So-net無料ブログ作成

第30期女流王位戦第1局(渡部愛女流王位VS里見香奈女流四冠) [将棋]

里見香女流四冠がリベンジマッチに挑みます。

【王位戦中継サイト】
http://live.shogi.or.jp/joryu-oui/

里見女流四冠が苦しんでいます。
マイナビでは西山女王相手に連敗して角番に追い込まれ、清麗戦の予選でもまさかの1敗を喫しました。
これで3連敗です。
さらに男性棋士との対戦でも負けています。
だれにでも調子が悪いときはあります。
これはどの分野でも共通のことですが、調子の波を減らすことが一流の証だと言われます。
たぶん、これは多くの人が語っていると思います。
さあ、里見女流四冠は連敗を止めることができるでしょうか!

【棋譜】
http://live.shogi.or.jp/joryu-oui/kifu/30/joryu-oui201904250101.html

ということで将棋です。
先手になったのは里見女流四冠で、振り飛車のエース戦法ともいえる中飛車を採用します。
序盤は渡部王位が玉を金銀4枚で固めて十分な体制です。薄い玉の里見女流四冠ですが、じり貧と見てか、やや無理気味のしかけを敢行します。
後手ペースの戦いになると思われましたが、渡部王位も強く反発し、形勢不明の戦いが続きます。
戦いながら陣形を固くした先手に比べ、成り駒で迫られた後手玉ですが、7五角打ちから先手の攻め駒を清算する手順が疑問でした。
里見玉は固く、渡辺陣には食いつかれる展開となり、ここでようやく先手がペースを握りました。
苦しい時間が続いた里見女流四冠ですが、最後は綺麗に後手玉を詰ませ、131手まで奪取に向けて幸先の良い1勝を挙げました。
第2局は5月8日(水)、北海道帯広市「とかちプラザ」で行われます!
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【書評】渡辺房男『ゲルマン紙幣一億円』 [書評・映画評(DVD含)]

明治通宝にまつわる小説です。


ゲルマン紙幣一億円

ゲルマン紙幣一億円

  • 作者: 渡辺 房男
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2000/10
  • メディア: 単行本



明治通宝とは明治初期に発行された紙幣で、それまで日本国内には各藩で発行された藩札、明治維新直後に粗製乱発された太政官札など一掃して統一通貨を作ることを目的としていました。
ドイツで印刷されたことから通称ゲルマン紙幣と呼ばれました。
主人公は明治初期の混乱から藩を放逐され、途中でであった怪しげな偽金を見分ける名人との同居することになります。
藩札を安く買い占めて稼いだところで主人公は政府に捕まり死にますが、その意志をついだ同居女性がゲルマン紙幣の弱点を突いた贋金を作成して鬱憤を晴らします。
ストーリーは小説ですが、藩札の買占めも、奇想天外の偽金作りも実話に基づいています。
こうした実話をどう小説に組み込むのかがうまいと思いました。

明治初期の通貨をしりたいひとのために!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ: