So-net無料ブログ作成

最近の日常【平成31年8月中旬】 [日常]

〔ヤドカリを取りにいった話〕
四男が自由研究でやどかりの引越しをするというので、ヤドカリを取りに行く。
海沿いの公園にいったら、そこら中にいてびっくりする。
カニとヤドカリだらけ。
ヤドカリを集めるのは簡単だけど、問題は引越し先となる空家の巻貝がないこと。
巻貝をひろってもひろっても、既にお住いの方がいらっしゃる。
海岸を歩き回り、ようやく2個ほど空家を見つける。
ヤドカリより空家探しに苦戦するとは、、

〔大阪まで旅行した話〕
子供たち4人を連れて大阪まで帰省というか旅行した。
元々、祖父が経営していた町工場が建っていた場所にある大阪の家はもうすぐ売却され、両親が千葉に戻ってくる予定なので、大阪行きは今年で最後になる。
子供のころから何度も来ていた場所なので、いざ無くなると思うと、やっぱり寂しい。
地元である母はもっと寂しいのだろうから、自分が寂しがってもしかたがないのだが。
最終日に少しひとりで散歩する。
さすがに何十年もたつと風景も変わりつつあるが、それでもこの地区はかなり昔の建物が残っている。
ふっと、祖父母の思い出が頭をよぎる。何気ない見慣れた風景を何枚か写真に収める。
子供たちは大阪の家をいつまで覚えているだろうか。
そんなことを、ふっと、考えました。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

最近の日常【平成31年8月上旬】 [日常]

〔ツバメの巣立ち〕
ツバメを観察しても、どうも巣立ちをしてもしばらくは親からエサをもらっているらしい。
数羽のツバメが仲良く電線に止まっていると、近くを別のツバメが通るたびに雛のようにエサをねだる。
飛んでいるツバメが親で、エサをねだっているのが子供なのだろう。
ジャングルに住むオウギワシは2年に1度しか子育てをしないが、それは子供を育てるのに時間がかかるから。
サルを初めとする哺乳類を狩るが、高度な技術が必要であるため、巣立ちをしてもなかなかひとりでエサを取ることができないそうだ。
自然はなかなか大変です。

〔三井住友銀行が家にやってきた話〕
たまたま休暇で在宅中に三井住友銀行がやってきた。
かなり前に「支店が移転したので顔を出してください」と言われていたのだが、特にいく用事もないのでそのままにしておいていたら、銀行からやってきた。
話を聞くと、要するに投資の勧誘です。
自分の口座に、株式の配当金が額はともかくとして回数だけはちょぼちょぼと入金されるので、「投資に興味のある人間」としてターゲットにされたようです。
銀行としては投資信託、外貨預金、学資保険、個人年金などを売りたいのですが、投資信託は手数料が高くて配当利回りが低すぎて論外です。外貨預金も金利が低すぎて話にならない。個人年金は税控除限度額だけ加入済み。さらに学資保険もすでにかけているのでこれもNGと、結果として全否定になったのですが、NISAについて少し話を聞いて勉強することができました。
そてにしても、大手都市銀行も飛び込み営業する時代になったんだなあと思ったりして。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

最近の日常【平成31年7月下旬】 [日常]

〔栄養ドリンクの話〕
長距離運転の途中の話。
SAで休憩中、子どもが自動販売機で間違えて栄養ドリンクを買った。
この手のドリンクはほとんど飲まないのだが、仕方なく自分が飲むことになる。
ショート缶ですが、これが意外と効く。
目がギンギンに冴えて、いくら運転しても大丈夫な感じ。
それでまた疲れた時に、また購入してみた。
が二度目は効かない。この手はたまーに飲むからよいのでしょうね。

〔BookOffでスマホを売った話〕
子供用のスマホを間違えて買ってしまった。
格安SIMを利用しているのだが、動作確認済みの機種を購入したつもりが、微妙に違っていて、つかえなかった。
ようやくSIMフリーについての変遷を理解することができました。
さて、某BookOffに売りにいったところ、値段は出されたものの「Wi-Fi環境のあることろで設定を解除してください」と言われて一旦持ち帰る。
次に職場帰りに別のBookOffに持ち込んだところ、これまたキャリア確認のために購入時の書類が必要とか言われて持ち帰りになったのだが、なんと1200円も安い。
同じチェーン店でも買取価格がかなり違うみたいです。
結局、元のお店に売りに行きました。
ずいぶんと高い勉強になってしまいましたが。
nice!(4)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

最近の日常【平成31年7月中旬】 [日常]

〔株主レポートから見る日本経済〕
6月末は上半期の配当が振り込まれる時期です。
金額的にはたいしたことありませんが、薄く広く株を保有しているので、あちこちから株主レポートが届く。
そこに昨期の売り上げやら利益やらがいろいろ書いてあるのだが、一番多いのが売上微増、利益大幅減。
企業なりにいろいろ工夫して売り上は伸びているものの、人件費とか運送費とかの高騰もあり、利益は伸ばせない。
米中経済戦争の影響もけっこうあるようです。
ただ配当は各企業とも安定配当の意識が強いようで、概ね維持です。
景気動向は頭打ちになっているようですが、この先の日本経済はどうなることやら。

〔なぜ中高野球部は坊主?〕
いまだに理解できない。
プロ野球も小学生も頭髪はフリーなのに、中高野球部だけ坊主が伝統である。サッカーもバスケットも、坊主を強要しない。それなのに、中高野球部だけが坊主である。
いまだにその理由が理解できない。
スポーツをしやすい髪型であるならば、坊主である必然性はない。髪型ぐらい、自主性の任せるべきだろう。他のスポーツでは、自由でまったく支障がないのだから。
思春期の少年にとって、坊主はハードルが高い。
中学野球部を見ていて、坊主を強要するがために、優秀な選手を逃していると思うと、残念でならない。
それで「選手が集まらない」と嘆かれても、なんだかなあと。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

最近の日常【平成31年7月上旬】 [日常]

〔参議院選挙の話〕
参議院選挙の入場整理券が届いた。7月下旬に選挙です。
参議院、衆議院だけでなく地方自治体の議員や首長もあるので、本当に選挙が多いなあと思います。民主主義からするといいことだと思いますが、政権が不安定になるのも困るといったところでしょうか。
あまりに選挙が多いと、短期的な政策ばかりになりそうで。
いまの政治で一番気になるのが外交。
G20でとりあえずの追加関税はなくなたっとはいえ、ファーウェイ関係の一部以外の制裁は解除されていないので、米中経済戦争は続くと予想されます。
自由民主主義と資本主義を共有する米国が勝ってくれないと困るのですが、トランプ大統領はアメリカファーストを合言葉に全方位に喧嘩をしかけるという戦略的でない行動をとっているので非常に不安です。
日本はどの道に進むべきかという舵取りが非常に難しいです。
だからこそ、日本外交をどうするのかが選挙の争点になるべきだとは思うのですが、いまのところなんだかなあ、という感じだったり。

〔農地法の話〕
選挙の争点になることはほぼありませんが、個人的にずーっと思っているのが、農地法が改正されないかなあということです。
発想があまりに古るすぎて、現地で見てきた人間として、矛盾点がどうにもならくなっているように感じます。
いま農家は高齢化が著しいですが、その一方で農業法人は若い人をたくさ雇い、それぞれが特色のある農業を元気に営んでいます。
個人で農家をするには限界があるし、新しいひとを呼ぼうとしても新規就農へのハードルが高すぎます。なにせ独立経営なので、感覚として飲食店を新規開業するぐらいの思いっきりが必要です。
これは厳しい、厳しすぎます。
だからこそ、発想を180度変換して、個人ではなく、法人が農業を営むように誘導して欲しいです。法人ならサラリーマンとして安定した就農ができるし、なにより、地方に就職先がいっぱいできます。
いまは農地所有適格法人しか農地を取得できませんが、これを普通の法人も取得できるようになれば、多くの業者が参入すると思います。
すると都会人も転勤で地方に異動し、意外と気に入って住み着くかもしれません(うちの職場だとけっこういます)。
また、基本的に都会より地方の方が出生率が高いので、多少でも地方に移動すれば少子化にも多少寄与すると思われます。
そんな政治家がでてきたら、密かに応援したいのだが、まあいないだろうなあ。
だれか農地法改正に興味のありそうな政治家にメールしようかなあ。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

最近の日常【平成31年6月下旬】 [日常]

〔オーストラリア米の話〕
最近、スーパーでオーストラリア産のお米が売られている。
オーストラリアは乾燥しているイメージがあったので、水を大量に使う米が生産されているとは思いもしなかった。
値段は日本米と比べて若干安いが、極端に安いというほどでもない。日本米の下限ぐらいだろうか。
品種はコシカリ系で、日本米と同じように炊くと若干固くなるので水を多めに入れる必要があるものの、食味は良好で同じ値段ならオーストラリア米の方が美味しい。
調べると、約100年前に日本人が異国での米生産に挑戦したとのこと。
田地に羊が入って荒らすなど、日本では想像すらできない困難に直面しながら、8年かけて収穫に成功したそうです。
先人達の苦労に感謝です。

〔ツバメの子育て〕
最寄り駅の構内に毎年ツバメが巣を作っているが、今年は巣立ちが遅い。
おそらくだけど、すぐ近くに若いツバメが新たに巣を作ったからではないかと思っている。
若いツバメは巣作りも早く、雛はメキメキと成長し、すでに1回目の子育ては完了している。
いま巣を作りなおして、2度目の子育てに向けて準備中。
いっぽう、ベテランカップルは、ようやく雛が巣立ちに向けて準備をしているところ。
畑や空き地が多かった周辺も、ここ数年で一気に住宅が増えて、エサとなる虫も減っているんじゃないかと思う。
よく頑張っていると感心します。
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

最近の日常【平成31年6月中旬】 [日常]

〔年金が2000万足りない話〕
公的年金だけでは生活水準が維持できないことは常識だと思っていたが、与党や野党の動きを見ていると違ったらしい。
「100年安心」も「公的年金が破綻しない」という意味に受け取っていたが(信用していませんが)、こちらも世間一般の受け取りかたは違ったらしい。
元来、公的年金は老後資金の全てを賄う設計とはなっていない。現実問題として、老後資金を全て公的年金で支給するのは財政的にも不可能だ。
報告書があろうがなかろうが、事実は変わらない。むしろ政府が出したがらない事実を掘り出して伝えるのは、マスコミの責務であり、矜持なのではないかと思う。
騒ぐ方向性が、なんか違うというか、生産的ではない気がする。

若い世代は公的年金を信用しておらず、まったくもらえないものだと思っている。
年金をどうするのか、政治家は建設的な議論をして欲しいと心から願う。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190611-00010002-abema-pol

〔年金不足2000万を埋めるための試算〕
報道によると、年金生活者は平均して月5万ぐらいの赤字らしい。
この平均というのが曲者で、一部の超高額所得者が全体を引き上げてしまうので、庶民としては中央値が実感に近いはず。
例えば65歳以上の平均金融資産額は、統計局HPによると平均約2400万円で、中央値だと約1550万。
これは保険とかいろいろ入っているので、貯蓄額はその半分程度みたい。
庶民の体感としては、貯蓄額の中央値が近いと思う。
それはともあれ、年金不足の話。
厚生労働省のモデル年金受給額だと夫婦で約28万円なので、このレベルなら赤字になるとは思えないのだが、どうせ自分たちのころのは激減しているので、とりあえず月5万円の不労所得ゲットを目指してみる。
年間60万円なので株式配当が王道だし、これなら手が届きそう。
ということで、計算してみる。
配当重視の投資をすれば、3%ならなんとかなりそう。
ここからは複利の出番です。
年100万円ペースで投資すれば、2年目は3万円の配当があるので97万の投資ですむ。
その次は94万、、、、と繰りかえれば、20年間で約1500万の投資で2000万に到達です。
配当も再投資にまわせば、20年で2800万円。すると年間配当約80万なので、けっこうな余裕資産になりそう。
株価が下落すれば、利回りは高まります。
いかに安いときに買いあさるかだけど、これが難しいんだよなあ(汗)
ちなみに自分は株主優待目的が多いので、配当利回りは低いのが難点です。
(いまとのころ、投資額に対して配当利回りは2%前半、株主優待を含めると3%後半といったところ)
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

最近の日常【平成31年6月上旬】 [日常]

〔プリンターを買い換えた話〕
廃インクタンクの交換を無事終えたと思ったら、またすぐにエラーがでた。
何度もエラー表示がでたらたまらないので、しかたなく買い換えることにした。
なんとかならんのかな、このシステム。
うちはCDを焼かないといけないので、機種に制約があり、結局、現メーカーの新しいバージョンを買うことに。
コンパクトになったのは嬉しいのですが。
廃インクタンクもメーカーに依頼しなくても、部品を買えば交換できるようですが、ただそのころには部品がなくなっているんだろうなあ。
まあ、時期を見て取り寄せますが。

〔筋トレを再開した話〕
漫画ワンパンマンの主人公が「腹筋100回、腕立て100回、ランニング10kmを毎日するだけで強くなった」という感じで述べるセリフがあるらしい。
それを信じたどこかの国の男性が、1ヶ月で体質改善に成功したという。
だからというわけでもありませんが、少し時間に余裕が出来たことから、腹筋50回、腕立て50回、背筋50回、踏み台昇降運動左右50回を毎日することにしました。
が、いきなり筋肉痛で1日休み。
基本的に痩せ型なのですが、ここ1年で2kgぐらい増えているので、そろそろコントロールが必要な時期に差し掛かっている気がする。
そう思っているのですが、まずは筋トレをするための筋力作りからスタートですね。
とほほ。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

最近の日常【平成31年5月下旬】 [日常]


〔表現の自由について〕
この記事を読んでびっくりした。これは焚書であり検閲であり洗脳ではないのか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190506-00010000-clc_guard-eurp

表現の自由は大切だと思っている。
様々な主張があり、多様な表現があり、複数の解釈があり、喧々諤々の議論があり、それを読者が受け取ることでよりよい世界に進んでいけると信じている。それが自由民主主義の根幹だと思っている。
「正しい表現」しか許されない世界が、様々な悲劇を生む事を人類は学んできたのではなかろうか。
ジェンダーに対しても様々な考え方や学説があるのに、それを無視して伝統的書物まで「正しくない」から排除するのは焚書であり、ある種の狂気を感じます。
ジェンダーに理解のある書物も、伝統的価値観に基づく書物も、ジェンダーを飛び越えた書物も同じように並べ、あとは読者の解釈にゆだねるべきではなかろうか。たとえそれが子供であったとしても。

自分の表現の自由に対する考えは、下の漫画と一緒です。
藤子不二雄先生は神です。

https://pds.exblog.jp/pds/1/201405/17/86/a0208786_1315241.jpg


〔米中貿易戦争の話〕
米中貿易戦争が本格化してきた。というより覇権争いが激しくなってきた。
きっかけはAIIB事件なのだが、この事件に米国が驚き、中国は自信を持ち、さらに中国が露骨に覇権を奪おうとしている状況。
いままで中国は賢く米国からの攻撃を避けてきたので、今回ものらりくらりと交わすものばかりと思っていたが、ここまで正面からぶつかるとは思っても見なかった。
しかも米国が要求する知的財産権の保護という至極全うな主張まで、交渉の土壇場になって拒否するとは完全なる想定外。
両者がガチで戦えば、経済規模も軍事力も国際的信用度や同盟国の力から見ても引き離されているので、現段階では米国が勝つことは目に見えている。自由民主主義と一党独裁という政治体制の差も大きい。
経済減速中の中国は、なんだかんだとのらりくらり作戦しかないと信じ込んで株をちょこちょこ買っていたので、ちょっと痛手かも。
中国がゆっくりと沈むのと平行して、インドが台頭するというシナリオだと思っていたのに、なかなか予想は当たらないものです。
下手したら中国経済のハードランディングが起こるかも。
混迷の時代になってしまうのかなあと思いつつ。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

最近の日常【平成31年5月中旬】 [日常]

〔コメが玄米になった話〕
コメを白米から玄米に変えた。
とはいえ完全に玄米だと焚けないので、5分付きに精米する。
見た目はかなり茶色いが、やや硬い程度で、白米と同じ感覚で食べられる。
3分付きなら、胚芽の栄養がほぼほぼ残っており、健康にはいいらしい。
調べると、ミネラル分やビタミンB1が豊富みたい。
ビタミンB1は脚気で有名ですね。
子供は野菜が苦手なので、玄米で栄養補給はいい選択かも。

〔咳が止まらない話〕
ここ何週間か咳が止まらない。少なくとも1か月は続いている。
勝手に百日咳と決めつけているが、病院に行っていないので実際はわからない。
熱はないものの、肺炎になった経験があるので、再発だけは怖いのですが。
ちなにみ自分のブログの記事で、アクセス数が圧倒的に多いのが肺炎治療日記です。
肺炎になっているひとが多いのね、とか思ったり。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感