So-net無料ブログ作成

第3期叡王戦第1局(金井恒太六段VS高見泰地六段) [将棋]

34年振りの新タイトル戦です。

【中継サイト】
http://live.shogi.or.jp/eiou/

いままでのタイトル戦は全て新聞社が主催していました。
新聞社はタイトル戦を主催する代わりに棋戦の独占掲載権を獲得し、その将棋欄が読者を呼び込むという時代がありました。
いまは文化後援の面が強いとは思いますが、将棋界は新聞社に支えられてきました。
叡王戦の主催社はドワンゴであり、インターネット動画配信事業を行っています。
インターネット配信と将棋との親和性は強く、対局が長時間であることや、時間を気にせずに放送できるため、電王戦は大きな話題となりました。
新たなるスポンサーを発掘すべく、本棋戦は将棋界が次のステージに進むための、第一歩だと思います。

【棋譜】
http://live.shogi.or.jp/eiou/kifu/3/eiou201804140101.html

ということで、将棋です。
金井六段の先手で、横歩取りとなりました。
序盤は先手ペースだった模様です。
桂馬を成り捨てて飛車を成り込み攻撃の基点を作ります。
後手高見六段は序盤に打った8五歩が重く、攻めが届きません。
優位だった金井六段は、一気に攻めあうべく、夕食休憩空けに2三歩成りと踏み込みます。
ところが攻め合ってみると後手が早く、金井六段はピンチに陥ります。また、途中の後手玉の早逃げも実戦的な好手でした。
高見六段の寄せも的確で、最後は王手龍を決められて金井六段は投了しました。
金井六段としたら悔しい敗戦だと思います。

第2局は4月28日に福岡県宗像市「宗像大社」で行われます!
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

第76期名人戦第1局(佐藤天彦名人VS羽生善治竜王) [将棋]

羽生竜王が2年ぶりに名人戦の舞台に帰ってきました。

【中継サイト】
http://www.meijinsen.jp/

賞金額でいえば竜王戦が一番ですが、伝統と格式という意味では、棋界の頂点に名人戦が燦然と輝いています。
「竜王」と聞いても将棋ファン以外にはピンときませんが、「名人」という称号には誰にでもその地位を理解できる普遍性があります。
また、棋士の生活にも名人戦は直結しており、名人戦挑戦者を争う順位戦のランクによって、対局料の基本額が異なります。また、順位戦の成績が悪くなれば、強制的に引退となります。
名人戦は、タイトル挑戦以外の場所でも、様々なドラマを生み出してきました。
佐藤天彦名人はファッション雑誌を初めとする様々なメディアに取り上げられていますが、「名人」以外のタイトルだったら、これだけ取材が殺到することは無かった可能性が高いです。
それだけ「名人」の称号には世間一般に特別な意味合いがあります。
将棋ファン以外にもアピールするには、やはり「名人」が一番だと思います。
名人戦の初戦の舞台はホテル椿山荘が定番です。
さあ、今年の名人戦はどのようなドラマが待っているでしょうか!

【棋譜】
https://www.youtube.com/watch?v=yLTiGC7iyfw

先手羽生竜王で始まった将棋ですが、横歩取りとなりました。
後手佐藤名人の躍進の原動力といえば後手番横歩取りです。
名人戦の大舞台に、しかも第1局に、しかも先手番で相手の得意戦法に突っ込むあたりが、まさに羽生善治です。
しかもいきなり飛車を成り込む乱戦を挑み、一日目から波乱急を告げます。
一手が重い勝負となります。
勝負の分かれ道は、47手目からの数手です。
羽生竜王が玉の早逃げをしたところ、4九馬切りからの決め手が見えます。
これに佐藤名人が1時間37分の考慮で切り込みますが、羽生竜王がぎりぎりで交わし、ここで逆転模様となります。
実際にはまだまだ難しいように見えるのですが、終盤に羽生竜王に5一金のただ捨て、さらに9八玉の早逃げと好手の出る将棋となります。
これで羽生竜王は名人復位に向けた幸先の良い1勝をあげるとともに、通算1400勝を達成しました。
第2局は4月19、20日に石川県小松市「北陸あわづ温泉 辻のや花乃庄」で行われます!

nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

第11期マイナビ女子オープン第1局(加藤桃子女王VS西山朋佳奨励会三段) [将棋]

西山奨励会三段が初タイトルを狙います。

【中継サイト】
https://book.mynavi.jp/shogi/mynavi-open/

両者とも奨励会員ですが、西山が格上です。加藤は奨励会初段ですが、西山は奨励会三段リーグで戦っています。
しかし、女流棋戦になると加藤女王が圧倒的です。
マイナビ女子オープンでも現在4連覇中で、今期防衛すれば本気戦における初代永世称号を得ることができます。
また、加藤女王は女流王座も4期獲得しており、すでにタイトル8期です。
この経験が大きいのか、西山奨励会三段の初タイトル戦である2014年女流王座戦では、加藤女流王座(当時)が3連勝しています。
なお、両者の女流棋戦での対戦はこのタイトル戦のみです。
しかし、普通に考えれば、西山奨励会三段が格上になるはずです。
さあ、西山奨励会三段は、初タイトルを獲得することができるでしょうか!

【棋譜】
https://book.mynavi.jp/shogi/mynavi-open/result/11/mynavi201804100101.html

ということで、将棋です。
先手西山奨励会三段のノーマル四間飛車に、後手加藤女王は昔懐かしの天守閣美濃で対抗します。
お互いにじっくり囲いあってから先手から仕掛けますが、やや無理気味で、後手が銀得という大きな成果を挙げます。
不利を自覚した西山奨励会三段は、端から手を付け、激しく迫ります。
こうした勝負術で、何度も逆転してきました。
先手の豪腕が見られるかと思いましたが、百戦錬磨の加藤女王は冷静でした。
最後はきっちりと先手玉を即詰みに討ち取り、まずは完勝といっていい内容だと思います。
西山奨励会三段はやや自爆したような印象です。

五番勝負第2局は、今月25日(水)に山梨県甲府市「常磐ホテル」で行われます!
nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

第43期棋王戦第5局(渡辺棋王VS永瀬拓矢七段) [将棋]

いよいよ最終決戦です。

【棋王戦中継サイト】
http://live.shogi.or.jp/kiou/

渡辺明は将棋エリートの道を歩み続けてきました。
羽生善治に続く史上4人目の中学生棋士となり、19歳でタイトル初挑戦、20歳で竜王位獲得以来、一度も無冠に落ちたことがありません。
初代永世竜王となり、続いて永世称号が非常に難しい永世棋王も獲得します。
その渡辺明が、今期は勝率5割を切り、竜王位を失陥し、A級からも陥落してしまいました。
これは異常事態です。
さあ渡辺棋王は虎の子のタイトルを維持して、無冠転落を免れることができるでしょうか!

【棋譜】
http://live.shogi.or.jp/kiou/kifu/43/kiou201803300101.html

ということで、将棋です。
渡辺棋王が先手を引き当てると、相掛かりとなります。
先手は棒銀を見せてから銀をバックさせ、右玉に囲います。
後手はじっくりと囲う方針でしたが、金銀が偏った隙を突いた渡辺棋王の7四歩が好手でした。
歩成りを防ぐために持ち角を手放すようでは苦しいです。
そこからは渡辺棋王は確実に手を進めて、109手まで今期の不調を吹き飛ばすような快勝譜となりました。

渡辺棋王はこれでタイトル20期に乗せました。
防衛おめでとうございます!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

第76期A級順位戦プレーオフ5回戦(羽生善治竜王VS稲葉陽八段) [将棋]

6名プレーオフもついに決着です。

【中継サイト】
http://member.meijinsen.jp/pay/index.html

プレーオフは過去多数行われていますが、有名なのは1992年でしょうか。
大山康晴十五世名人が順位戦最終局で絶頂期にあった谷川浩司に勝利し、4名が同星で並びました。
このときは3番手の高橋道雄九段が挑戦権を獲得しました。
2015年も4名プレーオフになりましたが、このときは1番手の行方尚史八段が挑戦権を獲得しています。
プレーオフはその制度上、最後に登場する棋士が有利なのは当然ですが、意外と1番手が苦戦していように見えます。
勢い、というのも重要なのかもしれません。
豊島将之七段の勢いを止めた羽生竜王ですが、疲労も心配です。
さあ、史上初6名プレーオフの結末はどうなるでしょうか!

【棋譜】
http://member.meijinsen.jp/pay/kif/meijinsen/2018/03/21/A1/10031.html

ということで、将棋です。
棋王戦第4局と同じく相掛かりとなります。大舞台で連採されたこともあり、これから流行するかもしれません。
後手羽生竜王は8五飛車と中段に引いて積極防御を見せますが、途中の7四歩がやや危険でした。
先手稲葉八段の攻めを誘発し、羽生竜王は防戦一方になります。
流れが変わったのは、60手目の5四角からの数手です。
稲葉八段は4五金と打って押さえつけにかかりますが、そこでひらりと6五角と交わしたのが妙手でした。
以降、後手陣は収拾のつかない形になり、羽生竜王が激辛流に徹底したこともあり、差が開く一方です。
後手の駒損が拡大していくなかで、稲葉八段は心が折れたかのように駒を投じました。

これで史上初の6名プレーオフは終幕し、佐藤天名人への挑戦者は羽生竜王に決まりました。
タイトル100期にリーチです。
七番勝負は4月11、12日(水、木)に、東京都文京区「ホテル椿山荘東京」で開幕します!
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

第43期棋王戦第4局(渡辺明棋王VS永瀬拓矢七段) [将棋]

渡辺棋王の2勝1敗で迎えた第4局です。

【中継サイト】
http://live.shogi.or.jp/kiou/

今期の渡辺棋王は後手番で苦しんでいます。
23戦7勝で、勝率は辛うじて3割を上回っている程度です。
先後合計しても4割4分ですから今期は本当に悪いのですが、それでも後手番は悪すぎます。
竜王戦でも後手番で1勝2敗と負け越し、順位戦でも最終戦後手番で負けて降級の憂き目に会いました。
棋王戦も勝ち越しているとはいえ、後手番で敗れて先手番をキープした結果です。
後手番で負けてしまうと、防衛は最終局の振り駒にかかってくる事態にもなりかねません。
まだ勝ち越してるといっても、余裕はないと思います。
苦しむ渡辺棋王ですが、後手番を制して防衛を果たすことができるでしょうか!

【棋譜】
http://live.shogi.or.jp/kiou/kifu/43/kiou201803200101.html

ということで将棋です。
本シリーズ初の相掛かりとなりました。最近は飛車先の歩の交換を後回しにするのが流行で、本局でもお互いに様子見の展開となります。
序盤の駒組みから先攻したのは先手永瀬七段です。
歩を駆使した攻めが厳しく、先手が駒得の上に玉形も安定とかなり優勢になります。
渡辺棋王も反撃に転じますが、永瀬八段が確実に優勢を拡大します。
ところが時間切迫のなか、打った135手目の4九歩が疑問でした。決め手が見つからず一旦受けに回ったのですが、そこから一気に混戦となります。
解析で見ると、152手目の1四玉が渡辺棋王の敗着となったようです。
入玉含みの中段玉で凌ごうとしますが、4八角と引かれると詰めろ龍取りです。
以降は確実に永瀬七段が渡辺玉を追い詰めて、二転三転した161手の熱戦を制しました。

次局はいよいよ決着局です。
第5局は3月30日(金)、東京・将棋会館で行われます!
nice!(3)  コメント(0) 

第67回NHK杯決勝(山崎隆之八段VS稲葉陽八段) [将棋]

山崎八段は13年ぶり、2度目の優勝を目指します。

【中継サイト】
http://cgi2.nhk.or.jp/goshogi/shogitou/

最近の山崎八段はB級1組の番人となっていますが、第1期叡王戦優勝などトーナメント棋戦で過去7回優勝、タイトル挑戦1回の堂々たる一流棋士です。
独特の序盤に定評があり、その感覚は他の棋士の追随を許しません。力戦派と言って良いと思います。
稲葉陽八段は正統派の居飛車党です。
A級1年目に名人に挑戦し、今年もプレーオフに進出して2年連続挑戦を狙います。
お互いに居飛車党ですが、棋風はかなり異なります。
この異なる戦いの結果は、どうなるでしょうか!

【棋譜】
http://cgi2.nhk.or.jp/goshogi/kifu/sgs.cgi?d=20180318

先手山崎八段で横歩取りとなりました。
横歩取りらしい飛車角が乱舞する空中戦となりましたが、53手目から70手目にかけての9筋、8筋での攻防で後手の金がそっぽに行き、先手が優勢になりました。
力戦派らしい力強いねじりあいだと思います。
最終盤で後手も5二金から7三角と、駒損をしないように受け、逆転を狙います。
特に最後の7三角は竜当たりで、竜が逃げれば反撃の手が回り逆転に繋がります。
しかし、山崎八段は竜をばっさり切り、4四歩が決め手です。
稲葉八段の最後のお願いも冷静に避け切り、山崎八段がNHK杯2度目の優勝を飾りました。
これで棋戦優勝8回目です。素晴らしい実績だと思います。

山崎八段おめでとうございます!
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

第76期A級順位戦プレーオフ4回戦(羽生善治VS豊島将之八段) [将棋]

豊島八段の快進撃が続きます。

【中継サイト】
http://member.meijinsen.jp/pay/index.html

羽生竜王と豊島八段の通算成績は、まだ羽生竜王が勝ち越しています。
しかし、お互いの力関係は2015年前後の逆転したのか、それまで羽生竜王が大きく勝ち越していたのに、そこから4連敗を喫し、早指しの銀河戦でようやくひとつ星を返しました。
豊島八段は、谷川浩司十七世名人から「名人を獲らなければならない棋士」と評されてきました。
現在の豊島八段は、レーティングで堂々たる1位であり、強豪とばかり対戦しているのにもかかわらず勝率7割を超えています。
これは豊島八段が頭ひとつ抜けた存在であることを示しています。
羽生竜王はここ1年でレーティングを落とし、思うような成績を残せていません。
しかし、ここ1番では強さを発揮し、竜王位獲得、永世七冠を達成したのは記憶に新しいところです。
さあ、将棋界注目の一番の結果はどうなったでしょうか!

【棋譜】
http://member.meijinsen.jp/pay/kif/meijinsen/2018/03/18/A1/10026.html

ということで、将棋です。
先手は豊島八段で、横歩取りとりなりました。
6八玉の勇気流から豊島八段は端攻めを絡めますが、後手羽生竜王の8八歩の手裏剣が絶妙なタイミングで入ります。
8筋を壁にしてから攻め合いです。
差がついたのは61手目です。
小考で3四歩と突き出し、その次に長考して3三歩と一直線の攻め合いに突入します。
しかし、8八歩が利いており、この時点で先手が勝てない流れになっているようです。
攻めるだけ攻めて、届かないことがはっきりした時点で豊島八段は投了しました。
豊島八段の春は終わりました。

勝利した羽生竜王は、名人挑戦をかけて、3月21日(祝)に稲葉陽八段と対戦です!
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

第76期順位戦【C級2組・最終戦】 [将棋]

悲喜交々が飛び交うクラスです。

【C級2組対戦表】
https://www.shogi.or.jp/match/junni/2017/76c2/index.html

早々に昇級を決めたのはスーパールーキーの藤井聡太五段。
来期も大いに期待できます。
2敗勢は7人並ぶ混戦。負ければ脱落のその結果はですが、上位2名の都成竜馬四段、増田康宏五段が勝ちきって昇級を決めました。
増田五段は自玉に詰みがあったのに、1分将棋の中、相手が諦めて投了してしまったという幸運もありました。
運も実力のうちとは、このことかもしれません。
降級点がつくのは下位10名。
フリークラスから脱出した島本亮五段がまたもや降級点です。実力で全てが決まる厳しい世界です。
ギタ慎こそ佐藤慎一五段も、元祖サトシンこと佐藤紳哉七段がそろって降級点。若手の井出隼平四段、星野良生四段も降級点です。
岡崎洋六段は無念のフリークラス行き。3年前は昇級を争ったこともあるのですが。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

第67期王将戦第6局(久保利明王将VS豊島将之八段) [将棋]

久保王将の3勝2敗で迎えた第6局です。

【中継サイト】
http://mainichi.jp/oshosen/

羽生世代の陰に隠れて久保王将は目立っていませんが、すでにタイトル6期の大棋士です。
歴代順位としては13位で郷田真隆九段と並んでいますが、王将を防衛すれば7期となり升田幸三と並ぶ歴代11位タイとなります。
さらにもうひとつ増やせば、9位タイとなり、加藤一二三、木村義雄と並びます。
現代はタイトル数が増えて有利な時代ではありますが、歴代トップ10入りを果たせば将棋史に大きな足跡を残したといっても過言ではありません。
歴史はさておき、まずは目の前の一勝です。
久保王将はタイトルを防衛し、歴代11位に躍り出ることができるでしょうか!

【棋譜】
http://mainichi.jp/oshosen-kifu/180314.html

ということで将棋です。
序盤はお互いに意地の張り合いとなりました。
先手は手損をしても居飛車に誘導し、それでも後手は飛車を振りました。
後手の久保王将は先手に馬を作らせますが、飛車の働きで勝ります。
玉形も先手が固いので、人間的には先手優位に思いますが、コンピューターは互角評価としているのが面白いところです。
この二人の将棋は面白いです。
その後、久保棋王は手得を活かして先手の飛車を押さえ込み、戦いながら離れていた金を囲いに付けます。
戦い巧者であるベテランの味わいです。
久保棋王優勢の終盤になりますが、久保王将の勢いは落ちません。
106手目に取られな桂馬を歩頭にはねだしたのが決め手で、120手まで久保王将が勝利しました。
これで4勝2敗で防衛を決め、通算4期目の王将位獲得となりました。タイトル通算7期で歴代11位です。
久保王将おめでとうございます!
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー