So-net無料ブログ作成

第12期マイナビ女子オープン第1局(西山朋佳女王VS里見香奈女流四冠) [将棋]

里見香奈がマイナビ女子オープンに戻ってきました。

【中継サイト】
https://book.mynavi.jp/shogi/mynavi-open/

里見女流四冠が女王を手放したのは2014年です。
休場をはさんで2016年は2回戦で清水市代に、2017年は決勝で上田初美に、2019年は準決勝で西山朋佳に敗れています。
普通の女流棋士であれば4年ぶりというのは短いスパンですが、圧倒的な戦績を誇る里見女流四冠だけに”久しぶり”という感じがします。
両者の対戦は過去4回しかありません。
西山女王1勝、里見女流四冠3勝とやや里見女流四冠が推していますが、まだまだ差がつくといったレベルではありません。
さあ、両雄の5番勝負はどのような展開になるでしょうか!

【棋譜】
https://book.mynavi.jp/shogi/mynavi-open/result/12/mynavi201904090101.html

ということで将棋です。
振り飛車同士の両者ですが、予想された戦形のひとつ、相振り飛車となりました。
序盤は後手の里見香女流四冠が7筋を謝らずにつっぱり、陣形をバランス良く盛り上げます。
戦いは西山玉の反対側の端から。
陣形の差でわずかに有利だった後手をゆさぶるように西山女王から仕掛けていきますが、その差をたもったままお互いに切りあっていきます。
先に火がついたのは先手玉でしたが、勝負士である西山女王は次々と勝負手を連発していきます。
評価値がもっとも差がついたのは、113手目の先手6五飛車です。
それが一気に逆転したのは118手目の5八馬でした。
自玉は凌げていると見て先手玉に詰めろをかけたのですが、危険でした。コンピューターによると、5七桂成と退路を空けるのが良かったようです。
最終盤は詰め将棋のような手順が実現し、西山女王の逆転勝ちです。

これで女王が先勝したことで、シリーズは俄然面白くなってきました。
第2局は4月22日(月)東京都港区「明治記念館」で行われます!

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。