So-net無料ブログ作成

第30期女流王位戦第2局(渡部愛女流王位VS里見香奈女流四冠) [将棋]

里見女流四冠の先勝で迎えた第2局です。

【中継サイト】
http://live.shogi.or.jp/joryu-oui/

女性はルックスが注目されるのは致し方ないところです。
渡部愛女流王位も里見香奈女流四冠も直接拝見したことがありますが、渡部女流王位はクールな印象で、かなり美人です。
里見女流四冠も写真とはイメージがだいぶ違い、顔が小さく、知的な美人です。
彼女達の魅力を、棋戦の写真だとどうも伝え切れていないような気がします。
もちろんプロのカメラマンが撮影してるはずですが、グラビア系の写真家とは目線が違う気がします。
たぶん目的にあった様々な技術があるのでしょう。
棋戦表紙や棋士紹介のページは、グラビア系の写真家に依頼しても良いかなと思ったのですが、いかがでしょうか?

【棋譜】
http://live.shogi.or.jp/joryu-oui/kifu/30/joryu-oui201905080101.html

ということで、将棋です。
後手番里見香四冠は角道オープン四間飛車でしたが、先手が角交換しないのを見て、角道を止めた上で中飛車に振りなおしました。
その後手陣に、渡部女流王位は21手目に仕掛けます。急戦です。お互いに玉は囲っていません。
先手は積極的に桂馬を跳ね、桂銀交換の戦果を上げますが、かといって有利になったわけではありません。
里見女流四冠は慎重に自陣の傷を消しますが、5筋の大捌きに応じて激しくなります。
この時点ではまだ互角でしたが、60手目に1二飛車と逃げた手がまずかったようです。
後手は先手玉になんとか迫ろうとしますが、足が遅く先手玉を捕まえるのは容易ではありません。
ついに後手の反撃を食らい、里見四冠は攻防ともに見込みなしとして投了しました。無理気味の攻めを通してしまった渡部女流王位の強さも光りましたが、有利を優勢に拡大できない里見女流四冠の不調も気にかかります。

これで1勝1敗のタイです。
第3局は、5月29日(水)に福岡県飯塚市「旧伊藤伝右衛門邸」で行われます!
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー