So-net無料ブログ作成

第12期マイナビ女子オープン第4局(西山朋佳女王VS里見香奈女流四冠) [将棋]

西山女王の2勝1敗で迎えた第4局です。

【中継サイト】
https://book.mynavi.jp/shogi/mynavi-open/

奨励会初段以上になった女性は過去3人だけです。
里見香奈元奨励会三段は初の女性棋士の期待も高まりましたが、年齢制限により無念の退会となりました。
加藤桃子元奨励会初段も初段の壁を突破できずに、女流棋士として歩むことを決めました。
最後の西山朋佳奨励会三段ですが、第63回三段リーグでは11勝7敗と勝ち越したものの第64回では5勝13敗と大きく負け越し、今回のリーグでも1勝5敗と苦しい立ち上がりです。
三段リーグの壁は不思議なところで、通算負け越しでも勝ち星を集めて四段になることもあれば、毎回好成績を挙げながら星を集めることができずに年齢制限で退会する会員もいます。
苦戦している西山奨励会三段も、三段リーグで戦える実力はあるのですが、星が集まれば突破する可能制はあります。
まだ23歳なのでチャンスはあります。
ぜひとも女性初の棋士を目指して頑張って欲しいと思います。

【棋譜】
https://book.mynavi.jp/shogi/mynavi-open/result/12/mynavi201905220101.html

ということで将棋です。
先手里見香女流四冠が居飛車に構え、後手西山女王は三間から四間飛車に振り直し、対抗系となります。
先手は玉の囲いもそこそこに、4筋から軽快に仕掛けていきます。
里見香女流四冠は壁銀が不満であるものの、右桂を使えて不満のない展開です。ただ、軽い攻めなのでつながるかどうかが不安です。
勝負は中盤でした。
細かい利かしを入れながら後手陣を攻めますが、西山女王の右桂も跳ねて駒の効率が互角になります。
こうなると玉の固い後手が勝ちやすいです。
チャンスは65手目だったようです。
ここで香車を走らずいきなり角を切り飛ばせば先手有利を保てたようです。
優勢になってからの西山女王は早かったです。
振り飛車にとって気持ちの良い手順が続き、自然と優勢を拡大します。
終盤は一方的となり、96手まで西山女王が勝ち、3勝1敗で見事に女王を防衛しました。
この勢いのまま、奨励会でも巻き返してほしいです。

西山女王おめでとうございます!
nice!(4)  コメント(0)