So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

【書評】三島由紀夫『金閣寺』 [書評・映画評(DVD含)]

三島由紀夫の代表作というだけでなく、近代日本文学を代表する傑作のひとつと見なされています。


金閣寺 (新潮文庫)

金閣寺 (新潮文庫)

  • 作者: 三島 由紀夫
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2003/05
  • メディア: 文庫



モチーフは昭和30年に発生した金閣寺放火事件です。
重度の吃音症である学僧が、永遠と思われている金閣寺の美を崩すことで、世界は行為によって変えられることを示そうとします。
三島由紀夫の美に対する感覚と、世界を変えるのは行為であるという哲学と、ただ存在するものへの反発など、様々な要素が精緻な文体ともに濃縮されています。また、取材も行き届いており、まるで三島由紀夫が僧侶経験者かと勘違いするほどの精密さです。
自分はあまり文章を読み返すことはしないのですが、本作にはただ文章を読みたいがために、何度も読み返すフレーズが何カ所もありました。
文学に敷居を感じるひとも、これはうならざるを得ない傑作だと思います。

三島由紀夫のすごさを知りたいひとのために!
nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 5

コメント 2

えくりぷす

はじめまして。私は三島由紀夫の作品は、強い自意識が苦手で読めない作品も多くありますが、この「金閣寺」だけは別で何度も読みました。
今思うと、30歳そこそこでこんな作品を書いたことに驚きです。
by えくりぷす (2017-11-06 14:56) 

サイトー

>えくりぷすさん
こちらこそ始めまして。
三島作品は少ししか読んでいませんが、金閣寺は別格ですね。
まだ青年と表現してよい時期に書いているのも、本当に驚きですよね!
by サイトー (2017-11-07 14:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0