So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

【書評】大久保真紀『児童養護施設の子どもたち』 [書評・映画評(DVD含)]

著者は10年以上も現場で取材を重ねてきました。


児童養護施設の子どもたち

児童養護施設の子どもたち

  • 作者: 大久保 真紀
  • 出版社/メーカー: 高文研
  • 発売日: 2011/05/01
  • メディア: 単行本



ノンフィクションだからこそ書ける重い話が満載です。
悲惨な生い立ちを持った子どもたちが、これでもか、これでもかと出てきます。
どれだけ親に酷い仕打ちを受けても、虐待されても、子どもは親を信じて、いい子になれない自分を責めます。
その姿が、なんとも重くて、胸が苦しくなりました。
子を持つ親のひとりして信じられませんが、こうした現実が世の中にはあるということなのでしょう。
何かをしなければ、と思わせる力のある本だと思います。
保育園の話がよく話題にでますが、こうした事実を知ると、児童養護施設にも目を向けて欲しいと願うようになりました。

児童養護施設の実態を知りたいひとのために!
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。