So-net無料ブログ作成

第44期棋王戦第1局(渡辺明棋王VS広瀬章人竜王) [将棋]

いま将棋界で一番強い棋士同士の戦いです。

【中継サイト】
http://live.shogi.or.jp/kiou/

渡辺棋王は昨年の不調がウソのように勝ちまくっています。
トップ棋士になると対戦相手も一流ばかりなのでなかなか連勝できませんが、そうした渡辺棋王はタイトル戦も含めて15連勝という驚異的なかちっぷりです。
勝率も7割8分と、対戦相手がゆるい若手ならともかく、トップ同士の対戦が続くタイトル保持者としてはありえない数字になっています。
対戦相手の広瀬竜王も7割3分とこちらも驚異的で、順位戦も6勝2敗と好調で、名人挑戦の可能性も残しています。
まさにいま棋界で一番勢いのある棋士どうしの決戦です。
さあ、この大勝負、先手を取るのはどちらの棋士でしょうか!

【棋譜】
http://live.shogi.or.jp/kiou/kifu/44/kiou201902020101.html

先手は広瀬竜王となり、相掛かりとなりました。
角換わり一辺倒だった最近の将棋界からすると、やや新鮮に映ります。
広瀬竜王が高飛車に構えたこともあり、お互いに手探りの序盤戦となります。
どこから戦いが起こるのかと思っていたら、渡辺棋王は右玉に構えた先手の玉頭方面から仕掛けていきます。端角から4四歩の楔が入ります。
広瀬竜王も4四桂と反撃しますが、あえて金を取らせる4三銀の受けが好手でした。
ここ数手で評価値も互角から後手優勢~勝勢へと一気に動きます。
広瀬竜王は左辺の金銀が働かないのが苦しいところです。
渡辺棋王は飛車取りを手抜くと、楔に金駒を打ち込み、一気に先手を投了に追い込みました。

これで渡辺棋王は防衛に向けて好スタートを切りました。
第2局は2月10日(日)富山県魚津市「新川文化ホール」で行われます!
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー