So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

第26期大山名人杯倉敷藤花戦挑戦者決定戦(中村真梨花女流三段VS谷口由紀女流二段) [将棋]

どちらが勝っても2度目の挑戦です。

【中継サイト】
http://live.shogi.or.jp/kurashikitouka/

谷口女流二段は今年3月に結婚しました。旧制は室谷で、女流棋士としての活動名も谷口に変更しました。
結婚しても旧姓を使い続ける女流棋士も多く、上田初美女流四段、貞升南女流初段など、数えてはいませんが旧姓使用が多数派のように思います。
”谷口由紀”になってからまだ半年程度ですが、もう馴染んでいると思います。
結婚の際に、男性の氏を選択する夫婦が多数なので、女流棋士の記録を数えるひとは大変かもしれないとか思ったり。
両者の対戦成績は、谷口女流二段が10勝1敗と圧倒しています。
実績からするとこれほど対戦成績に差がでるような棋力差があるとは思えません。
相性なのでしょうが、ここ一番で中村真女流三段は相性を跳ね返すことができるでしょうか!

【棋譜】
http://live.shogi.or.jp/kurashikitouka/kifu/26/kurashikitouka201809280101.html

ということで将棋です。
戦形は相振飛車となりました。
お互いに普通の駒組みが続きましたが、64手目の後手6四歩が面白い手で、逆サイドからの攻めを狙っています。
先手が受ければ、また2筋に戻ります。
そこから2次の駒組みが始まりましたが、中村真女流三段が銀冠に組み替えようとした隙を突いて、2筋の突き捨てからたらしを入れます。
この手がずっと先手の負担となりました。
中盤の捌き合いから攻めを信条とする中村真女流三段が攻め続けますが、谷口女流二段は丁寧に受け、攻めが細くなったところで反撃しました。
最後は下駄を預けられた谷口女流二段が先手玉を即詰みに討ち取り、みごとに倉敷藤花戦の挑戦権を獲得しました。
第26期大山名人杯倉敷藤花戦三番勝負第1局は11月6日(火)東京・将棋会館で行われます!
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。