So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

【SS】齊藤想『防犯コンサルタント』 [自作ショートショート]

TO-BE小説工房(第43回)に応募した作品です。
テーマは「商売」でした。

―――――

『防犯コンサルタント』 齊藤想

 防犯コンサルタントは稼げそうで、稼げない。なにしろ、相談ばかりで、いざ設備投資となったら大きい契約は全て大手メーカーに持っていかれてしまう。
 特に個人営業の小さな会社はそうだ。顧客は事前相談だけで逃げてしまう。日本人は専門知識に敬意を払うことはあっても、なかなか金は払わない。そういう文化だと知っていても割り切れない。
 この前もそうだ。ピッキングが不安になり相談に来た客がいた。自宅写真を何枚か見せられたが、そのそもピッキング以前に窓枠が弱すぎると指摘した。
 頑丈に見える格子窓は、実はドイバー一本で簡単に外せる構造だし、曇りガラスは強そうに見えて脆い。しかも奥まった位置にあるので道路からも近所からも見えない。窓を小さく割って内部のシリンダー錠を跳ね上げれば、簡単に侵入できてしまう。
 私は客に早急な対策をとるようアドバイスをしたのだが、残念ながら間に合わなかったようだ。数日後に、写真で見たのと同じ家が、泥棒にやられたというニュースが流れてきた。大きな会社なら即座に工事ができたのにと、残念に思う。
 また、このようなこともあった。おとなしそうな淑女が相談に来た。高級マンションの購入を考えているが、セキュリティーが気になるという。
 近年は物騒な事件が多いので、淑女の心配ももっともなことだ。私は親身になって相談に乗ることにした。
 淑女は真剣に検討しているようで、様々な資料を持参してきた。
 私は慎重に話を聞き、図面を見て、結論を下した。これではまったくダメです。
 エントランスはインターホン式オートロックシステムとなっているが、別の住民が入るときに同時に入れば何ら障壁とはならない。常駐の管理人室があるといっても、大型マンションなので、全員の住民の顔を覚えられるわけがない。問い詰められても友人と名乗ればそれまでだ。
 しかも、淑女が購入を検討している最上階は、防犯面からすると地上階の次に弱い。各部屋のドアは様々な対策が練られていて、ピッキング、破壊、サムターン回しの全てに耐性がありそうだ。しかし、屋上がらベランダに降りて、そこから窓ガラスを割って侵入されたら終わりだ。
 ほとんどのマンションは、屋上に続く扉にまで厳重な対策はされていない。淑女が購入を検討しているマンションもその例に漏れなかった。
 屋上に続く扉の鍵の写真を見たところ、一分もあれば開けられそうな簡易な錠しかついてい。メンテナンスをしているふりをすれば、ピッキングの現場を見つかっても気づかれることはないだろう。
 購入をとどまるようアドバイスしたのだが、残念なことに、淑女は私の話を信じなかったようだ。
 私が指摘したのと同じ手口で、淑女が購入したマンションが泥棒にやられたという噂を聞いた。マンション会社が私を雇ってくれたら、より強固な防犯対策を取ることができるのに、防げる犯罪を遠くから傍観するしかないのは地団太を踏むほど悔しい。
 個人営業では鍵の販売や設置、各種防犯グッズの販売しかできない。防犯ベルなど気休めにしか過ぎない。だが、これらの小物が私の生活を支えていると思うとないがしろにもできない。理想と現実のギャップに、忸怩たる思いは募るばかりだ。
 つい最近も、このような出来事もあった。
 ある紳士から、ピッキングに強いテンプルキーを3つも付けた自慢の扉を見て欲しいという依頼があった。見た目は普通のマンションだが、中には大事な骨董品が置かれているという。「木を隠すなら森の中」ということらしい。
 確かに鍵が3つもあれば丈夫そうだが、最近はバンピングという特殊な不正解錠の方法がある。これは特殊な工具を使い、鍵内部に振動を与えることで内部のシリンダーを揃え、解錠してしまうのだ。
 紳士の扉の鍵は、バンピング対策が取られていなかった。
 私は危険性を訴えたが、紳士は信じなかった。仕方がないので、実際に同じ店にある見本の鍵をバンピングで解錠させてみせた。紳士は口をあんぐりと開けていたが、どうやら鍵の交換はしなかったようだ。ほどなくして、あるマンションから骨董品が大量に盗まれたというニュースが流れてきた。テレビ映像を見る限りだと、私が危惧したとおり、バンピングでやられたようだ。

 それにしても、ここ最近、不思議なことがふたつある。
 まったく稼ぎにならないのに相談客ばかり次から次へとやってくることと、ときおりポストに宛先人不明の小額の謝礼金が投げ込まれることと。

―――――

この作品を題材として、創作に役立つミニ知識をメルマガで公開しています。
無料ですので、ぜひとも登録を!

【サイトーマガジン】
http://www.arasuji.com/saitomagazine.html
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:

nice! 3

コメント 2

雫石鉄也

私、読んでいて、主人公の語り手が、実は犯人だったというオチを予想しました。
ところが犯人は別にいて、主人公のおかげで犯行に成功して、お礼をしたとわけですね。
コンサルティングそのものが犯行のアドバイスとなっているということですね。だったら、それが、どうして犯人に伝わったのでしょう。なんらかの伏線が必要だと思います。
by 雫石鉄也 (2018-11-02 09:28) 

サイトー

>雫石鉄也さん
意味は雫石さんのとおりです。
いちおう犯人が堂々と聞きにきて、そのまま実行するという設定だったのですが、分かりにくかったかもしれませんね。
とはいえ、正面から書くわけにもいかず、難しいですね(汗)
by サイトー (2018-11-03 06:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。