So-net無料ブログ作成

【書評】城山三郎『総会屋錦城』 [書評・映画評(DVD含)]

表題作は昭和33年の第40回直木賞を受賞した経済小説です。
7本の短編が納められています。



総会屋錦城 (新潮文庫)

総会屋錦城 (新潮文庫)

  • 作者: 城山 三郎
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1963/11
  • メディア: 文庫




時代といいますか、戦後間もないころの世相が色濃くでています。
『浮上』は遺骨収集が作品の主要要素になっています。
『輸出』は戦後輸出に係わるビジネスマンの悲哀。
『メイドインジャパン』はいまでは信じられませんが、当時は日本製は粗悪品の代名詞でした。
『プロペラ機・着陸待て』では、当時は戦争時代に飛行機を飛ばしていた人がたくさんいたことが、ひとつの背景になっています。

解説にもありますが、城山三郎は経済小説のパイオニアです。
失敗作もあるかもしれませんが、トップランナーだけが持ちうる自由闊達さというか、何事にも縛られない実験的精神が、この短編集には溢れていると思います。
いまとは時代も経済状態も違いますが、それを飛び越えて、当時の人間になりきって物語の世界に入り込める佳作ぞろいだと思います。

nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 1

JeaNaLp

Cialis 20 Mg Kohlpharma <a href=http://cheapcial20mg.com>п»їcialis</a> Order Medstore Buy Viagra With Pay Pal Cephalexin Anxiety Amoxicillin While Canine Nursing Cheap Viagra Pe <a href=http://cialiorder.com>cialis no prescription</a> Viagra Original Tabletten Amoxicillin Children'S Dosage <a href=http://leviprix.com>bayer generic generic levitra 100mg</a> Buy Cialis Soft Fast Shipping Brand Viagra For Sale Cialis Prix 20mg
by JeaNaLp (2019-02-10 22:14) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0