So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

【公募情報】第35回安全衛生標語募集 [公募情報]

安全な職場はみんなの願いです。

【主催者HP】
https://www.jisha.or.jp/slogan/

「安全衛生」だけでは対象がはっきりしませんが、対象としているのは労働災害です。
主催者は中央労働災害防止協会で、労働災害を防止するために様々な啓発を行うとともに、安全衛生の専門家の育成、研修、講演などを行っています。
標語のキーワードはかなり偏っていて「ゼロ災害」がかなりの高い頻度で登場します。また「健康」「安全」も頻出です。
最近は「なかまと一緒に」といった感じが流行の気がします。
応募締切は4月24日(水)です!

<募集要項抜粋>
募集内容:標語
テーマ :労働災害防止
入  選:10万円
募集締切:平成31年4月26日
応募方法:はがき、FAX
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

【書評】チャチャヤング・ショートショート・マガジン第5号 [書評・映画評(DVD含)]

2017年秋号になります。





岡本俊弥『猫の王』、『マカオ』が絶品です。『マカオ』は本格SFですが、『猫の王』は猫の世界を統べる猫の王と彼女との不思議な生活を描く独特の作風に仕上がっています。
雫石鉄也『週末は終末』も、よくある終末物ですが、終末の原因には触れずに週末が迫りつつも日常生活を送る人々をクローズアップすることで、読後の印象を強めることに成功した佳作です。

8人が寄稿しているだけあって、様々ジャンルに渡ります。
実力派作家ばかりなので、書店においてあってもおかしくない冊子だと思います!
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:

【公募情報】第72回新聞標語募集 [公募情報]

第72回も続いているとは驚きです。

【主催者HP】
https://www.pressnet.or.jp/about/recruitment/slogan/apply.html

主催者はもちろん日本新聞協会です。
初代会長が1946年に就任しているので、もう72年も続いていることになります。
つまり、初年から標語募集をしていると思われます。
1955年「新聞は世界平和の原子力」
1962年「新聞が日ごとにひらく新時代」
といった時代を感じさせる作品も見られます。
「自由」「真実」「未来」などが好まれるキーワードのようです。
応募締切は4月26日(金)です!

<募集要項抜粋>
募集内容:標語
テーマ :新聞のありかた
代表標語:10万円
募集締切:平成31年4月26日
応募方法:はがき、FAX、電子メール
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

最近の日常【平成31年3月中旬】 [日常]

〔まったく酒を飲まなくなった話〕
ここしばらく、まったくアルコールを口にしていない。
元々、酒に弱い体質だったのだが、一度飲まなくなると、本当に体がアルコール自体を受け付けなくなってきた。
職場の忘年会でも一切のまず、熱いお茶だけで過ごした。
本当はウーロン茶にしたかったけど、店員のおばさんが「熱いお茶はどう」とか言われたので思わずうなずいてしまっただけなのだが。
飲み屋で急須から注がれる緑茶をすする人種はかなりの少数派だと思う。
こうなってくると、いままでたまに飲みたくなっていのは、なんなんだろかと。
中毒性というえばニコチンだが、アルコールもけっこうな中毒性があるのかもしれない。
酒がない生活も、なかなか、快適です。

〔壁を塗り替えた話その後〕
塗り始めると早いもので、あっという間に完成する。
イメージよりかなり白いなあと思ったけど、蛍光灯の下で見る色と、太陽光で見る色とは異なるからこんなものだろう。
「厚塗りなので保温効果が高いです」と言われていたけど、眉唾だと思っていた。
けど、確かに保温効果が実感できる。
なるほどねえと思った次第。
それにしても営業の説明通り本当に35年も持つのだろうか? まあ、20年持てば御の字だと思っていますが。

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第44期棋王戦第4局(渡辺明棋王VS広瀬章人竜王) [将棋]

渡辺棋王の2勝1敗で迎えた第4局です。

【中継サイト】
http://live.shogi.or.jp/kiou/

一度、勝率が5割を切った棋士が復活するのは容易ではありません。
渡辺棋王は昨年絶不調に陥り、勝率は5割を切り、竜王位を失陥しA級からも陥落しました。
それが今期は全勝でA級への復帰を決め、王将位をストレートで奪取し、勝率も8割に迫ります。
まさに華麗なる復活です。
「固く囲って細い攻めを繋げる」「綿密に作戦を用意する」といった従来からの棋風はそのままに、現代的な「全体的なバランスをとる」将棋がミックスされ、まさに無敵状態になりつつあります。
渡辺棋王は34歳、今年で35歳になります。
昭和の時代であれば「脂の乗り切った時期」と言われたと思いますが、現在では若手とはいえない年齢です。
ここまで実績を積み上げているのにもかかわらず、棋風改造できる勇気に敬意を称したいです。
元から積んでいるエンジンが違うのですから、これから渡辺時代を迎えるのかもしれません。

【棋譜】
http://live.shogi.or.jp/kiou/kifu/44/kiou201903170101.html

ということで、将棋です。
先手の渡辺棋王は角換わりを選択し、広瀬竜王も追随します。
後手の手待ちに対して先手は後手からの仕掛けを誘い、仕掛けてきたところで4五歩と位をとって4四の好位置に角を据えます。
これが渡辺棋王の作戦だったようです。
とはいえ、この手で決まるような局面ではありません。
若干、先手ペースで進みますが互角の範囲です。
大きく形勢が動いたのは、96手目前後に広瀬竜王が先手玉を下から追いかけた局面です。
あっさり飛車を切って銀打ちでふさがれると、意外とよりません。
さらに攻防に据えた角をこれまた飛車切りでもぎ取られると、形勢がはっきりしました。
かなり難解な局面で先手が勝つ筋は太くはないはずですが、細い糸を確実に掴める強さがいまの渡辺棋王にはあります。

手数は長くなりましたが渡辺棋王が快勝し、これで棋王戦7連覇を達成しました。
おめでとうございます!

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

第68回NHK杯将棋トーナメント決勝(羽生善治九段VS郷田真隆九段) [将棋]

まだまだ元気な羽生世代同士の決勝となりました。

【番組HP】
http://cgi2.nhk.or.jp/goshogi/shogitou/

今期のトーナメントではちょっとした椿事が起きました。
ベスト4が全て羽生世代となり、ネットでは「同窓会」と呼ばれました。
準決勝の組合せは羽生・丸山、郷田、森内がベスト4ですが、羽生九段が菅井七段、豊島二冠を、丸山九段が斎藤慎太郎王座を、郷田九段が広瀬竜王を森内九段が三枚堂路六段といった若手強豪を撃破しての進出ですから立派です。
ちなみにこの4人は同時にA級、名人に在籍していたことがあります。
まだまだ老け込む年齢ではありません。
羽生世代が若手の壁になることで、より若手が強くなり、将棋界が活性化すると思います。
さあ、長年凌ぎを削ってきたライバル同士の一戦は、どうなったでしょうか!

【棋譜】
https://www.youtube.com/watch?v=peWWqA17pKk

ということで、将棋です。
先手羽生九段で角換わりの最新形となりました。先手が先攻しますが、後手もすぐに7五歩と反撃し、激しい叩き合いとなります。
用意の一手なのか、羽生九段は53手目に4三歩とただのところに歩を垂らします。
郷田九段はNHK杯としては長考に沈みますが、取りきれず、攻め合いを選択します。
先手は3八角の弱点を放置したまま攻めます。これに対する郷田九段の5五角がいかにも格調高く感じたのですが、結果として疑問手だったようです。
まだまだ難解のように思えたのですが、羽生九段の露骨な銀打からの寄せで急速に形勢が傾き、77手まで先手の快勝譜となりました。
この優勝が46回目の一般棋戦優勝で、ついに大山康晴十五世名人の45回を抜いて歴代単独トップに躍り出ました。
またひとつ金字塔が増えました。

来年のNHK杯も楽しみです!
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【公募情報】第41回事実に基づく小論文・エッセー募集 [公募情報]

第41回ですからなかなかの長寿命な公募です。

【主催者HP】
https://www.kitanozaidan.or.jp/files/pdf/paper/paper2019-2.pdf

主催者は北野生涯教育振興会です。
生涯学習のための助成や講演会、研修会などを行っており、その事業のひとつとして論文を募集しています。
といっても募集要項を読むと肩肘張る必要はなく原稿用紙8枚~10枚ですから小論文といった感じです。
ポイントは「事実や体験に基づいたものに限る」ということです。
賞金50万円も魅力的です。
応募締切りは2019年5月7日です!

<募集要項抜粋>
募集内容:小論文、エッセー
テーマ :私の道草
1  席:50万円
制限枚数:400字詰原稿用紙8枚~10枚
応募締切:2019年5月7日
応募方法:郵送
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

第30期女流王位戦挑戦者決定戦(里見香奈女流四冠VS清水市代女流六段) [将棋]

リベンジマッチまであとひとつです。

【中継サイト】
http://live.shogi.or.jp/joryu-oui/

里見女流四冠は西山女王への挑戦を決めたばかりですが、女流王位戦でも挑戦者決定戦まで勝ちあがってきました。
この圧倒的な戦績には驚くばかりです。
そのレーティングは2000に迫り、2位の伊藤沙恵女流二段とは約130、7位の清水市代女流六段とは250の差があります。
これは予想勝率でいうと83%であり、現に5連勝中です。
とはいえ、ひっくりかえせば確率的には5回に1回は清水市代女流六段が勝てるということになります。
野球界では打率2割前後のバッターはいるわけですから、もしかしたらという可能性はあります。
清水市代女流六段と渡部愛女流王位とのレーティング差はほとんどないので、里見香奈女流四冠に勝てば、久しぶりのタイトルも見えてきます。
挑戦者決定戦は一発勝負なので、何がおこるかわかりません。

さあ、清水市代女流六段は、一発勝負に逆転をかけることができるでしょうか!

【棋譜】
http://live.shogi.or.jp/joryu-oui/kifu/30/joryu-oui201903150101.html

ということで、将棋です。
先手は清水女流六段。後手里見香四冠の向い飛車に、急戦調で立ち向かいます。
もっとも清水女流六段は穴熊を指さないので、急戦調になることが多いのですが。
先手は歩を2枚突き捨ててから飛車を浮き、軽快に攻めていこうとしますが、振り飛車の基本、攻められた筋に飛車を回るで受けられるとなかなか切り込めません。
3四歩と垂らし、端角で戦線の複雑化を図りますが、ここで里見香女流四冠の9五歩が機敏でした。
清水女流六段としては、無理を自覚しながら、ここで暴れるしかなかったかもしれません。
やむを得ず忍耐の道を歩みますが、里見香女流四冠の指し手は真綿でくるむような感じで、じりじりとリードを広げていきます。
112手まで指しましたが、後半は儀式のような手順でした。

里見香女流四冠が快勝で、渡部愛女流王位への挑戦権を獲得です。
女流王位戦五番勝負第1局は4月25日(木)、兵庫県姫路市「夢乃井」で行われます!

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

第77期順位戦展望【B級1組・最終局】 [将棋]

残り1つの枠をめぐる争いです。

【対戦表】
https://www.shogi.or.jp/match/junni/2018/77b1/index.html

まずダントツの独走でA級復帰を決めたのは渡辺明二冠です。
B級1組にいてはいけない棋士なので、当然といえば当然です。
残り1枠は7勝4敗の斎藤慎太郎王座、木村一基九段、6勝5敗の行方尚史八段の争いです。
しかし、斎藤慎王座の最終戦の相手が渡辺二冠で、飛車切りから一方的に攻められて20時過ぎに終局。斎藤慎王座のA級入りはなくなりました。
そして運命のように組まれているのが、木村九段・行方八段戦です。
斎藤慎王座が敗れたことで、この対戦で勝った方がA級復帰です。
戦形は青野流から後手が横歩を取り返すという乱戦模様となり、派手に大駒が飛び交う将棋を制したのは木村九段でした。
いまだに6割4分近い通算勝率を保っている”おじさん”がいよいよA級復帰決定です。
残留争いは菅井竜也七段、橋本祟載八段、野月浩貴八段、畠山鎮七段の4人です。
負ければ即陥落の橋本八段が、谷川九段相手に敗れてまず1人目が決定。同時に菅井七段は残留決定です。
もうひとりですが野月八段が180手を超える熱戦の末に敗れて降級が決定、畠山鎮七段が残留となりました。
来期も師弟対決が見られます。

これで順位戦全対局が終了です。
来期も楽しみです!
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

第77期順位戦展望【B級2組・最終戦】 [将棋]

B級1組と2組の差は大きいです

【対戦表】
https://www.shogi.or.jp/match/junni/2018/77b2/index.html

最終節を待たずに昇級を決めていたのは軍曹こそ永瀬拓矢七段です。
叡王戦で3回目のタイトル挑戦を決めており、順位戦でも順当な昇級です。
なぜか順位戦と相性が悪く、C級2組で苦戦しましたが、ここにきて実力を発揮してきました。
もうひと枠ですが、マジック1だった千田翔太六段が勝ち、B級1組への昇級を決めました。
本命2名が昇級といった感じです。
中村太前王座は7勝3敗で後半の失速が痛かったです。
降級は先崎学九段です。うつ病から復帰し、完走できただけでもファンとしては一安心です。
徐々によくなってくれたらと思います。
ベテラン丸山忠久九段、藤井猛九段はそれぞれ6勝4敗の勝ち越しでフィニッシュ。
藤井猛九段は当たりが厳しい中での勝ち越しですから、価値が高いと思います。当たり次第ではB級1組復帰のチャンスがくるかもしれません。

いまから来期が楽しみです!
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | -