So-net無料ブログ作成

第76期順位戦展望【後半戦:B級2組~C級2組】 [将棋]

段々と見えてきました。

〔B級2組〕
https://www.shogi.or.jp/match/junni/2017/76b2/index.html
野月浩貴八段が8戦全勝で昇級1番乗り。ベテランの昇級は立派です。
さらにベテランである畠山鎮七段もあと1勝で昇級です。弟子の斎藤七段との順位戦での対戦が現実味を帯びてきました。
降級点は5名ですが、混戦模様です。大ベテランの青野照市九段が頑張れるかどうか。

〔C級1組〕
https://www.shogi.or.jp/match/junni/2017/76c1/index.html
千田翔太六段はあと1勝で昇級。連覇は考えにくいので、ほぼ確定といっていいでしょう。
1敗勢が4名おり、残り1枠が混戦模様。
順位が最も高い永瀬拓矢七段はリードですが、次戦に同じく1敗の近藤誠也五段が待っています。
ここで永瀬七段が敗れると、佐々木勇気六段が浮上します。
その実力からすると順位戦で苦労を続ける永瀬七段にとって、まさに頑張りところです。

〔C級2組〕
https://www.shogi.or.jp/match/junni/2017/76c2/index.html
残り3戦。
マスコミ大注目の藤井聡太四段が7連勝でトップです。
順位が低いため1敗でもしたら昇級圏から落ちてしまいます。
この先、強敵が待っており、気の抜けない戦いが続きます。
介護士から棋士に転進した今泉健司四段も7連勝でひたはしります。苦労人だけに昇級を決めて欲しいです。最終戦に、同じく途中で棋士に転進した瀬川晶司五段戦が組まれているもの何かの因縁かもしれません。
現役最年長、桐山清澄九段が驚きの指し分けです。破った相手には、若手注目株の梶浦宏孝四段も入っています。
大ベテラン健在です。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

第76期順位戦展望【後半戦:A級~B級1組】 [将棋]

残り2局です。

〔A級〕
https://www.shogi.or.jp/match/junni/2017/76a/index.html
佐藤天彦名人への挑戦レースで首位に立つのは豊島将之八段です。
連敗してファンを心配させましたが屋敷伸之九段戦に勝ち、残り2局のうち1勝すればプレーオフ以上確定です。最も有利です。
3敗で追うのは、久保利明王将と、1勝3敗スタートから4連勝で盛り返した佐藤康光九段です。
残り相手を考えると、豊島八段が敗れたときに佐藤会長が追いつく可能性もあります。
羽生善治竜王は連敗でさすがに挑戦は厳しいです。
降級者は、三浦弘行九段、行方尚史八段、屋敷伸之九段で決まりの雰囲気。順位の関係もあり、ラス前で3名決定する可能性すらあります。
最終局まで踏ん張って欲しいですが。

〔B級1組〕
https://www.shogi.or.jp/match/junni/2017/76b1/index.html
2戦を残して糸谷哲郎八段がA級入りを決めました。関西の俊英で、元竜王がいよいよ檜舞台への登場です。
残り1枠は阿久津主税八段、橋本祟載八段、山崎隆之八段の争い。次戦に阿久津八段、橋本八段戦があるので、ここでの勝者がA級入りに大きく近づきます。
今期の降級者は1名のみ。まだまだ混戦です。
6敗を喫していて、残り2戦が強敵の丸山忠久九段、上位者と当たる松尾歩八段が苦しいですが、丸山九段は次戦が1敗差の斎藤慎太郎七段戦なので、ここで勝てば体勢が入れ替わります。
5敗の郷田真隆九段も油断できません。
前王将である郷田九段がB級2組という想像はしがたいのですが。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

第44期岡田美術館杯名人戦第1局(里見香奈女流名人VS伊藤沙恵女流二段) [将棋]

伊藤沙恵女流二段が4度目のタイトル挑戦です。

【中継サイト】
http://live.shogi.or.jp/joryumeijin/

女流名人戦は、女流棋戦で最も歴史のあるタイトル戦です。
1974年創設で、過去の優勝者には蛸島彰子、山下カズ子といった女流棋界創生時のレジェンドたちが並び、次に林葉直子、中井広恵、清水市代の三強、28期の斎田晴子、33期~35期に矢内理絵子の名前が出て、37期からは里見香奈です。
8期連続はもちろん歴代ナンバーワンで、通算でも清水市代につぐ2位です。
女流名人戦は、女流棋界の歴史を凝縮した棋戦だと思います。
里見香奈女流名人は、女流棋界歴代最強のひとりといっても過言ではないと思います。
この強敵を破り、伊藤沙恵女流二段も女流棋士の歴史に名前を残すことはできるでしょうか!

【棋譜】
http://live.shogi.or.jp/joryumeijin/kifu/44/joryumeijin201801140101.html

ということで将棋です。
戦形は相振り飛車になりました。
積極的なのは後手里見香奈女流名人です。3三角を生かして1筋から仕掛けます。そこから香車を犠牲にして歩を伸ばし桂馬を跳ね、一気に攻撃を開始します。
駒損の攻めとなりました、これが先手陣に次々と突き刺さります。
3七歩成りとなり捨ててから逆に桂馬を跳ねるのが手筋で、先手は防戦困難になります。
最後は飛車を捨てるという大技を出した上で、先手飛車を取らずに玉の脇に銀を貼り付けるのが、筋とはいえ好手です。
最後まで後手が先手を圧倒し、98手まで里見女流名人が防衛に向けて幸先の良い快勝です。
第2局は1月28日に島根県出雲市「出雲文化伝承館」で行われます!
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

第67王将戦第1局(久保利明王将VS豊島将之八段) [将棋]

豊島将之八段、7年ぶりの王将挑戦です。

【中継サイト】
https://mainichi.jp/oshosen/

奇しくも、7年前の挑戦時も久保王将でした。
全体的な雰囲気としては豊島有利の意見が多かったと記憶していますが、結果は2勝4敗とタイトルに手が届きませんでした。
将棋世界のインタビューで「純粋に実力が足りなかった」と述べていますが、「何もよくわからないまま対局をしていた」部分も大きかったのかもしれません。
それからタイトル戦の経験を踏み、今回は3度目の大舞台となります。A級棋士となり、しかも名人挑戦に一番近い位置にいます。
経験を積み、実力を蓄えた豊島将之が、タイトル獲得に向けて出陣です!

【棋譜】※無料会員登録が必要です。
https://mainichi.jp/oshosen-kifu/180107.html

ということで、将棋です。
純粋振り飛車党である久保王将はもちろん振りますが、後手豊島八段は対抗型ではなく相振り飛車を採用します。
いきなり相振りとは、オールラウンダーの本領発揮です。
何気ない序盤に見えましたが、28手目に豊島八段が仕掛けます。
銀角総交換となり、久保王将は角を好点に打ち付けますが、豊島八段の4四銀がさらに上回る好手でした。
久保王将は粘りに入りますが、豊島八段はそれを許しません。
3七歩の叩きから3九とと久保玉を追い込んでから、今度は反対側から銀を打って挟み撃ちです。
以降は駒の損得こそないものの、陣形が大差で、14時少し前に久保王将は投了しました。
豊島八段は初タイトルに向けて好スタートを切りました。
第2局は1月27・28日に佐賀県三養基郡「大幸園」で行われます!
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

第42期棋王戦挑戦者決定戦第2局(永瀬拓矢七段VS黒沢怜生五段) [将棋]

黒沢五段の先勝を受けての決着局です。

【中継サイト】
http://live.shogi.or.jp/kiou/

棋王戦本戦トーナメントは、敗者復活戦がある唯一の棋戦です。
決勝は変則2番勝負で、勝ち残り組は1勝、敗者復活組は2勝が優勝条件です。敗者組の黒沢五段が先勝したので、第2局が決着局になります。
今年度の永瀬七段は11連勝を含む31勝8敗と絶好調です。
元々、非常に強い棋士でしたが、順位戦でなかなか昇級できず、多くの棋戦で予選からの出場になるため、タイトル戦登場まで長い道のりを歩まざるを得ませんでした。
初タイトル戦は棋聖戦でしたが、羽生善治棋聖相手に2勝3敗と惜しくも涙を呑みました。
永瀬六段はレーティング第2位であり、いつタイトルを奪取してもおかしくない位置にいます。
さあ、第1局目は不覚を取りましたが、2回目のタイトル挑戦を決めることができるでしょうか!

【棋譜】
http://live.shogi.or.jp/kiou/kifu/43/kiou201712270101.html

ということで、将棋です。
振り飛車党の黒沢五段は中飛車穴熊に構え、永瀬七段も居飛車穴熊に構えます。金銀4枚に角も付けて固く囲います。
戦いはお互いの玉頭で始りました。後手から2四歩と突きあげますが、この歩を取れないことで、先手は若干不利になります。
そこから話されないように先手は頑張りますが、67手目の4七飛車が悪手でした。
飛車を押さえ込まれて苦しくなったことで勝負に出ますが、評価値を見ると81手目の4三角が致命的だったようです。
この手で評価値の差が1000を越え、あとは一方的な将棋となってしまいました。
これで永瀬七段2回目のタイトル挑戦です。旋風を巻き起こした黒沢五段は、あと一歩のところで涙を飲みました。

五番勝負第1局は2月12日に宇都宮市「宇都宮グランドホテル」で行われます!
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

第7期リコー杯女流王座戦第5局(里見香奈女流王座VS加藤桃子女王) [将棋]

2勝2敗の五分で迎えた最終局です。

【中継サイト】
http://live.shogi.or.jp/joryu_ouza/

里見女流王座と加藤女王がタイトル戦で相まみえるのは4回目となります。
面白いことに、過去3回は全て挑戦者が勝利しています。
里見女流王座からみて、3-1、1-3、3-0となり、フルセットになったことはありません。
4回目の勝負にて、初のフルセット勝負となりました。
今期の里見女流王座は若干不安定なように感じます。
女流名人戦でも最初に連敗し、そこから3連勝と盛り返してなんとか防衛しました。
同じ作戦を繰り返すと、経験値が高まる反面、狙い撃ちされることがあります。
今期の里見女流王座はゴキゲン中飛車の採用率が高く、作戦の幅が狭いのが不安定である理由のひとつかもしれません。
泣いても笑っても最後の1局です。
里見女流王座が採用する作戦は何でしょうか!

【棋譜】
http://live.shogi.or.jp/joryu_ouza/kifu/7/joryu_ouza201712220101.html

ということで、将棋です。
先手の里見女流王座が選択したのはやはりゴキゲン中飛車でした。対する加藤女王はやはり超速です。
序盤はお互いに想定しているのか、時間を使わずにサクサク進みます。
戦いは中央で始まり、金銀を前に出して五筋を制圧しつつあった加藤女王が十分な形勢だったと思います。
しかも里見女流王将は守りの銀まで前線に出したため、玉周りが寂しくなっています。
ところが中央の攻防で加藤女王にミスがあったのか、気がついたら里見女流王将の勝勢となっていました。
自然な手の連続のように見えましたが、里見女流王将の飛車を見捨てた判断が良かったのと、その前に加藤女王が5三歩に同飛車と取ったのが分岐点だったかもしれません。
同飛車と取ったために銀を重ね打たれて、この銀が活躍した印象があります。

里見女流王座が2連敗後の3連勝で防衛し、通算3期目の女流王座獲得となりました。
おめでとうございます!
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

第43期棋王戦挑戦者決定戦第1局(永瀬拓矢七段VS黒沢怜生五段) [将棋]

