So-net無料ブログ作成

創作状況【11月下旬】 [ぼくの公募状況]

ウィルス性の感染症により、1週間寝込みました。
(仕事もかなり休みました)

【メルマガ原稿】
 今月のメニューはこちらです。
◆こんな公募に挑戦してきました(第9回)
 ~ゆきのまち幻想文学賞の巻~
◆リアルタイム企画・TO-BE小説工房に挑戦中(第32回)
◆公募情報数点
  こんな公募に挑戦してきましたでは、ゆきのまち幻想文学賞に応募し、予備予選を通過した作品を取り上げます。
  メルマガ登録はこちらか。無料ですのでお気軽に!
 http://www.arasuji.com/saitomagazine.html

【小説現代・ショートショートコーナー】
今月投稿作を、さらに修正して、投稿。
なんともまとまりのない作品。ぐぬぬ。

【TO-BE小説工房】
来月号のテーマは星かあ。なんかSFにしたいけど、SFはマニア向けで、人気のないジャンルだからなあ。好きなひとにとっては、たまらないんだけども。
自分の好きなように書くのが一番とは思うのですが。
とりあえず今月投稿作品はさらりと投稿。
http://www.koubo.co.jp/guide/tobekobo.html

【創元SF短編】
ボツ作品を改稿して投稿することにしますが、まだ時間が取れず。
たぶん、今年は時間切れアウトです。

【ゆきのまち幻想文学賞】
校正を開始する。誤字を修正しつつ、全体的に修文する。視点がおかしいところもあったので、文章を分けたりして直す。ラストも微妙に入れ替える。
全体的にガチャガチャしているので、もう一回、見直さないと。
去年は予備選考を通過(2回目)したので、連続で通過したいなあと思いつつ。

【星新一賞】
来年までとりあえずお休みです。
だいたいは書いているので。

【北区内田康夫ミステリー文学賞】
挿入したいと思ったエピソードをひとつ入れる。
できればもうひとつと思っているけど、あとは全体を見ながら調整が必要ですが、結局、ぼうとうからかなり書き直しています。
書き方が掌編になってしまって、短編になっていないというか。
作業状況として、1/4くらいかなあ。

【湯河原文学賞】
とりあえず応募しました。
印刷するだけ……と甘く考えていたら、なんと原稿用紙6枚オーバー。
86枚→80枚はちょっときつい。
ということで、泣く泣く小さなエピソードを何個か削り、文章の調整をして80枚丁度に収める。
あらすじも、よくよく読み返すと変なので(あらすじを書きにくい話ではあるのですが)書き直しました。
そんなこんなの作業に、1時間30分ほど要する。
SFが可なのかどうか分からないけど、募集要項の「さまざまなジャンル」のさまざまに含まれていると信じて応募してみることに。

【福島正実SF童話賞】
新しいアイデアをざっくりとメモ書きをする。
季節風大会で指摘されたあれこれを活かしながら、徐々にアイデアを練り上げたいが、実際に動き始めるのは来年以降かな。
自分自身のスケジュール的にはそんな感じ。

【FACEBOOK】
友達募集中です!
https://www.facebook.com/profile.php?id=100007879718530
nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。