So-net無料ブログ作成

第45期岡田美術館杯女流名人戦第2局(里見香奈女流名人VS伊藤沙恵女流二段) [将棋]

里見香女流名人の先勝で迎えた第2局です。

【中継サイト】
http://live.shogi.or.jp/joryumeijin/

伊藤沙女流二段は、リーグ戦を8勝1敗の好成績で優勝しました。
負けたのは中村真梨花女流三段だけで、渡部愛女流王位、香川愛生女流三段、上田初美女流三段、谷口由紀女流二段、甲斐智美女流五段などの女流棋士の一流どころを破っているので、いま絶好調といっても過言ではないと思います。
それでも、初戦は完敗でした。
超速指し棋戦であるAmebaトーナメントでは里見香女流名人を破り優勝しています。
まだ実力差はあるといっても、一発入れられないほどの差ではないと思います。
第二戦の舞台は女流名人の地元である島根です。
アウェーでの戦いとはなりますが、大名人に対して伊藤沙女流二段は一発入れられることができるでしょうか!

【棋譜】
http://live.shogi.or.jp/joryumeijin/kifu/45/joryumeijin201901270101.html

ということで将棋です。
先手は里見女流名人。後手の伊藤沙女流二段は早々に3筋の歩を切りますが、この構想が疑問と見た里見女流名人は2筋の歩を伸ばして角を引き、さらに飛車を戻して序盤からリードを奪いにいきます。
いわゆる鳥指しですが、後手が歩を謝らざるをえなくなったことで手得しています。
そこから先手はぐいぐい後手陣を攻めていき、粘りが身上の伊藤沙女流二段も二段目に歩を二枚も打って根性を見せますが、女流名人の指し手が冴えまくり、絶好調の挑戦者を寄せ付けません。
解説でも先手勝勢まで進みますが、ここから挑戦者が粘ります。
60手目の銀捨てからの角成りでやや持ち直し、その後一瞬だけ評価値も互角に戻ります。
しかし、そこから里見女流名人は立て直します。
攻めながらときおり自陣に手を入れ、最後は自玉安全にして121手の熱戦を制しました。

これで里見女流名人の連勝です。
続く第3局は2月10日(日)、千葉県野田市「関根名人記念館」で行われます!
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。