So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

『宇宙葬』がカナダのオンライン雑誌に掲載されました [受賞報告・自作掲載]

『宇宙葬』がカナダのオンライン雑誌に掲載されました。


【雑誌HP:CommuterLit】
http://commuterlit.com/

【Saito Sou の紹介ページ】
http://commuterlit.com/authors-by-last-name-n-z/authors-s-t/sa-sm/saito-sou/

【作品:『Funeral』(日本語名『宇宙葬』)】
http://commuterlit.com/2019/01/tuesday-cosmic-funeral/


翻訳者はToshiya Kamei (@kameitoshiya )さんです。
The Internet Speculative Fiction Database というサイトの編集にも参加されており、多数の翻訳を手がけておられます。
本当にありがとうございます。
英語の得意なかたは、ぜひともお読みください。日本語版とはまた別の味わいになっていると思います。

宇宙葬ですが、SFマガジンのリーダーズストーリー(いまはコーナー終了)に投稿した作品です。
いまとなってはやや懐かしいですが、こうした作品に光を当ててくれた亀井さんとCommuterLitさんには感謝です。

本当にありがとうございました!



以下、日本語版

『宇宙葬』 齊藤 想 

 ひとが死ぬと、宇宙に葬られる時代がきた。
 葬式会社は死体の体重を量ると、手際よく飛行距離を計算していった。
「お客様の体重で単独航海を希望なさるのならバルー第五惑星がおすすめです。到着するまでそれなりの時間を要しますが、途中に小惑星群もありませんし、航海の安全は保証できます。こちらがその写真です」
 未亡人は写真を見た。緑色のガスが表面を覆っている。地球上とは似ても似つかぬ環境だ。古い人間である未亡人は、まだ地面へのこだわりがある。
「主人は長いこと地球上で生活してきました。というより地上から両足を離したことがありません。だからこそ、お墓は地球でと思っているのですが」
「あることはありますが……」
 店員はパチパチとキーボードを叩いた。モニターに金額が並ぶ。平凡な老婦人が負担できるような金額ではない。地球上では墓地に適した土地はほぼ開発し尽くされ、大金持ちが少ないパイを奪い合うような状況だった。
「もし地面にこだわられるなら、天明第三惑星はいかがでしょうか。ここなら地球と環境が近いので旦那さんも安心して眠りにつけると思います」
 店員は一冊のファイルを取り出した。緑の巨木が密生し、昆虫や原始的な爬虫類の姿も見える。
「地球でいうところの白亜紀に当たるとでも申し上げればよろしいでしょうか。まだ知的生命体は発生していませんが、恐竜たちは順調に進化をとげています。空気組成も地球と近似していますし、いい環境ですよ」
「その星の評判は耳にしておりますが、ずいぶんと遠いと聞いております。主人の体重では到達できないのではないでしょうか」
「実はここだけの話ですが、天明第三惑星を希望されるお客さんが殺到しておりまして、特別に大型霊柩船を飛ばすこととなりました。いま体重を積算しているところですが、おそらくご主人の体重を加えましたら規定量に達するものと思われます。
 商品の性質上、出発日時を延ばすことはできません。急がせて申し訳ありませんが、この場でお返事をいただければありがたいのですが」
 未亡人は写真を何度も見た。わけのわからないガス星に魂を送られてはたまらない。しかし、この緑と生物に溢れる星なら……。
「わかりました。主人は恐竜がとても好きなひとでした。主人も生物の進化をゆっくりと見物できて楽しく過ごせることでしょう。埋葬地までの長旅も大勢のひとに囲まれていれば気もまぎれるかもしれません」
「ありがとうございます。では早速、手続に入らせていただきます」
 店員の澄みきった声が響いた。

 アインシュタインが証明したE=mc2の公式をそのまま動力に使えるようになり、宇宙船は格段の進歩を遂げた。質量さえあれば、いいかえれば物質さえあればあらゆるものを燃料として地球から飛び立つことができるようになったのだ。
質量から生み出されるエネルギーは膨大だ。
このエネルギーを利用してあらゆる物質を気化させ、光に近い速度で噴出させることで強力な推力を得ることができる。
 とはいえ、コストを削減するために宇宙船はギリギリまで重量とスペースを絞り込まれていた。
 霊柩船の燃料は遺体だった。遺体を燃やし、また気化し噴出させる材料としながら自動操縦で目的地まで航海を続けていく。そして埋葬予定地に到着したとき、霊柩船は遺体を使い果たして空となった燃料タンクを開いた。
 機械にはなにも分からない。感じることもない。科学の力をもってしても決して掴むことはない。しかし、この瞬間に、霊柩船のなかで静かに待機していた魂たちは、思い思いのところへ飛んでいく。このことを信じて、文明が進んだいまでも人間は宇宙の果てまで宇宙船を飛ばし続ける。
 プログラム通りの動作を終えた霊柩船は、何事もなかったかのように燃料タンクを閉じると、燃料コックを切り替え、帰還用の燃料を動力系に注ぎ込みながら地球への帰路についた。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

【映画】ミッション・インポッシブル [書評・映画評(DVD含)]

トム・クルーズの有名シリーズ第1作です。





実はこの映画をバスの中で見ました。
音はほとんどきこえなかったのですが、映像だけでストーリーは理解できます。
それだけわかりやすい作品だと思います。
アクションにつぐアクションで、主人公にピンチが訪れる → アイデアで解決と思いきや予期せぬ問題 → さらにアクション の繰り返しです。
ここの何重にもタイムリミットが設定され、まさにハリウッドの王道エンターテイメントです。

映画の楽しさを満喫したいひとのために!

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

【書評】ネイサン・エメリー『実は猫よりすごく賢い鳥の頭脳』 [書評・映画評(DVD含)]

あまり知られていない鳥の頭脳についての研究です。


実は猫よりすごく賢い鳥の頭脳

実は猫よりすごく賢い鳥の頭脳

  • 作者: ネイサン・エメリー
  • 出版社/メーカー: エクスナレッジ
  • 発売日: 2018/02/02
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



様々な研究が紹介された科学本ですが、同時に鮮明な写真が豊富でとにかく綺麗です。
鳥も様々なことを考え、記憶し、社会的なコミュニケーションを取っていることが分かります。
自分が驚いたのが、「脳細胞を増やしたり減らしたりすることができる」ということです。
一部の鳥は冬に備えて貯食をしますが、その際に、海馬と呼ばれる記憶をつかさどる部位を増強するそうです。
時期が過ぎればまた元に戻ります。
通常の動物には見られない鳥類だけの特徴かもしれません。

鳥の能力について、より深く知りたいひとのために!

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:

第77期順位戦展望【C級2組・後半戦】 [将棋]

及川拓馬六段が好調です。

【対戦表】
https://www.shogi.or.jp/match/junni/2018/77c2/index.html

及川六段がここまで負け無しの八連勝で走ります。
上位陣との対戦はなく、1敗しても圏内なので、ほぼ当確に近いでしょう。
残り2枠ですが、1敗しても圏内の石井健太郎五段の昇級は固そうです。
最後の枠にいま残っているのは佐藤俊和六段ですが、1敗でもすると昇級圏外に落ちてしまいます。
NHK杯で準優勝の経験もあり、いままでなぜC級2組にいるのかが不思議な実力者ですが、ぜひとも昇級を決めて欲しいです。
今期は降級点2点持ちが少ないので、フリークラス行きはなさそうですが、今期で降級点2点になる棋士が大量発生しそうです。
ベテラン棋士はフリークラス宣言をするかもしれません。
大山康晴と名人戦で激闘を繰り広げた大ベテラン、桐山清澄九段は八連敗となりました。
いよいよ来期がラストイヤーになるかもしれません。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

第45期岡田美術館杯女流名人戦第1局(里見香奈女流名人VS伊藤沙恵女流二段) [将棋]

昨年のリベンジマッチとなりました。

【中継サイト】
http://live.shogi.or.jp/joryumeijin/

里見香女流名人は9連覇中で、まさに圧倒的な強さを誇っています。
2番目の記録が清水市代の5連覇なので、まさに時代の覇者といった感じがします。
戦法の移り変わりが激しい現代将棋で、10年間もトップに君臨するのは大変なことです。
この間には男女ともに新しい棋戦が始まったり、藤井聡太が彗星のごとく登場したり、コンピューターが人間を追い抜いたり、いろいろとありました。
連覇というのは価値の高い記録だと思っています。
さあ、里見香女流名人は、10連覇に向けて幸先のよい1勝を挙げることができるでしょうか!

【棋譜】
http://live.shogi.or.jp/joryumeijin/kifu/45/joryumeijin201901200101.html

後手になった里見香女流名人がゴキゲン中飛車を採用し、先手伊藤沙女流二段は金銀を前面に出して受け止めるというあまりみない戦いとなりました。
玉の固さは後手が上回っているので、先手が後手の捌きを押さえ込めるかどうかです。
後手は4筋から軽く仕掛けて、細かい動きを続けながら先手陣を揺さぶります。
60手目の決断の3三桂馬が跳ねられ、2筋を明け渡す間に先手陣を食い破ろうという手です。
この手を境に大捌きとなり、飛車と金銀交換となります。
ここから里見香女流名人はガジガジと先手陣に食いつきます。
こうなると玉形の差が大きく、後手陣が磐石なだけに逆転が難しい将棋となります。
伊藤沙女流二段は端攻めから入玉含みで綾を求めますが、最後まで女流名人は冷静でした。
先手の反撃がひと段落したところで、ノータイムの桂馬捨てで一気に詰ませました。
まさに完勝譜だと思います。

第2局は1月27日に島根県出雲市「出雲文化伝承館 松籟亭」で行われます!

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

第77期順位戦展望【A級・後半戦】 [将棋]

挑戦権争いは3人に絞られました。

【対戦表】
https://www.shogi.or.jp/match/junni/2018/77a/index.html

1敗は広瀬章人竜王、豊島将之二冠、羽生善治九段の3人です。
羽生九段は二人との対戦が残っているので連勝すれば挑戦決定です。
広瀬竜王は降級の危機にある深浦九段との対戦が残っています。ここがお互いにとって大きな勝負になりそうです。
残留争いについては、A級2回目の阿久津主税八段が7連敗で前回に続いて降級が決まってしまいました。
A級通算16連敗と苦難の道が続きます。
あと1人は順位の差もあり、連勝した上で三浦弘行九段、稲葉陽八段の連敗が条件です。
生き残る可能は低いですが、最後まで不屈の闘志をみせて欲しいです。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

創作状況【1月中旬】 [ぼくの公募状況]

今年の目標、いまだ定まらず。

【サイトーメルマガ第135回の内容紹介】
◆創作に役に立つ書籍紹介(第13回)貴志祐介『青の炎』
◆TO-BE小説工房に挑戦中(第46回)
◆公募情報数点
 今月のテーマは「小説の技術は進歩する」です。
 メルマガ登録はこちらから。もちろん無料です!
 http://www.arasuji.com/saitomagazine.html

【TO-BE小説工房】
テーマはトイレですか。なんとなくホラー的なイメージが湧いてきた。
たまにはホラーもよいかなあ。ほとんど経験がないし。

【星新一賞】
「面白そうなネタがあるんだけどなあ」と書いた話を完全に忘れまる。
まあ、そのうち考えます。

【創元SF短編賞】
最終的に40×40で24枚となる。
感覚として原稿用紙80枚ぐらいだろうか。
伏線を追加したものの、本当はもうワンシーン増やしてもよい作品。すると分量オーバーするし時間もないので、仕方がないかあといった感じです。
SFからかなり遠ざかったので、いつか150枚ぐらいに書き直して、どっかに応募したいと思いつつ。
いつかがいつになるのかは謎ですが。

【北区内田康夫ミステリー文学賞】
自分の経験が色濃く出せる設定は作れないかなあと思う。
そうしたらワンアイデアで50枚ぐらいになりそう。
と思いつつ、バカバカしい設定を考えてみたが、あとはどうミステリーにしたてたら良いのやら。

【福島正実SF童話賞】
来月ぐらいから調べ始めます。といっても完全に趣味の世界に走っています。
いやぁ……それでよいのかなあと自問自答。
やっぱりやめるかもしれない。

【ゆきのまち幻想文学賞】
連絡用の郵便為替も買いました。あとは出すだけです

【ミステリーズ!】
そのうち書き溜めます。

【FACEBOOK】
友達募集中です!
https://www.facebook.com/profile.php?id=100007879718530
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

【公募情報】第8回バルブフォト五七五コンテスト [公募情報]

あまりにマニアックな公募です。

【主催者HP】
https://j-valve.or.jp/valvephoto575/apply/

テーマがバルブの上に、写真と川柳のセットで応募する珍しい公募です。
どれだけ応募があるのか疑問に思うかもしれませんが、昨年は400通以上の応募がありました。
川柳公募で400というとかなり少ないので、そういう意味ではねらい目かもしれません。
前回の最優秀賞受賞作品は、バルブを花に見立てたオブジェを制作し、応募しています。
意外と狙っているひとも多いのかもしれません。
応募締切は平成31年1月31日です!

<募集要項抜粋>
募集内容:写真と川柳
テーマ :ハルブ
最優秀作品賞:賞金10万円
応募締切:平成31年1月31日
応募方法:郵送、インターネット
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

【書評】ロミオ・ロドリゲスJr『97%の人を上手に操るヤバい心理術』 [書評・映画評(DVD含)]

一流のメンタリストが人間心理を活用したテクニックを伝授です。


97%の人を上手に操る ヤバい心理術

97%の人を上手に操る ヤバい心理術

  • 出版社/メーカー: SBクリエイティブ
  • 発売日: 2015/06/18
  • メディア: Kindle版



心理術系には「心理学」に重きを置く本と、「テクニック」を中心とする本があります。
本書はタイトルの通り、テクニック重視です。
実際に交渉の場において、自然と自分が実践している事が多く、とても共感が持てます。
もちろん自分が持っていない技術も載っており、大変役に立ちました。

人間関係に悩んでいるひとのために!

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

【書評】門倉貴史『セックス格差社会』 [書評・映画評(DVD含)]

収入とセックスとの関係を探ります。


セックス格差社会 恋愛貧者 結婚難民はなぜ増えるのか? (宝島社新書)

セックス格差社会 恋愛貧者 結婚難民はなぜ増えるのか? (宝島社新書)

  • 作者: 門倉 貴史
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2008/11/10
  • メディア: 新書



結論は簡単で、収入が低いほどセックスから遠くなり、高いとセックスの機会が増えます。
ようするに「もてる」か「もてないか」ということです。
ただ高収入ホワイトカラーは多忙のため、夫婦間の行為が減少する傾向にあることも本では触れられています。
後半は少子化対策の話となり、前半とは別の話になります。
その他、いろいろな数字がでてきて、計算の仕方に若干の疑問はありますが、楽しめました。

収入とセックスの関係を知りたいひとのために!

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の10件 | -