So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

第76期順位戦A級・プレーオフ第1戦(久保利明王将VS豊島将之八段) [将棋]

史上初の6者プレーオフの第1戦です。

久保王将と豊島八段は王将戦を戦っています。
それと平行して順位戦で戦い、さらにプレーオフです。
重なるときはかさなるものです。
金曜日まで、両者は勝てば名人挑戦という立場でした。
ところがそろって負けたことれ6者プレーオフとなり、しかも順位が低いために名人朝鮮まで5連勝が必要という苦しい立場に追い込まれました。
まずは目の前の一勝です。

ということで将棋ですが、相穴熊から後手久保王将が早めに9筋の位を取り、先手が反発する形になりました。
攻めたのは後手久保王将です。
金銀を前線に投入し力強く攻めますが、本局の豊島八段は全力で受けます。
形勢不利となった久保王将は最後まで粘ります。
150手を超える熱戦となりましたが、豊島八段が押し切り、まずはプレーオフ1勝を挙げました。
これで残り5人。
プレーオフ2回戦は佐藤康光九段との対戦です!

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー