So-net無料ブログ作成
検索選択

第58期王位戦第3局(羽生善治王位VS菅井竜也七段) [将棋]

羽生王位の2敗で迎えた第3局です。

【中継サイト】
http://live.shogi.or.jp/oui/

菅井七段は一時期居飛車を積極的に指していました。
A級棋士の広瀬章人八段のように、そのまま居飛車党に転身するのかと思いきや、またホームグラウンドである振り飛車党に戻りました。
珍しいケースだと思います。
棋風を広げ、大局観を磨くために、居飛車党が振り飛車を、振り飛車党が居飛車を指すことはあります。
渡辺明竜王も、一時期は後手番になると振り飛車を連採していました。実験的な意味合いが強かったと思います。
羽生王位も基本は居飛車ですが、ここ一番という勝負で振る事があります。渡辺明を相手に迎えた朝日杯決勝で、中飛車を採用し、渡辺明が呆然とした事件がありました。
さて、振り飛車党に戻った菅井七段と戦うために、羽生王位に用意の作戦はあるのでしょうか?

【棋譜】
http://live.shogi.or.jp/oui/kifu/58/oui201708080101.html

ということで、将棋です。
菅井七段は当然のように振り飛車を採用し、角交換型三間飛車の対抗型となりました。
羽生王位は、角交換振り飛車によくある筋ですが、筋違いに角を据えて1歩を掠め取ります。
役目を果たした角は自陣に戻るのかと思いきや、羽生王位は引きません。
得した1歩を1二に打ち、角のにらみで香車を狙います。菅井七段も端攻めから反撃をしますが、逆に端をつめられてしまいます。
優勢になった羽生王位は急に渋くなります。自陣の傷を補修し、万全の体制になってから攻め、最後は飛車切りから一気に後手玉を寄せきりました。
菅井七段の早指しもあり、終局時刻は14時50分と早い決着と成りました。
これで王位戦はいよいよ面白くなってきました。

第4局は8月22・23日(火・水)、兵庫県淡路市「ウェスティンホテル淡路」で行われます!
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

創作状況【8月上旬】 [ぼくの公募状況]

世間は夏休みですね。

【メルマガ原稿】
 今月のメニューはこちらです。
◆こんな公募に挑戦してきました(第8回)
 ~2016大阪ショートショート大賞の巻~
◆リアルタイム企画・TO-BE小説工房に挑戦中(第29回)
◆公募情報数点
  こんな公募に挑戦してきましたのコーナーでは、大阪ショートショートで最終選考まで残った作品を取り上げます。
  メルマガ登録はこちらか。無料ですのでお気軽に!
 http://www.arasuji.com/saitomagazine.html

【小説現代・ショートショートコーナー】
ストックをひとつ書く。
オチを考えずに書き進め、最後だけ強引にまとめる。まあ、ストックはこんなもの。

【TO-BE小説工房】
今月投稿用の作品を構成する。文章面では改善されたけど、ただそれだけ。
完全に古風なショートショート風です。はい。
http://www.koubo.co.jp/guide/tobekobo.html

【創元SF短編】
ネタから作り返します。はい。

【ゆきのまち幻想文学賞】
2年分の校正も終わったので、長期間お休み中。

【星新一賞】
今月投稿作品はもう完成です。
来年用の作品も書きました。3800字ぐらいのショートショートです。
男女のまぐわいの真似事みたいなシーンだらけなんだけど、これってありなんかなあ。どうなんだろう。

【北区内田康夫ミステリー文学賞】
ネタをじっくりと考えていますが、いまいち熟成されません。
熟成できたら書きます。

【やまなし文学賞/湯河原文学賞】
創元SF短編に落選した作品を、どちらかに応募しようと思っています。
いろいろと忘れそうなので、とりあえずメモということで。

【福島正実SF童話賞】
完成済みなので、あとは投稿直前に最終校正するのみ。

【FACEBOOK】
友達募集中です!
https://www.facebook.com/profile.php?id=100007879718530

nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:

最近の日常【平成29年8月上旬】 [日常]

〔株価の話〕
アメリカが北朝鮮に戦争を仕掛けると思っていた。だからずーっと戦争で株価暴落を待ち続けていたのですが、そうこうしているうちに、逆に上昇してしまった。
持ち株のうち1つを除いてオールプラス状態で、自分でもびっくりです。
ただ、隙あれば買おうと思っていた人間にとって、痛しかゆし。株を売って儲けようという気はないもので。
気分的には悪くありませんが、子供も大きくなり、食べる量が増えたので、外食系の株主優待を増やしたいなあと思いつつ。
それにしても、そうこうしているうちに北朝鮮が大陸間弾道ミサイルを完成させてしまい、正直、しゃれにならない事態になりつあります。
どうなることやら。

〔USBを認識しなくなった話〕
突然、PCがUSBメモリを認識しなくなった。
いろいろ調べると、デバイスマネージャーやら再起動やらいろいろなキーワードが出てくる。
それで、デバイスマネージャーから!マークが付いている項目を削除し、再起動させたところ、いつまでたってもログオフしない。
仕方ないので強制的に電源を切り、通常起動させたところ、自動的にUSBのインストールを始めて、無事に復帰した。
ネットは便利なものだと思いつつ、自分のPCがそろそろ限界なのかなあという恐怖も感じつつ。
大事なデータは保存用HDに移動させようかなあ、そろそろと。
nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

【書評】鳴海風『算聖伝』 [書評・映画評(DVD含)]

和算の頂点に立つ、関孝和を主人公とした伝記風小説です。


算聖伝―関孝和の生涯

算聖伝―関孝和の生涯

  • 作者: 鳴海 風
  • 出版社/メーカー: 新人物往来社
  • 発売日: 2000/10
  • メディア: 単行本



関孝和は和算の発展に大きく寄与した人物です。
当時の和算はまさに算数で、現代の小中学生が扱う1次方程式(天元術)を解くことが最新でした。それが、関孝和の登場により、一気に大学研究室レベルに引き上げられました。
それほどの業績を残した関孝和ですが、生涯をたどる資料はきわめて少ないです。作者は関孝和の生涯を空想で埋める必要があります。
作者の力量が問われるところですが、鳴海風は大胆にも関孝和は最新の数学をキリシタンから学んだという設定を作り上げました。
その設定を成立させるために、関孝和は密かに大目付井上政重の甥として育てられたとか様々な履歴を作り上げました。
この辺りは好みが分かれるところですが、アリといえばアリかな、という感じです。
その一方で、関孝和が数学の理論を作り上げていくシーンは少ないです。

和算を中心とする時代小説を読みたいひと向けに!

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

【公募情報】クレジットカード川柳コンテスト [公募情報]

今年が初めてかもしれません。

【主催者HP】
http://compe.japandesign.ne.jp/creditcard/

毎年開催される公募だと、頭に回数や年度が記載されます。
クレジットカード川柳はそれらがないので、もしかしたら1回限りの公募かもしれません。
最優秀賞はと高額なので、挑戦したいひとはお早めに。
締切は平成29年9月30日、18歳以上(高校生は除く)限定であることに注意してください!

<募集要項抜粋>
募集内容:川柳
テーマ :クレジットカードにまつわるエピソード
最優秀賞:JTB旅行券10万円
応募締切:平成29年9月30日
応募方法:インターネット
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

【書評】鳴海風『美しき魔方陣~久留島義太見参!~』 [書評・映画評(DVD含)]

久留島義太は江戸時代に実在した伝説的和算家です。


美しき魔方陣―久留島義太見参! (小学館文庫)

美しき魔方陣―久留島義太見参! (小学館文庫)

  • 作者: 鳴海 風
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2007/10
  • メディア: 文庫



著者は和算をテーマにした書籍を多数発表しています。
久留島義太は天才的和算家で、大酒飲みで、生活はデタラメだったようですが、あらゆる難問をたちどころに解く頭脳を持っていました。
ただし、本書は伝記ではありません。久留島義太についての資料は限られるため、空白だらけです。その空白を作者の創作で埋め、独特の時代小説として仕上げています。
前半はストーリーの軸が見えず、かなりモッサリしています。
しかし中盤を超えた当たりから道筋が見えてきて、ラストはやや強引ながらも、和算家らしいまとめで終えています。
一風変わった時代小説を読みたいひとのために!


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

【公募情報】第7回孫の日川柳 [公募情報]

全日本川柳協会とイオンモールとのコラボ企画です。

【主催者HP】
http://www.aeon.jp/sc/cam/senryuu/

今年の孫の日は10月15日ですが、日にち固定ではなく、10月第3日曜日と決められているそうです。
なぜイオンかと思ったのですが、日本百貨店協会が最初に提唱した歴史があるので、その流れかなのかもしれません。
過去受賞作品をみると、日常の一こまを切り取ったような、上手いと思わせる作品が多いです。
孫の成長を楽しみにしている姿が目に浮かびます。
応募締切は平成29年9月24日です!

<募集要項抜粋>
募集内容:川柳
テーマ :三世代家族
特  選:イオン商品券5万円
応募締切:平成29年9月24日
応募方法:インターネット、はがき

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

【書評】鳴海風『星に惹かれた男たち~江戸の天文学者 間重富と伊能忠敬~』 [書評・映画評(DVD含)]

江戸の天文学者にスポットライトを当てた本です。


星に惹かれた男たち    江戸の天文学者 間重富と伊能忠敬

星に惹かれた男たち 江戸の天文学者 間重富と伊能忠敬

  • 作者: 鳴海 風
  • 出版社/メーカー: 日本評論社
  • 発売日: 2014/12/03
  • メディア: 単行本



メインは間重富と高橋至時ですが、前後の時代も厚く書かれているため、和風天文学の発達や天文学に必須である和算の歴史まで学べます。ちなみに伊能忠敬は間重富と同世代であり、重富に和算、天文学、測量術を学んでいます。
観測所の変遷や、いまでは埋もれてしまった学者たちの一面など、かなり幅広いです。その分、ひとつひとつの記述は軽めですが、この本をきっかけにして、様々な人物へ興味の手を伸ばすことができます。知識の入口になる本だと思います。
鳴海風は小説家です。
ときおり創作裏話がでてくるのが参考になります。

江戸時代の天文学をより知りたいひとのために!

nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

【掌編】齊藤想『第二ボタン』 [自作ショートショート]

TO-BE小説工房(第26回)に応募した作品です。
テーマは「ボタン」でした。

―――――

 『第二ボタン』 齊藤想

 これは一種の病だったのかもしれない。けど、このボタンだけは真実だと信じたい。
 中学時代、あこがれの先輩から制服の第二ボタンをもらうことが流行していた。大人気の先輩になると、ポケットに予備のボタンを大量に入れておき、じゃらじゃら言わせながらご褒美の飴玉みたいに後輩へ渡していた。
 けど、私の先輩は違う。その瞬間はいまでも脳裏に焼き付いている。
 ある日の夕方。仲良しの美穂が先輩を呼んできてくれた。がらんどうになった放課後の校舎の四階。ひとけのない廊下の行き当たり。私の目の前、わずか十五センチ前に立つ先輩。気を利かした美穂がそっと遠ざかる。夕日が妙に赤い。
 傾いた太陽に押されるようにして、私がさらに一歩前に出る。両手を胸の前で交差させる。いつも遠くで見ていました。先輩がスリーポイントシュートを決めるときの、軽く膝を曲げてからカエルのようにしゅっと、いや違った、バッタのようにピョンと、これも違う。上手くいえないけど、とても素敵でした。
 あれだけ前日に第二ボタンをもらう練習してきたのに、先輩の前に立つと頭が真っ白になってしまう。それだけ大好きだった先輩。
 慌てふためく私の姿を見た先輩は、軽く笑いながら「これだよね」と、大きな手で第二ボタンを包み込んだ。指先がくるりと回転して、しばらくして私の手のひらに乗せられる暖かなボタン。私はボタンを握り締めて、先輩の体温を手の内に閉じ込める。
「なんかスースーするなあ」
 先輩はボタンがひとつ取れた制服を、いたずらっぽく見せた。
 その先輩とは、それっきりだった。それでも先輩かから受け取った第二ボタンは、いまも宝物として、机の奥にしまってある。

 高校卒業後、その先輩から一通の手紙が届いた。大学を中退して手品師としてデビューしたのだという。招待状も同封されていた。
 私は喜んで先輩のステージに駆け付けた。会場に入ると、中学時代の同級生がたくさん並んでいる。どうやら先輩は中高時代の名簿で招待状を発送したようで、まるで同窓会のようだった。もちろんあの先輩と引き合わせてくれた美穂の姿もあった
 先輩の初舞台は、テレビにもで出演したことのある有名手品師の前座だった。もともと器用だった先輩は、その大きな手を活かして様々なものを隠したり出したりしていた。何も無いところから巨大トランプが出てきたと思えば、次の瞬間には消えている。
 先輩の手品は本物だった。
 短い持ち時間の中で、バスケットボール部で活躍していたときのように、精一杯の演技を続けている。荒削りながらも才能を感じる手さばきに、同じ中高の仲間たちだけでなく、有名手品師を目当てに来場していた紳士淑女たちも惜しみない拍手を送っていた。
 先輩は輝いていた。自分の道を見つけた大人の笑顔だった。私は自宅から持ってきた第二ボタンを、強く握り締める。やっぱり先輩は素敵だった。
 一通りの演技を終えた先輩は、最後に客席に向ってこう語りかけた。
「私が始めて手品をしたのは中学三年生のときです」
 少し嫌な予感がする。
「そのころ第二ボタンを渡すのが流行っていまして、私は後輩にせがまれたときに断るのも悪いと思い、ボタンを取る振りをして別のボタンを彼女に渡しました。制服のボタンを外してボタンが取れた振りをしたところ見事に後輩はひっかかり……」
 あとは聞けなかった。私は単なる実験台だった。純粋な気持ちを踏みにじられた。家から持ってきたボタンを「これがそのときのボタンよ!」と叫びながらこの場で投げ付けたかった。けど、先輩の初舞台をダメにしたくない。その思いだけで踏みとどまり、耳をふさいで屈辱を耐え忍んだ。けど、涙は止まらなかった。
 休憩時間になって、私はハンカチで顔を覆いながらロビーに出た。すると、同級生だった美穂が追いかけてきた。
 興奮した様子の美穂に、私は胸が詰まった。
「ねえねえ感動的だったと思わない! だって、初ステージで告白なんて、びっくりしちゃって」
 その相手は私ではない。くらくらする私を、美穂が強く手を引く。
「手品への道に導いてくれた後輩に感謝の念をこめて告白しますなんて、粋な先輩じゃない。あのときは自分に自信が持てなくて第二ボタンを渡す勇気がなかったけど、いまなら渡せるって。さあ、楽屋まで急いで」


―――――

この作品を題材として、創作に役立つミニ知識をメルマガで公開しています。
無料ですので、ぜひとも登録を!

【サイトーマガジン】
http://www.arasuji.com/saitomagazine.html

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

第65期王座戦挑戦者決定戦(中村太地六段VS青嶋未来五段) [将棋]

7月28日に行われた対戦です。

【中継サイト】
http://live.shogi.or.jp/ouza/

青嶋五段は棋士以外にも日本有数のチェスプレイヤーとして知られています。
しかも覚えて数ヶ月で日本トップレベルに追いつくというすさまじさです。
羽生王座、青嶋五段以外だと、森内九段もチェスプレイヤーです。森内九段には、チェスを教えてもらい、その教えた相手と対戦して、いきなり勝つという伝説を残しています。
青嶋五段というと、デビュー以来高勝率を挙げ続けていますが、いつもあと1歩届かない印象があります。
その青嶋五段が決勝まで上がってきましたが、前年ながら決勝で敗れて、初タイトルはなりませんでした。
ということで、将棋の記譜です。

【棋譜】
http://live.shogi.or.jp/ouza/kifu/65/ouza201707280101.html

ということで、将棋です。
先手は青嶋五段となり、ノーマル四間から相穴熊となりました。
仕掛けたのは先手の青嶋五段。角交換から角を打ち込み、銀をもぎ取ると、6三歩、7二銀と小技で攻めを繋げます。
アマチュア同士なら先手が勝ちそうな流れですが、プロ同士だと先手無理攻めのようです。
中村太六段が反撃に出てからは早かったです。
3八歩で金を浮きゴマにしてから角を先手で放ち、そこからガシガシと食いついていきます。
最終手は1七桂打ちです。
これは桂馬を取らせることで、1七銀の粘りを消しています。
ここで青嶋五段は投了し、中村太六段が2度目の王座挑戦を決めました。
中村太六段三度目のタイトル挑戦です。

第65期王座戦五番勝負は9月5日(火)宮城県仙台市「仙台ロイヤルパークホテル」から始まります!