So-net無料ブログ作成
メルマガの紹介 ブログトップ

『一田和樹メールマガジン』 [メルマガの紹介]

昨日に引き続いてメルマガの紹介です。

『檻の中の少女』が絶賛発売中のミステリー作家、一田和樹さんのメルマガです!


檻の中の少女

檻の中の少女

  • 作者: 一田和樹
  • 出版社/メーカー: 原書房
  • 発売日: 2011/04/22
  • メディア: 単行本




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 メルマガ:『一田和樹メールマガジン』
 (発行者:一田和樹(ミステリー作家))

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

サイト(登録も同じページから!)
http://www.ichida-kazuki.com/

vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv

『主婦と創作』さんとはうってかわり、『一田和樹メールマガジン』さんは今年の4・16に配信を始めたばかりの新規メルマガです。
 一田先生は多彩な経歴をお持ちです。1982年にコンピューターならびにネットワークサービルに関する会社に就職し、その8年後にはなんと自らコンサルタント会社を設立します。
 その後、インターネットコンテンツ専門会社を買収し、サイバーセキュリティ情報サービス、マーケッティング情報サービスの提供を始めます。
 会社が十分に育ったとところで同社を売却し、いまは職歴で培ってきた技術を生かして専業作家活動に入られました。
 デビューしたばかりの新人ミステリ作家とはいえ、背骨となる背景が分厚く、今後人気作家になることは間違いなしです。

 また、一田先生はミステリだけでなく、1000本を超えるツィッター小説の書き手です。その作品は随時、電子書籍パブーで公開され、溢れる創作意欲そのままに、増殖を続けています。いずれの作品も検索すると上位ランキングされる人気作です。
http://p.booklog.jp/users/yosen
 
 このような将来有望な作家のメルマガを、創刊して間も無くの時期から読める機会はまずありません。内容はというと、一田先生の近況だけでなく、選りすぐりのtwitter小説、コバルト短編文学賞受賞作「午睡の森」の続編の連載など、これで人気がでなければウソだというばかりの濃さです。
 応援する作家が大きくなっていく楽しみを、みんなで共有しましょう!


vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv

もし、オススメのメルマガがありましたら、ぜひとも教えて下さい!
小さな個人ブログですが、力の限り、どんどん紹介していきたいと思います!


『主婦と創作』 [メルマガの紹介]

 世の中には多種多様なメルマガが氾濫しています。創作系のメルマガに登録したい!と思っても、では、どのメルマガに登録したらいいのか分からない。変なメルマガに登録したせいで個人情報が流出し、怪しいメールが殺到してしまうのではないか……etc
 そのような悩みにお答えするために、ぼくがメルマガ漁りをしてきました。

 ということで、今日は老舗メルマガの紹介です。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 メルマガ:『主婦と創作』
 (発行者:銀凰恵(神光寺かをり))

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

サイト(登録解除も同じページから!)
http://mm.9no1.gozaru.jp/

バックナンバーはこちらから!
http://ohimesamaclub.seesaa.net/

vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv

 『主婦と創作』さんは、気軽に投稿でき、気軽に読めることをコンセプトに活動されているメルマガ形式の文芸同人誌です。文芸同人誌ですが、購読だけの参加も自由です。メルマガを購読されている購読会員は1200人を超え、通算発行回数も400号以上という老舗でもあります。
 掲載されている作品を見ましても、ツィッター小説から、実録物、歴史小説ととにかく幅が広いです。しかも、小説だけでなく、エッセ・コラム・詩・和歌・狂歌・川柳・俳句等も募集していて、自作オリジナル作品ならなんでもござれの懐の広さも、『主婦と創作』の魅力です。ちなみにタイトルに“主婦”とありますが、もちろん主婦限定ではなく、作品を投稿される創作会員、購読だけの購読会員ともに幅広く募集されています。
 連載物もメルマガに合わせた適度な長さで、次・次、とさらに先が読みたくなる読者心をくすぐります。長年発行されているだけあって、手馴れた編集も魅力的です。

 もちろん登録は無料です。作品を投稿したい方も、作品を読みたい方も、絶対に損はしませんので、ぜひとも登録してください!


vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv

もし、オススメのメルマガがありましたら、ぜひとも教えて下さい!
小さな個人ブログですが、力の限り、どんどん紹介していきたいと思います!

メルマガの紹介 ブログトップ