So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

【書評】井上新二『児童養護施設の子どもたちの思いと願い』 [書評・映画評(DVD含)]

著者は児童養護施設・京都聖嬰会の施設長を4年間務めました。


児童養護施設の子どもたちの思いと願い -京都聖嬰会(せいえいかい)の子どもたちと、ともに生き、ともに歩む-

児童養護施設の子どもたちの思いと願い -京都聖嬰会(せいえいかい)の子どもたちと、ともに生き、ともに歩む-

  • 作者: 井上 新二
  • 出版社/メーカー: 明石書店
  • 発売日: 2013/06/29
  • メディア: 単行本



本書は、著者が施設長だった4年間に経験したこと、思ったことをエッセイ風にまとめています。
思いを書いた本なので、理路整然としているわけではなく、散文調です。
ですが、それだけに、ひとつひとつのエピソードが心を打ちます。何も飾り立てていません。
特にあじさいと握手のエピソードは、子供たちの気持ちを思うと、涙が出てきそうです。

児童養護施設の日常を知りたいひとのために!
nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。