So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

【書評】貴志祐介『雀蜂』 [書評・映画評(DVD含)]

 雀蜂に刺されたら死ぬという主人公が雀蜂を格闘するホラー作品です。


雀蜂 (角川ホラー文庫)

雀蜂 (角川ホラー文庫)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • 発売日: 2013/10/25
  • メディア: Kindle版



 冬の山荘で目覚めた小説家の主人公が、雀蜂に襲われるというサバイバルホラーです。
 妻の姿が見えないので、妻が仕組んだ罠だと疑いつつ、雀蜂と戦い続けます。
 この雀蜂と戦うシーンが長い。
 しかも、オチもやや反則気味です。
 確かにオチを知ってから冒頭を読み返すと、なるほど、と思う部分もあるのですが。

 貴志祐介ファンのために!

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。