So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

【書評】貴志祐介『黒い家』 [書評・映画評(DVD含)]

第4回日本ホラー小説大賞受賞作です。


黒い家 (角川ホラー文庫)

黒い家 (角川ホラー文庫)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • 発売日: 2002/08/09
  • メディア: Kindle版



ホラー作品ですが、おどろおどろしい化け物は登場しません。怪奇現象も生じません。登場するのはあくまで人間です。
それでも、ラストは背筋の凍る思いをします。
舞台は保険会社です。保険金詐欺を疑われる事件があり、それを主人公が追うことで、犯人に狙われることになります。
ミステリですが、ホラー的要素も満載です。前作『ISOLA』と比べると明らかに技術が向上しており、人間の描き方も精緻です。先々の小説に繋がるテーマも顔を見せます。
自分が最も怖かったのが、エレベーターが1階に下りていくシーンです。自分が死地に向かいつつあることに気がついてしまったのに、物理的に引き返せない。
じわじわくる恐怖です。

貴志祐介の才能を感じたいひとのために!
nice!(4)  コメント(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。