So-net無料ブログ作成

【書評】渡辺房男『儲けすぎた男』 [書評・映画評(DVD含)]

安田財閥の開祖、安田善次郎を主人公とした小説です。


儲けすぎた男 小説・安田善次郎 (文春文庫)

儲けすぎた男 小説・安田善次郎 (文春文庫)

  • 作者: 渡辺 房男
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2013/09/03
  • メディア: 文庫



安田善次郎は半農半士の貧しい家に生まれ、江戸にでて商人の道を歩み始めます。
25歳で独立して両替商を始め、大政奉還から明治維新の激動の時期を、太政官札・公債などの取引、官公預金などで蓄財し、一代で大財閥を築き上げます。
元安田財閥の系譜を継ぐ企業としては、みずほ銀行、日本損保など多岐に渡ります。
小説は江戸にでた頃から、安田銀行を設立するまでの期間を主として扱っています。
著者あとがきで「小説です」と断っているように、多くの創作が盛り込まれています。
しかし、その創作を通じて、江戸から明治という時代の変遷を、綺麗に切り取っていると思います。

安田善次郎に興味のあるひとに向けて!
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。