So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

最近の日常【平成31年5月下旬】 [日常]


〔表現の自由について〕
この記事を読んでびっくりした。これは焚書であり検閲であり洗脳ではないのか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190506-00010000-clc_guard-eurp

表現の自由は大切だと思っている。
様々な主張があり、多様な表現があり、複数の解釈があり、喧々諤々の議論があり、それを読者が受け取ることでよりよい世界に進んでいけると信じている。それが自由民主主義の根幹だと思っている。
「正しい表現」しか許されない世界が、様々な悲劇を生む事を人類は学んできたのではなかろうか。
ジェンダーに対しても様々な考え方や学説があるのに、それを無視して伝統的書物まで「正しくない」から排除するのは焚書であり、ある種の狂気を感じます。
ジェンダーに理解のある書物も、伝統的価値観に基づく書物も、ジェンダーを飛び越えた書物も同じように並べ、あとは読者の解釈にゆだねるべきではなかろうか。たとえそれが子供であったとしても。

自分の表現の自由に対する考えは、下の漫画と一緒です。
藤子不二雄先生は神です。

https://pds.exblog.jp/pds/1/201405/17/86/a0208786_1315241.jpg


〔米中貿易戦争の話〕
米中貿易戦争が本格化してきた。というより覇権争いが激しくなってきた。
きっかけはAIIB事件なのだが、この事件に米国が驚き、中国は自信を持ち、さらに中国が露骨に覇権を奪おうとしている状況。
いままで中国は賢く米国からの攻撃を避けてきたので、今回ものらりくらりと交わすものばかりと思っていたが、ここまで正面からぶつかるとは思っても見なかった。
しかも米国が要求する知的財産権の保護という至極全うな主張まで、交渉の土壇場になって拒否するとは完全なる想定外。
両者がガチで戦えば、経済規模も軍事力も国際的信用度や同盟国の力から見ても引き離されているので、現段階では米国が勝つことは目に見えている。自由民主主義と一党独裁という政治体制の差も大きい。
経済減速中の中国は、なんだかんだとのらりくらり作戦しかないと信じ込んで株をちょこちょこ買っていたので、ちょっと痛手かも。
中国がゆっくりと沈むのと平行して、インドが台頭するというシナリオだと思っていたのに、なかなか予想は当たらないものです。
下手したら中国経済のハードランディングが起こるかも。
混迷の時代になってしまうのかなあと思いつつ。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第60期王位戦挑戦者決定リーグ最終一斉対局 [将棋]

紅白とも優勝の行方は最終局まで持ち越されました。

【中継サイト】
http://live.shogi.or.jp/oui/

紅組は木村一基九段が4連勝で単独首位。勝てば優勝で負けても結果待ちという有利な位置にいます。
まず木村一九段の結果ですが、
木村一基九段 × ― 〇 佐々木大地五段
クラシカルな矢倉に構えますが、中央から反撃されて圧殺されてしまいました。作戦ミスであり、無念だと思います。
木村一九段の優勝は菅井竜也七段―阿久津主税八段戦の結果にゆだねられます。
阿久津主税八段 × ― 〇 菅井竜也七段
これで木村九段と菅井七段が4勝1敗で並び、紅組はプレーオフとなりました。
2名以外の4名はリーグ陥落です。

白組は綺麗に分かれました。
3勝1敗が3人で、優勝から陥落まであります。
その3人が陥落がすでに決定している1勝3敗の3人と当たります。
対戦結果は以下のとおりです。

<3勝1敗組>    <1勝3敗組>
 羽生善治九段 〇 ― × 谷川浩司九段 
 中村太地七段 × ― × 千田翔太七段
 永瀬拓矢叡王 〇 ― × 澤田真吾六段

その結果ですが、まず永瀬叡王が角換わり腰掛銀から優勢に戦いを進め、終盤は二転三転する大熱戦となりますが、辛くも逃げ切り勝利です。
羽生谷川戦は歴代2位となる167局目。羽生九段が角道を止めて手将棋となります。中盤は谷川押しでしたが、終盤に羽生九段が谷川飛車を捕らえたところで谷川九段が投了しました。この勝利で、羽生九段は歴代最多勝記録に並びました。現役ではもちろんダントツです。
中村太千田戦は矢倉脇システムとなります。一時期流行しましたが、最近はまったく見ないので斬新です。
組み合ってからは激しい乱戦となり、先手千田七段が徐々にリードを広げ、中村太七段を打ち取りました。
その結果、白組も永瀬叡王と羽生九段のプレーオフとなりました。両名以外の4人はリーグ陥落です。

紅組白組のプレーオフは、6月4日に行われます!
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

第12期マイナビ女子オープン第4局(西山朋佳女王VS里見香奈女流四冠) [将棋]

西山女王の2勝1敗で迎えた第4局です。

【中継サイト】
https://book.mynavi.jp/shogi/mynavi-open/

奨励会初段以上になった女性は過去3人だけです。
里見香奈元奨励会三段は初の女性棋士の期待も高まりましたが、年齢制限により無念の退会となりました。
加藤桃子元奨励会初段も初段の壁を突破できずに、女流棋士として歩むことを決めました。
最後の西山朋佳奨励会三段ですが、第63回三段リーグでは11勝7敗と勝ち越したものの第64回では5勝13敗と大きく負け越し、今回のリーグでも1勝5敗と苦しい立ち上がりです。
三段リーグの壁は不思議なところで、通算負け越しでも勝ち星を集めて四段になることもあれば、毎回好成績を挙げながら星を集めることができずに年齢制限で退会する会員もいます。
苦戦している西山奨励会三段も、三段リーグで戦える実力はあるのですが、星が集まれば突破する可能制はあります。
まだ23歳なのでチャンスはあります。
ぜひとも女性初の棋士を目指して頑張って欲しいと思います。

【棋譜】
https://book.mynavi.jp/shogi/mynavi-open/result/12/mynavi201905220101.html

ということで将棋です。
先手里見香女流四冠が居飛車に構え、後手西山女王は三間から四間飛車に振り直し、対抗系となります。
先手は玉の囲いもそこそこに、4筋から軽快に仕掛けていきます。
里見香女流四冠は壁銀が不満であるものの、右桂を使えて不満のない展開です。ただ、軽い攻めなのでつながるかどうかが不安です。
勝負は中盤でした。
細かい利かしを入れながら後手陣を攻めますが、西山女王の右桂も跳ねて駒の効率が互角になります。
こうなると玉の固い後手が勝ちやすいです。
チャンスは65手目だったようです。
ここで香車を走らずいきなり角を切り飛ばせば先手有利を保てたようです。
優勢になってからの西山女王は早かったです。
振り飛車にとって気持ちの良い手順が続き、自然と優勢を拡大します。
終盤は一方的となり、96手まで西山女王が勝ち、3勝1敗で見事に女王を防衛しました。
この勢いのまま、奨励会でも巻き返してほしいです。

西山女王おめでとうございます!
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【公募情報】第3回「印刷と私」エッセイ募集 [公募情報]

印刷文化を応援です。

【主催者HP】
https://www.jfpi.or.jp/greenprinting/contest2019

テーマはもちろん印刷です。
タイトルだけでは主旨が伝わりにくいですが、前回受賞作品を読むと、実際に印刷業界にかかわってきたひとがでてきます。
「印刷業界と私」というイメージで捉えたほうがよさそうです。
800字以内(小学生部門は400字以内)なので、ぐっと、圧縮する技術は必須です。
応募締切りは7月10日です!

<募集要項抜粋※一般部門です>
募集内容:随筆
テーマ :印刷と私
小山薫堂最優秀賞:10万円
制限文字数:800字以内
応募方法:インターネット、郵送
応募締切:令和元年7月10日
その他 :小学生部門もあります。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

【書評】渡辺房男『黄金の糸~幕末甲州金始末~』 [書評・映画評(DVD含)]

高純度の甲州金をめぐる争いを書いた小説です。


黄金の糸  幕末甲州金始末

黄金の糸 幕末甲州金始末

  • 作者: 渡辺 房男
  • 出版社/メーカー: 実業之日本社
  • 発売日: 2014/12/04
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



主人公は元幕臣です。
倒れ掛かった幕府を救うための秘密資金を託されますが、それを幕府に渡すタイミングを失ったまま明治維新を迎えます。
手にした黄金で生糸の商売を始め、最後は甲州に戻って製糸業を興します。
これだけ書くとなんだろう、という感じですが、著者の貨幣に対するウンチクの豊富さと、明治維新のめまぐるしく動く時代の描写とで読ませる小説になっています。
わずか数年の出来事ですが、その背景となる時代がめまぐるしく動くことに驚きです。

明治というダイナミックな時代を感じたいひとのために!
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

【公募情報】第4回54字の文学賞 [公募情報]

超短編の募集です。

【主催者HP】
https://www.php.co.jp/news/2019/04/54bungaku4.php

ルールは54文字ぴったりに収めること。1字の増減も許されません。まるでパズルのようです。
過去作品を読むと、よくもまあこんなにぴったり収まるなあと感心します。
アイデア+技術の勝負です。
応募締切は令和元年6月30日です!

<募集要項抜粋>
募集内容:短文
テーマ :動物
大  賞:図書カード1万円分
制限文字数:54文字ちょうど
応募方法:郵送、ツィッター
応募締切:令和元年6月30日
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:

最近の日常【平成31年5月中旬】 [日常]

〔コメが玄米になった話〕
コメを白米から玄米に変えた。
とはいえ完全に玄米だと焚けないので、5分付きに精米する。
見た目はかなり茶色いが、やや硬い程度で、白米と同じ感覚で食べられる。
3分付きなら、胚芽の栄養がほぼほぼ残っており、健康にはいいらしい。
調べると、ミネラル分やビタミンB1が豊富みたい。
ビタミンB1は脚気で有名ですね。
子供は野菜が苦手なので、玄米で栄養補給はいい選択かも。

〔咳が止まらない話〕
ここ何週間か咳が止まらない。少なくとも1か月は続いている。
勝手に百日咳と決めつけているが、病院に行っていないので実際はわからない。
熱はないものの、肺炎になった経験があるので、再発だけは怖いのですが。
ちなにみ自分のブログの記事で、アクセス数が圧倒的に多いのが肺炎治療日記です。
肺炎になっているひとが多いのね、とか思ったり。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第77期名人戦第4局(佐藤天彦名人VS豊島将之二冠) [将棋]

豊島二冠の3連勝で迎えた第4局です。

【中継サイト】
http://www.meijinsen.jp/

佐藤天名人が苦戦しています。
一番の原因が十八番だった後手横歩取りが先手青野流で封じられたことだと思います。
第1局の指しなおし局でも後手横歩を採用しましたが、青野流の前に破れ、それ以外の局は全て角換わりとなっています。
佐藤天名人も角換わりが不得意というわけではないと思いますが、豊島二冠は電王戦出場を機にコンピューターの扱いに精通し、指定局面の多い角換わりの研究が進んでいるという面があるのかなと思います。
佐藤天名人はどちらかというと受け将棋で、ねじりあいに強みを発揮するだけに、研究局面で差をつけられると苦しいのかもしれません。
現在、豊島二冠に7連敗中の佐藤天名人ですが、ここで一矢報いて反撃ののろしを上げることができるでしょうか!

【棋譜】
https://6shogi.com/77meijinsen4/

ということで将棋です。
第4局も角換わりとなりました。
佐藤天名人は棋風通りに手持ちの角を6四に設置して防御力を上げ、玉を左右に動かしながら待ちの姿勢を取ります。
豊島二冠は手待ちをしながら端を詰めてポイントを上げ、本格的な戦いをしかけるタイミングを待ちます。
やや先手指しやすそうですが、具体的な有利にまで導くのは難しそうな局面です。
どう打開するのかと思っていたら、豊島二冠は、封じ手直前に詰めた端を利用して1六角と勝負にでます。
二日目に佐藤天名人が反撃に出て激しくなります。
お互いに駒を交換する激しい展開となります。
分水嶺だったのは104手目だったと思います。
後手の銀桂得ながら互角の局面で、佐藤天名人は駒得を維持しならが玉頭を厚くする8五銀引きを着手します。
しかし素早く香車を打たれて飛車が捕まり、飛金交換から手順に8八玉と先手玉に安定されて、豊島有利にかたむきます。
佐藤天名人は厚くなった上部への脱出を目指しますが、飛車切りから3四歩と抑えられては万事窮すです。
以降は豊島二冠が確実に寄せきって、見事に4連勝で初名人を獲得しました。
これでビックタイトルを含む3冠制覇で、戦国時代の将棋界から頭一つ抜け出しました。

豊島新名人、おめでとうございます!
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【公募情報】歯の俳句募集 [公募情報]

8月19日は「はいくの日」だそうです。

【主催者HP】
http://www.8iku.com/575/

テーマはもちろん歯についてです。
歯科に関することが多いというより、予めテーマを知っていなければ意味が通じない俳句も散見されます。
ちなみに公募名は「俳句」ですが、募集内容は「俳句・川柳」で、過去受賞作は圧倒的に川柳です。
川柳の方が自由度が高いですしね。
応募締切は令和元年7月10日です!

<募集要項抜粋>
応募内容:俳句、川柳
テーマ :歯と私
最優秀賞:図書券1万円分
応募締切:令和元年7月10日
応募方法:インターネット、郵送
nice!(3)  コメント(1) 
共通テーマ:

【書評】洪在徹・情厚『洞窟世界のサバイバル』 [書評・映画評(DVD含)]

大人気の科学漫画サバイバルシリーズです。


洞窟のサバイバル 生き残り作戦 (かがくるBOOK―科学漫画サバイバルシリーズ)

洞窟のサバイバル 生き残り作戦 (かがくるBOOK―科学漫画サバイバルシリーズ)

  • 作者: 洪在徹
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2010/07/07
  • メディア: 単行本



主人公たちが洞窟事故で迷い込み、脱出するまでを描きます。
その途中で、洞窟に関するウンチクが大量に出てきます。
読者は漫画を読みながら、様々な知識を得られるという仕組みです。
ユーモアが滑り気味なのは、たぶん、日韓の文化の違いということで。

洞窟について楽しみながら勉強したいひとのために!
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の10件 | -