So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

第76期順位戦【A級・最終戦】 [将棋]

将棋界恒例の「一番長い日」です。6人プレーオフの可能性もある大混戦です。

【A級対戦表】
https://www.shogi.or.jp/match/junni/2017/76a/index.html

5連勝で首位を走っていた豊島将之八段が、そこから1勝3敗と失速して大混戦です。
6勝3敗の久保王将、豊島八段は勝てばプレーオフ以上が確定。負けると他の結果次第ですが、4者プレーオフの可能性もあります。

最初に終わったのは豊島八段と広瀬章人八段の一戦。
横歩取りとなりましたが、豊島八段は序盤で形勢を損ね、そのまま完敗。これで単独挑戦の目は無くなりました。

次に勝負がついたのが行方尚史八段と前期挑戦者稲葉陽八段との一戦。残留には勝つしかない後手行方八段が積極策を取りますが、勢いの差が出てしまいます。行方八段は無念の降級で、稲葉八段はプレーオフの可能性を残しました。
次に終局したのが佐藤康光九段と屋敷伸之九段の一戦。今期絶不調で最終戦を前にして陥落が決定している屋敷九段が最終戦も負けてしまました。
佐藤九段は6勝4敗となり、プレーオフの可能性を残しました。

次が因縁の対決、渡辺明棋王と三浦弘行九段の降級争い。
序盤から三浦九段が押し気味に進め、渡辺棋王も粘りますが、最後はあと一歩足りず敗北を喫しました。
残留するかどうかは、久保深浦戦にかかっています。

最後に残された久保利明王将と深浦康市九段との一戦
久保王将が勝てば名人挑戦決定で優勢に進めていたはずですが、深浦九段の粘り強い差し回しの前に逆転を許し、ついに6名プレーオフにもつれ込む大混戦になりました。
そして、渡辺棋王が3人目の陥落者となりました。

史上初の6名プレーオフは、3月4日(日)に久保利明王将VS豊島将之八段戦から開幕です!
nice!(0)  コメント(0)