So-net無料ブログ作成

第1期ヒューリック杯清麗戦第1局(里見香奈女流五冠VS甲斐智美女流五段) [将棋]

女流棋界7つ目のタイトルの第1期が決まりす。

【中継サイト】
http://live.shogi.or.jp/joryu-oui/

ヒューリックは棋聖戦も特別協賛しており、ここ最近、将棋界にどんどん進出しています。
新棋戦を立ち上げるにあたり、用意した賞金は700万円で、もちろん女流棋界最高額です。
お金を稼ぐために将棋を始めるひとは少ないとは思いますが、棋戦が増え、女流棋士として生活ができるようになるのは良いことだと思います。
棋界の7大タイトルで賞金額が公表されているのは竜王戦だけですが、噂通りなら棋界でも4~5位に食い込む大型棋戦です。
予選が6勝通過2敗失格システムですので、最低でも2局は消化するわけで、対局数が増えるのも良い試みだと思います。
ただ、予選が分かりにくいので、見せかたに工夫がいるのかなと思います。
さあ、栄えある第1回の清麗位に近づくのは、里見女流五冠でしょうか、それとも甲斐女流五段でしょうか!

【棋譜】
http://live.shogi.or.jp/seirei/kifu/1/seirei201908030101.html

ということで将棋です。
里見女流五冠は後手番となり、三間飛車から棒金という珍しい作戦を取ります。
菅井竜也七段も採用したことがありますが、先手の2五歩を金の後押しによって桂馬で取るのが主張です。
戦いが始まったのは4五歩からです。
玉頭方面に金銀を寄せて厚みを築いている先手から仕掛けて香得を果たしますがと金と成桂を作った後手が好調です。
お互いに横から攻める形となり、甲斐女流五段が築いた玉頭方面の厚みが生きない展開となったのが誤算でしょうか。
優位にたった里見女流五冠は確実に先手玉を追い詰めます。
終盤で何度か詰みを逃したようですが、包囲網を確実に狭め、まずは96手まで女流六冠に向けて里見女流五冠が先勝しました。
第2局は8月24日(土)、鹿児島県指宿市「指宿白水館」で行われます!

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー