So-net無料ブログ作成
書評・映画評(DVD含) ブログトップ
前の10件 | -

【書評】杉森久英『滝田樗陰~ある編集者の生涯~』 [書評・映画評(DVD含)]

明治後半~大正時代に活躍した大編集者の太く短い生涯です。


滝田樗陰―ある編集者の生涯 (1966年) (中公新書)

滝田樗陰―ある編集者の生涯 (1966年) (中公新書)

  • 作者: 杉森 久英
  • 出版社/メーカー: 中央公論社
  • 発売日: 1966
  • メディア: 新書



中央公論は本願寺系の宗教雑誌でした。
発行撫部数は1000部で、うち300部が寄贈、実売は300部という弱小雑誌を、滝田樗陰が4万部にまで伸ばしました。
この驚異的な進捗の原動力となったのが、小説です。
滝田は押しの強さで次々と有力作家の原稿をものにして、中央公論を総合雑誌の勇に押し上げていきます。
当時の文壇は、雅な修辞を駆使した美文調から、自然体の文章への転換期にありました。
自然体の小説を掲載しながら、滝田自身は美文調を好むなので、趣味と編集を分けて考えることのできる柔軟性がありました。
ただ、編集歴が長くなるとともに、やや時代遅れとなり、売り上げも下がり始めます。
そのような時期に滝田はその生涯を閉じました。わずか43歳です。最も良い時期に死んだのかもしれません。
著者は、滝田の後輩にあたり、滝田のことを良く知る人物が存命でした。
明治時代の文壇の様子や、明治後半から大正時代の雰囲気を肌で感じられる内容だと思います。

明治後半~大正時代をより知りたいひとのために!

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

【書評】小山文雄『明治の異才 福地桜痴~忘れられた大記者~』 [書評・映画評(DVD含)]

福澤諭吉と並んで「天下の双福」と称された大記者の評伝です。


明治の異才 福地桜痴―忘れられた大記者 (中公新書 (743))

明治の異才 福地桜痴―忘れられた大記者 (中公新書 (743))

  • 作者: 小山 文雄
  • 出版社/メーカー: 中央公論社
  • 発売日: 1984/10
  • メディア: 新書



福地桜痴の人気絶頂は明治一桁から14年です。
幕臣から新政府に入り、欧州、アメリカへ計3回旅立ちます。
その後新政府を辞任し、新政府を攻撃する新聞社を設立、発禁処分。
東京日日新聞(現毎日新聞)に入社し、主筆として活躍、のちに社長。西南戦争の戦争報道で一躍有名となります。
その後、開拓使官有物払下げ事件を契機とする自由民権運動の高まりの中、運動の中心人物のひとりと目されますが、明治14年の政変前後に10日前後だけ日和のような記事を続けただけで人気が地に落ちてしまいます。
後年は半ば忘れ去れたひととして、小説、歌舞伎の脚本などを書き続けて世を去ります。
福地桜痴の年譜を見ると、本当に様々なことがあった時代だと思います。
日米和親条約から日露戦争終結後のポーツマツ条約まで、わずか66年の人生で見届けたことになります。
本書は福地桜痴の評伝であるとともに、良質の幕末史にもなっています。
当時の雰囲気を良く伝える佳著だと思います。

幕末~明治維新が好きなひとのために!

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

【書評】川村卓『決定版 ピッチングの科学』 [書評・映画評(DVD含)]

ピッチングを科学的に分析した本です。


決定版 ピッチングの科学

決定版 ピッチングの科学

  • 作者: 川村 卓
  • 出版社/メーカー: 洋泉社
  • 発売日: 2016/05/07
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



『決定版 バッティングの科学』と対になる本です。
球速を上げるための体の使い方、遅くとも打たれにくいボールとは、などを写真を交えながら科学的に解説していきます。
通常のピッチング読本だと、著者の経験が強く反映されるため、あるひとつの投げ方しか説明されません。
しかし、本書は科学的に解説するだけなので、応用範囲が広く、引き出しを増やしてくれます。
選手より、指導者に読んで欲しい本だと思います。

ピッチングをより深く知りたいひとのために!

nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:

【書評】高校野球ドットコム『野球ノートに書いた甲子園』 [書評・映画評(DVD含)]

甲子園の良さを掻き立ててくれる本です。


野球ノートに書いた甲子園

野球ノートに書いた甲子園

  • 作者: 高校野球ドットコム編集部
  • 出版社/メーカー: ベストセラーズ
  • 発売日: 2013/08/21
  • メディア: 単行本



自らを見つめなおすために、選手たちにノートを書かせる指導者がいます。
そのノートを中心にしながら、選手たちや監督が、甲子園を目指してどのような練習をしたのか、どのように考えていたのをつづっていきます。
とくに最初の選手が泣けます。
必死に練習し、嫌われ者を買って出てもチームを鼓舞しますが、県大会の決勝で負けてしまいます。
しかも1点差で迎えた最終回、ツーアウトランナー三塁で彼に打席が回ってきて、最後の打者となります。
筋書きのないドラマだと思います。

高校野球ファンのために!

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

【書評】長谷川煕・永栄潔『こんな朝日新聞に誰がした?』 [書評・映画評(DVD含)]

朝日新聞OBによる対談等を集めた本です。


こんな朝日新聞に誰がした? (WAC BUNKO 241)

こんな朝日新聞に誰がした? (WAC BUNKO 241)

  • 作者: 長谷川熙・永栄潔
  • 出版社/メーカー: ワック
  • 発売日: 2016/12/19
  • メディア: 新書



基本的にオピニオン誌に掲載した対談を再編集した本です。
テーマの中心に朝日新聞が座っていることは一貫していますが、朝日新聞のどこを問題視しているかについては、章毎に分かれています。
全体的な印象ですが、「事実」より「報道する側が信じる真実」を優先してしまうと、ゆがんでしまうのかなあと。
朝日新聞を始めとするオールドメディアだけに限った問題ではありませんが。

報道について様々な見方をしたいひとのために!

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:

【書評】永栄潔『ブンヤ暮らし三十六年~回想の朝日新聞~』 [書評・映画評(DVD含)]

朝日新聞に記者として三十六年間勤めた筆者の回想録です。


ブンヤ暮らし三十六年: 回想の朝日新聞

ブンヤ暮らし三十六年: 回想の朝日新聞

  • 作者: 永栄 潔
  • 出版社/メーカー: 草思社
  • 発売日: 2015/03/28
  • メディア: 単行本



著者は1971年に入社し、2007年に定年退職しました。
その間に、様々な事件に出会い、取材を重ね、多くの人々と会ってきました。
そうした経験を、随想のようにまとめています。
本書は基本的にエッセーです。
数多くの断片に分かれていて、ひとつのテーマに対し、短く思い出を語ります。有名人の思わぬ一面が見えたり、持ち帰った記事に対する自由闊達な社内の雰囲気を感じることもできます。
記者活動の様子を知ることができます。

古きよき時代の朝日新聞を知りたいひとのために!

nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:

【書評】林完次『星ごよみ~星座と宇宙の観察図鑑~』 [書評・映画評(DVD含)]

夜空の写真がたくさんです。


星ごよみ―星座と宇宙の観察図鑑

星ごよみ―星座と宇宙の観察図鑑

  • 作者: 林 完次
  • 出版社/メーカー: 山川出版社
  • 発売日: 2014/05/01
  • メディア: 単行本



星座のガイドブックのような本です。
季節の星座の紹介とともに、実際の星空に線が引いてあるので、イメージしやすいです。
星座にまつわる話も、簡潔に書かれています。
ただ、星を繋ぐ線を見て、星座が描いている姿を思い浮かべるのはちょっと難しいかもしれません。

星空を見上げたいひとに向けて!
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:

【書評】駒井仁南子『星空がもっと好きになる~ガールズ・スターウォッチング・ブック~』 [書評・映画評(DVD含)]

女子目線で書かれた星座の本です。


星空がもっと好きになる: ガールズ・スターウォッチング・ブック

星空がもっと好きになる: ガールズ・スターウォッチング・ブック

  • 作者: 駒井 仁南子
  • 出版社/メーカー: 誠文堂新光社
  • 発売日: 2011/10/13
  • メディア: 単行本



エッセイのような本です。夜空の写真はありますが本文とはあまり関連がなく、イラストでの紹介がメインです。
けど、このイラストが見やすくて、むしろ写真より星座を探しやすいかもしれません。
後半には天体望遠鏡とカメラについての知識も簡潔にまとめられており、ISO感度とは何か、絞りとは何か、それらの設定をどのようなときにどう変更するのか、ということも書いてあり、大変参考になります。
女子目線だけに、かゆいところに手が届くといいますか。

星空を散歩したいひとのために!

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

【書評】鳥越規央『9回裏無死1塁でバントはするな』 [書評・映画評(DVD含)]

セイバーメトリクスを紹介する本です。


9回裏無死1塁でバントはするな(祥伝社新書234)

9回裏無死1塁でバントはするな(祥伝社新書234)

  • 作者: 鳥越 規央
  • 出版社/メーカー: 祥伝社
  • 発売日: 2011/03/01
  • メディア: 新書



セイバーメトリクスとは、野球を統計学を駆使して分析しようとする試みです。
例えば、統計的に分析すると、バント戦術は意味がないところか相手を利する行為ということが証明されています。
(とはいえ、あくまで平均であり、バッター等の条件で変わってくるとは想いますが)
また、ボールカウント別の打率を見ると、0-3が最も打率が高いので、スリーボールから見逃すのは不利とも書かれています。
(ただし、1-3も高打率なので、1球見て四球を狙った方が出塁率は高くなりそうですが)
この本で知ることができるのは、セイバーメトリクスの考え方と、現在進行形で研究中のさわりの部分です。
ですので、入り口としてぴったりだと思います。

野球を統計的な観点で見たいひとへ!

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:

【書評】山崎幹夫『薬の話』 [書評・映画評(DVD含)]

様々な薬の発見の物語です。


薬の話 (中公新書)

薬の話 (中公新書)

  • 作者: 山崎 幹夫
  • 出版社/メーカー: 中央公論社
  • 発売日: 1991/11
  • メディア: 新書



本書の構成は、まず罹患した有名人が登場し、次に薬発見まで物語が続きます。
ペニシリンやステロイドといった有名薬から、狭心症、血圧降下薬まで多種多様な薬品が紹介されています。
どれもこれも面白いのですが、個人的には古い薬の成分についての話が面白いです。
夏目漱石が飲んでいたタカジアスターゼや、太宰治が飲んで自殺しようとしたカルモチンなどです。

薬発見までの秘話を知りたいひとのために!

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の10件 | - 書評・映画評(DVD含) ブログトップ