So-net無料ブログ作成
検索選択

第42期棋王戦第2局(渡辺明棋王VS千田翔太六段) [将棋]

千田翔太六段の先勝で迎えた第2局です。

【中継サイト】
http://live.shogi.or.jp/kiou/

永世称号は通常だと「通算○期 又は 連続○期」若しくは「通算○期」で獲得です。
名人戦だと「通算5期」、竜王戦だと「通算7期 又は 連続5期」です。
ところが、棋王戦だけは「連続5期」のみで、通算では獲得できません。4期で陥落すると、また1からのスタートです。
そういう意味で、非常に条件が厳しいです。
この厳しい条件をクリアーしたのが、羽生善治ただ1人です。連続12期という金字塔を打ち立てました。
あと一歩だったのが米長邦雄で、連続4期で失陥。次に連続3期の久保利明が続きます。
渡辺棋王はここまで郷田真隆、三浦弘行、羽生善治、佐藤天彦と蒼々たるメンバーを破ってきました。
今期の挑戦者は千田翔太です。
実績は段違いですが、勢いに乗っているだけに侮れません。
さあ、渡辺棋王が連続4期の貫禄を見せることができるでしょうか!

【棋譜】
http://live.shogi.or.jp/kiou/kifu/42/kiou201702180101.html

ということで、将棋です。
先手は渡辺棋王で、序盤の駆け引きはあったものの矢倉脇システムに進みます。
そこからは矢倉らしい力のこもった攻防が続きます。
千田六段が先に馬を作れば、渡辺棋王は飛車を逃げながら端に戦力を集中します。
馬で飛車をもぎ取った千田六段が駒得になりそうなぎりぎりのところで、渡辺棋王は小駒を捌いて局面のバランスを取ります。
しかし、93手めの7七歩が急所の叩きで、挑戦者が2勝目をぐっと引き寄せます。
そこからの7三桂が遊び駒を活用する気持ちのよい手のように見えて、この手を境に混戦模様になります。そして、次の2三金と守るようになっては完全に変調で、1二歩と反撃されてからは渡辺棋王ペースです。
有利になってからわずか6手の急転直下です。
感想戦では、叩きをいれずに単に7三桂が良かったようです。

渡辺棋王は冷静に後手の攻めを見切ると、敵玉目指して一気に襲い掛かります。131手まで、対戦成績をタイにもどす1勝を逆転でもぎ取りました。
第3局は3月5日(日)、新潟県新潟市「新潟グランドホテル」で行われます!

第66期王将戦第4局(郷田真隆王将VS久保利明九段) [将棋]

久保九段の3連勝で迎えた第4局です。

【中継サイト】
http://mainichi.jp/oshosen/

王将戦には「差し込み制」があります。
創設当時は3勝差がついた時点で勝負は決着し、以降は香落ち・平手戦を交互に差し、必ず第7局まで指すことになっていました。
その後、第9期からは4番手直りで香落ち戦を1局だけ指すこととなり、第15期からはどちらかが4勝した時点で終了となったので、香落ち戦は無くなりました。
しかし、記録上は差し込みが残っています。
直近では2005年に羽生善治が森内俊之に4連勝して、差し込みを記録しています。
その前は2003年、2000年に羽生善治が佐藤康光に対して、1997年はまたしても羽生善治が谷川浩司相手に差し込みを達成しています。
この1997年の王将戦は、かの有名な、羽生善治7冠達成のシリーズです。
意外なところでは、1989年に南芳一が島朗に対して差し込みを達成しています。
さあ、郷田王将は差し込みのピンチですが、切り抜けられることができるでしょうか!

【棋譜】
http://mainichi.jp/oshosen-kifu/170213.html

ということで、将棋です。
先手久保九段は生粋の振り飛車党なので、とうぜんのように飛車を振ります。
ゴキゲン中飛車から早々に5四歩と仕掛け、飛車の退路を絶たれますが、ガンガンに攻めていきます。
郷田王将も正面からぶつかり、駒損になり、と金も捨てて、スピード重視で先手玉に迫ります。
久保九段の攻めは確実ですが若干重く、途中から郷田王将が攻めきるか久保九段が受けきるかの勝負となります。
しかし、郷田王将は久保九段の飛車をボロっと取り、根性の粘りを見せる久保九段の玉を上下から挟み込むようにして追い詰めます。
そして100手目で久保九段を投了に追いこみ、嬉しい1勝を返しました。
第5局は3月1日(水)から2日(木)にかけて、新潟県佐渡市の「佐渡グリーンホテルきらく」で行われます!

第10回朝日杯将棋オープン戦決勝 [将棋]

準決勝に残った4人のうち、だれが戴冠しても初優勝です。

【主催者HP+棋譜】
http://www.asahi.com/shougi/asahicup_live/special/

賞金額が公表されているのは一部の棋戦のみです。
その中で朝日杯の優勝賞金1000万円は破格であり、7代タイトルで朝日杯を上回っているのは竜王戦と名人戦くらいです(噂によると、王位戦がほぼ同額のようです)。
昨年度の年間獲得賞金を見ても、10位の深浦康市九段が1849万ですから、優勝すると半額以上を稼ぐことができます。
例年だと20位がだいたい1000万強ですので、優勝すれば1棋戦で年間賞金額を獲得です。
これだけのニンジンがあれば、若手の目の色が変わらない方がおかしいです。
さて、1000万円はだれの手に渡るのでしょうか!

ということで、将棋です。

【準決勝① 村山慈明七段VS澤田真吾六段】
角換わりから先手村山七段が右桂をポンと跳ねて軽い感じの攻めが始まります。
そこから飛車角を切り飛ばして食いつき、小駒で飛車を取り返して優勢に。
途中で2四歩を効かせて後手の飛車にお帰り願ったところが上手い手筋で、あとは一方的に攻める展開となり、村山七段が押し切りました。

【準決勝② 広瀬章人八段VS八代弥五段】
横歩取りとなり、駒損必死の後手が攻めきれるかどうかという後手にとって忙しい局面となります。そこを凌ぎ、反撃に出た先手広瀬八段が中盤まで好調でした。
ところが、途中で1回自陣に手を入れたのが甘かったのか、八代五段のターンが回ってきて、以降は後手が押し切りました。
94手まで八代五段の勝利です。

【決勝 村山慈明七段VS八代弥五段】
まるで新人戦のような組み合わせです。
角換わりから後手は6四に角を放って専守防衛型。
端から戦いが始まり、途中からお互いに成り駒を作りあいゴタゴタとした乱戦となりますが、先手玉に近い場所で戦いが始まっただけに後手の攻めが早く、149手の熱戦の末に八代五段が勝利しました。

八代五段は棋戦初優勝で六段に昇段です。
おめでとうございます!

第42期棋王戦第1局(渡辺明棋王VS千田翔太六段) [将棋]

渡辺明棋王が防衛すれば史上2人目の永世棋王です。

【中継サイト】
http://live.shogi.or.jp/kiou/

昨年、将棋界を一番にぎわせた話題と言えば、三浦弘行九段の不正疑惑です。
各種報道によると、その告発人が渡辺明棋王であり、一緒になって疑惑を説明したのが千田翔太五段のようです。
ただ、千田五段はコンピューターを活用した棋力向上方法を模索する第一人者であり、コンピューター将棋そのものに精通しているわけではありません。
三浦九段の疑惑を協議する秘密会議のメンバーとしては力不足だったのかもしれません。
このような秘密会議に呼ぶのは、やはりその道のプロを呼ぶべきで、棋士側だと西尾明六段と勝又清和六段、コンピューター将棋側では山本一成氏ではないかと。
収集するメンバーの人選ミスから、すべてのかけ違いが始まったように思います。
日本将棋連盟の最大のミスは「疑わしきは罰せず」を貫けなかったことだと思います。
通常であれば、まず先行しているチェスの事例を調べます。傍証はあっても確信の得られない状況では、処分はできないという結論が導かれ、厳重な監視をつけた上で対局を進めるべきという妥当な結論に落ち着いたと思います。
週刊誌を必要以上に恐れたリスク管理の甘さを感じます。

将棋界は棋士たちが運営していますが、そろそろ限界がきているように思います。
今回の事件を真摯に受け止めて、組織改変を進めて欲しいと思います。


【棋譜】
http://live.shogi.or.jp/kiou/kifu/42/kiou201702050101.html

ということで、将棋です。
先手は千田翔太六段。変則的な初手が出ましたが、角換わりへと進みます。
と思いきや、腰掛銀にならず、渡辺棋王は玉を中央に配置して右へ左へと動かして右玉含みで陣形を構えます。
先手は角を早めに手放し、角のにらみで盤面を制圧しようとします。
戦いはお互いの玉から遠い9筋で始まりました。
直前で得した一歩で桂交換から馬をなりこみます、ここから渡辺棋王の反撃が始まります。
後手8四桂をどう受けるかですが、7七金が疑問手だったようです。ここで評価値が先手有利から一気に後手有利に触れました。プラス200点からマイナス300点の急降下です。
その後は評価値的には渡辺棋王優勢から勝勢で進みますが、ひとつ間違えたら逆転するような薄い勝勢です。
勝負を分けたのは、138~140手目でした。
渡辺棋王の8六角、5一玉がいままでの有利を吹き飛ばす悪手だったようで、一気に先手が逆転しました。
悪いなりに逆転の目を残し続けた千田六段の勝負術が光りました。

千田六段は初タイトルに向けて幸先の良い1勝をあげました。
第2局は2月18日に金沢市「北國新聞会館」で行われます!

第43期岡田美術館杯女流名人戦第4局(里見香奈女流名人VS上田初美女流三段) [将棋]

里見香女流名人の1勝2敗で迎えた第4局です。

【中継サイト】
http://live.shogi.or.jp/joryumeijin/

注目される将棋といえばやはりタイトル戦であり、特にタイトルが決着する可能性のある対局はさらに注目度が増します。
本局も上田女流三段が勝てば、里見香女流名人相手にタイトルを奪取するという将棋界にとって大きなニュースになります。
しかし、同日に棋王戦第1局が組まれており、ニュースバリューとしては分散されてしまうわけで、なんかもったいないという気がしてならないです。
女流名人戦、棋王戦以外にも王将戦も平行して開催されているので、対局日が重なってしまうのはやむを得ないのですが、将棋界をエンターテイメント産業として考えると、もう少しなんとかならないのかなあというのが実感です。
“指す将”を増やすこと同じぐらい“観る将“を増やすのが重要だと思いますので。

【棋譜】
http://live.shogi.or.jp/joryumeijin/kifu/43/joryumeijin201702050101.html

ということで、将棋です。
先手里見女流名人の石田流に、上田女流三段は第2局と同じく端歩を伸ばしました。
同じ作戦でお代わりといったところです。
さて、先手は後手の挑発に乗るかどうかですか、早々に手を変えて乱戦を防ぎました。
上田女流三段の研究を避けたのかのしれませんし、研究したけど有効な対策が見つからなったのかもしれません。
先に仕掛けたのは里見女流名人です。何もなさそうなところからはっとするような手で、ここから戦いが始まります。
後手の上田女流三段も上手く対応し、お互いに10手ほど指した局面はやや後手有利かと思いました。
しかし後手が駒をさばきに出た62手目あたりから混とんとします。
先手は綱渡りのような手順ですが、後手の7三金を置き去りにしたまま寄せ合いに持ち込むことに成功します。
さらに上田女流三段は懐の深さをいかすべく1三玉と早逃げしますが、逆に端責めを誘発してしまい、いっきに先手勝勢になります。
途中までは上田女流三段が良かったと思われただけに、もったいない将棋だったと思います。
これでいよいよ2勝2敗のタイとなりました。
最終第5局は、2月22日(水)、東京都渋谷区「将棋会館」で行われます!

第66期王将戦第3局(郷田真隆王将VS久保利明九段) [将棋]

久保九段の2連勝で迎えた第3局です。

【王将戦中継サイト】
http://mainichi.jp/oshosen/

王将戦は7大タイトル戦のうち歴史でいえば3番目ですが、タイトルの格付けとしては6番目です。
主催者はスポニチと毎日新聞ですが、毎日新聞は名人戦も朝日新聞と共催しているので、実質的にはスポニチと言えそうだし、スポニチは毎日新聞の子会社なので実質的には毎日とも言えそうです。
タイトルの格付けは契約金額で決まります。
何年か前に、「王将戦の予選開始が遅い。もしかしたら廃止になるのではないか」とネットが騒ぐ事件がありました。
王将戦の賞金額はかなり低いと噂されており(7番目の棋聖戦はもっと低い)、経営難からタイトル戦を手放すのではないかと心配されました。
いまのところ開催が続いているので、ほっとひと安心です。
スポンサーを引きつけるには、白熱した勝負が必要です。人間ドラマが必須です。
王将戦はここまで今期の調子の差が出ているような展開ですが、タイトル戦を盛り上げるためにも、郷田王将の反撃を期待したいです!

【棋譜】
http://mainichi.jp/oshosen-kifu/170201.html

ということで、将棋です。
戦形は角交換四間飛車となりました。
藤井猛九段が創設し、爆発的に広がった作戦ですが、最近は減少傾向にあるように思います。
交換した角をお互いに打ち合い、牽制します。
序盤早々千日手になる変化もありましたが、郷田王将が打開し、いよいよ戦いが始まります。
先手は3筋にいた銀を戦いながら中央に寄せていき、と金も作って好調のように見えます。
久保九段も離れていた金をぐいぐいと持ち上げ、敵陣に切り込むことができた時点で激戦になったと思います。
いよいよ終盤ですが、久保九段のただのところに打った歩が好手で、取らせることで角打ちを先手にし、一歩早く寄せに入ります。
ここで後手が逆転したようです。
その後は、切れ味鋭い久保九段の寄せが決まり、一気に後手が勝ちとなりました。
これで久保九段は3連勝で、王将復位まであと1勝となりました。
第4局は2月13日・14日(月・火)に岡山県小田郡矢掛町「矢掛屋」で行われます!

第43期岡田美術館杯女流名人戦第3局(里見香奈女流名人VS上田初美女流三段) [将棋]

上田女流三段の2連勝で迎えた第3局です。

【中継サイト】
http://live.shogi.or.jp/joryumeijin/

第三局が行われる関根十三世名人記念館も、女流名人戦ではおなじみの対局場です。竜王戦が開催されたこともあります。
野田市は関根十三世名人ゆかりの地ということもあり、盛んに将棋大会が開催されています。運営に当たっているスタッフの方々には頭の下がる思いです。
関根十三世名人ですが、若いころは武者修行として強豪を求めて全国を歩き回っていました。
対局が終わると、後日の勉強のために宿で棋譜を残していたのですが、ある日、泥棒にあい持ち物を奪われてしまいました。
その奪われた物の中に、関根十三世名人の若き日の棋譜も入っていたそうです。
たいそう悔しがったそうですが、貴重な棋譜は永久に失われてしまいました。
この棋譜が発見されたら大ニュースですが、いかんせん関根十三世名人がまだ無名だったころの話ですし、泥棒が棋譜の価値に気がつとはとうてい思えません。惜しいことだと思います。
ふっと、エピソードを紹介してみました。

【棋譜】
http://live.shogi.or.jp/joryumeijin/kifu/43/joryumeijin201701290101.html

ということで、将棋です。
後のない里見香女流名人が選んだのは、ゴキゲン中飛車でした。そこから銀対抗に進みます。
里見香名人はこの形を持って6勝1敗、上田女流三段は4勝1敗と、お互いに自信のある構えだと思います。
後手が伸ばした端歩を逆用しようと先手が銀で端歩をもぎ取った瞬間に、里見香女流名人が中央から動きます。
40手目の5六歩を上田女流三段は自然に同歩と取りますが、なんと、これが敗着となりました。
中央での駒交換から飛車を逃げずに5五銀と出て、さらに飛車を切って6六歩と叩き、見事に後手の攻めが繋がります。
最後は大差になりましがた、それでも緩むことなく、詰みのある局面でしっかりと詰ませます。
連敗中の里見香女流名人でしたが、持ち時間の半分近くを残す快勝で、がけっぷちで踏みとどまりました。

第4局は2月5日に岡山県真庭市「湯原国際観光ホテル 菊之湯」で行われます!

第66期王将戦第2局(郷田真隆王将VS久保利明九段) [将棋]

久保九段の先勝で迎えた第2局です。

【中継サイト】
http://mainichi.jp/oshosen/

久保九段は数少ない純粋振り飛車党です。
コンピューター将棋では顕著なのですが、厳密には振り飛車はやや不利な戦法と認識されているらしく、若い頃は振り飛車党だってのに、いつのまにかに居飛車を主戦法としている棋士が多いです。
逆パターンは大山康晴十五世名人他、ほんのわずかだと思います。
その一方で、振り飛車は居飛車と比べると集中的に勉強できるので、アマチュアの人気が高く、大会でも多くのファンが飛車を振っています。
さあ、久保九段は多くの振り飛車ファンの期待にこたえることができるでしょうか!

【記譜】
http://mainichi.jp/oshosen-kifu/170123.html

ということで、将棋です。
先手久保九段ですが、いきなり3二飛車と振りました。
2手目3二飛戦法というものがあり、ちなにみ創設者は当時奨励会三段だった今泉健司四段で、奨励会員でありながら升田幸三賞を受賞しています。
その後は角交換から落ち着いた流れになると思いましたが、封じ手前に先手が桂馬をぶつけてしかけました。
後手一歩得ですが、後手陣に角打ちの隙が出て、進出した銀が不安定です。
自分なら後手を持って自信がありません。
先に駒得したのは先手ですが、後手も上手く攻め、駒損を回復して二丁飛車+と金で攻めます。
と金が迫る前に先手が攻めきれるかどうかの勝負です。
郷田王将は速度を間違えたのか、久保九段に1七玉と早逃げされるとどうにも間に合いません。
後手も粘りますが、最後は先手がきっちり後手玉を捕らえ、これで挑戦者の2連勝となりました。

第3局は2月1日(水)、2日(木)に栃木県大田原市「ホテル花月」にて行われます!。

第43期岡田美術館杯女流名人戦第2局(里見香奈女流名人VS上田初美女流三段) [将棋]

上田女流三段の先勝で迎えた第2局です。

【中継サイト】
http://live.shogi.or.jp/joryumeijin/

女流名人戦において、出雲文化伝承館で対局が組まれるようになったのは、里見女流名人の3期目の防衛戦に当たる第38期からです。以降、今期までずっと第1局か第2局で出雲文化伝承館が使われています。
里見女流名人の出身地である出雲市が、地元スターをバックアップする気持ちの表れだと思います。
最初の第38期は気負いすぎたのか負けましたが、以降はずっと勝ち続けています。
里見女流名人にとって地元である以上に、験の良い対局場と言えるかもしれません。
相性の良い対局地で、里見女流名人の巻き返しはあるでしょうか!

【棋譜】
http://live.shogi.or.jp/joryumeijin/kifu/43/joryumeijin201701220101.html

ということで、将棋です。
先手里見女流名人の三間飛車に対し、後手は端を突きこすという工夫から馬を作りあう展開に流れ込みます。
これは上田女流三段の研究手でしょう。
里見女流名人は自然な4三馬成りを指さず、歩の突き捨てを入れようとしますが、上田女流三段は全力で突っぱねて馬成りを受けます。
まだ13手目ですが、たぶん、ここから後手ペースの流れになったと思います。
先手は勝負で迫りますが、後手は得した小駒を金駒に変換する理想の展開。
里見女流名人も根性の受けを見せ、お互いに王手で大駒を抜きあう派手な手が連発しますが、最後まで上田女流三段は冷静でした。
104手まで上田女流三段が完勝し、これで2連勝と女流名人奪取に王手をかけました。

第3局は1月29日(日)に、千葉県野田市「関根名人記念館」で行われます!

第43期岡田美術館杯女流名人戦第1局(里見香奈女流名人VS上田初美女流三段) [将棋]

女流棋界でもっとも歴史のあるタイトル戦です。

【中継サイト】
http://live.shogi.or.jp/joryumeijin/

里見女流名人は、体調不良のための休場中に次々とタイトルを失いましたが、この女流名人だけは保持しました。
第36期から7連覇中で、今期防衛すれば8連覇です。まだ24歳ですから、どこまで伸びるのかと思うと恐ろしいほどです。
ここまで続くと、初の女性棋士誕生まで維持して女流棋界に伝説を残して欲しい気持ちもでてきます。
挑戦者は上田初美女流三段で、強敵そろいの女流名人リーグを7勝2敗で駆け抜けました。
最終戦で、奨励会1級からの転向組である伊藤沙恵女流二段を下して、自力で勝ち取った挑戦権です。年齢的にも充実している時期だと思います。
5番勝負の持ち時間は3時間と、女流棋戦では長めになります。
さあ、どのような勝負が待っているでしょうか!

【棋譜】
http://live.shogi.or.jp/joryumeijin/kifu/43/joryumeijin201701150101.html

後手番になったのは里見香女流名人でした。
里見香女流名人のゴキ中に上田女流三段は超速で対応し、途中までリコー杯と類似した戦いになります。
先手は押さえ込みを狙い、後手はその枠をかいくぐれるかどうかです。
やや先手ペースと思われた局面から1五角と里見香女流名人が反撃し、そこから形勢が二転三転します。
途中で一直線の進行となり先手大きな駒得となりますが、7九飛車~8五桂が鋭い寄せで逆転したと思われましたが、上田女流三段の5一角打がそれを上回る妙手でした。
まるで次の一手のような決め手です。
以降は後手にチャンスは無く、101手まで先手上田女流三段が先勝しました。
今年度1敗しかしていない里見香女流名人に土をつける大きな勝利です。
第2局は1月22日(日)、島根県出雲市「出雲文化伝承館」で行われます!