしながら大泣きしているので、保護者も高確率でもらい泣きしていました。
教師の色がすごいでたなあと思いつつ。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感