So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

【書評】橋上秀樹『そのとき野村が考えていたこと』 [書評・映画評(DVD含)]

野村監督の秘蔵子が明かす野村理論です。


そのとき野村が考えていたこと ~野村克也の野球論、人材育成・組織術 (新書y)

そのとき野村が考えていたこと ~野村克也の野球論、人材育成・組織術 (新書y)

  • 作者: 橋上 秀樹
  • 出版社/メーカー: 洋泉社
  • 発売日: 2011/02/05
  • メディア: 新書



橋上秀樹は野村監督の下で、選手、コーチとして12年間過ごしました。
そのときに受けた教えを別のチームで伝え、いまやほぼ切れ目無くコーチ業を続けています。
本書は野村理論の紹介ですが、むしろエピソード集といった感が強いです。
原則は「基本に忠実に」と「考えろ」ということだと思います。
相手投手の癖探しなど後者の代表です。
系統だった本ではありませんが、面白く読める本だと思いました。

野村理論を知りたいひとのために!

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0