黒沢五段がタイトル初挑戦を目指します。

【中継サイト】
http://live.shogi.or.jp/kiou/

黒沢五段、永瀬七段ともに25歳の若手です。学年では早生まれの黒沢五段がひとつ上ですが、生年月日は半年ほどしか違いません。
同年代といってもいいと思います。
ただし、プロ入りには5年の差があります。永瀬七段が17歳でデビューしたのに対して、黒沢五段は22歳です。永瀬七段が棋戦で活躍していたころ、黒沢五段はNHK杯戦で記録係を務めていました。この姿を覚えているひとは多いと思います。
しかし、今年に入ってからの活躍はめざましく、竜王戦で本戦トーナメントに出場したのに次いで、棋王戦の挑戦者決定戦出場です。
永瀬七段圧倒的有利が普通の見方ですが、もしかしたら勢いに乗っての一発があるかもしれません。
さあ、黒沢五段の快進撃は続くのでしょうか!

【棋譜】
http://live.shogi.or.jp/kiou/kifu/43/kiou201712150101.html

ということで、将棋です。
戦形は先手黒沢五段のゴキゲン中飛車に、お互い穴熊に囲ったじっくりとした将棋となりました。
後手は7筋から動きますが、飛車の下に歩を打った手が、渋い一着でした。
永瀬七段は先に馬を作りますが、黒沢五段は中央から飛車を活用し、馬を自陣に押し込めることに成功します。
そこから先は、先手が振り飛車党らしい捌きを見せます。
後手の穴熊をと金で攻めて、ついに永瀬七段をノックアウトに追い込みました。

これで黒沢五段の1勝となり、挑戦権争いは第2局に持ち越されました。
挑戦者決定戦第2局は12月27日(水)東京・将棋会館で行われる。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

第76期順位戦展望【C1~C2・中盤編】 [将棋]

〔C級1組〕
https://www.shogi.or.jp/match/junni/2017/76c1/index.html

千田翔太六段が7連勝と走っています。順位も2位と高く、残り対戦相手からしても当確ランプが付いたといっても良い状況だと思います。1敗しても昇級圏内というのが大きいです。
2番手枠を争うのが、1敗勢の5人です。最終的には順位が物を言いそうですが、1敗勢同士の永瀬拓矢七段と近藤誠也五段戦が大勝負です。
ひとつでも落としたら昇級戦線から脱落するサバイバルゲームが最終戦まで続きそうです。


〔C級2組〕
https://www.shogi.or.jp/match/junni/2017/76c2/index.html

大注目の藤井聡太四段が無傷の7連勝です。しかし、順位が低いので1敗したら即昇級圏外に脱落です。特に第10戦は若手注目株の三枚堂達也六段です。昇級するかどうかはこの1戦に係る可能性大です。
介護士からプロ入りした異色棋士の今泉健司四段も順位戦だけに白星を集中させて7連勝です。苦労人だけに、昇級できるかどうか期待をもって見守りたいです。
前期好調だった元祖サトシンこそ佐藤紳哉七段が7連敗と絶不調です。
いったいどうしたのでしょうか……。

nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

第76期順位戦展望【B1~B2中盤編】 [将棋]

昇級争いもいよいよ佳境に入ってきました。

〔B級1組〕
https://www.shogi.or.jp/match/junni/2017/76b1/index.html
首位を走るのは今期好調の糸谷哲郎八段です。竜王1期の実績もあります。
順位も良く、次戦で勝てば、高い確率でA級にいけそうです。
糸谷八段と次戦対戦するのが、2敗で追いかける谷川浩司九段です。
会長職から解放されて精神的に楽になったのか、若手を撃破してのこの成績ですから立派だと思います。糸谷八段戦に勝てば、50代にてA級復帰があるやもしれません。
順位戦開始前には予想も出来ませんでしたが、菅井竜也王位が2勝5敗と下位に沈んでいます。
陥落はないとは思いますが、来期昇級に向けて順位をひとつでも上げたいところなので頑張って欲しいです。なにしろ、タイトルホルダーですから。
次戦の斎藤慎太郎七段との勝負が、隠れた見所かもしれません。

〔B級2組〕
https://www.shogi.or.jp/match/junni/2017/76b2/index.html
野月浩貴八段が7連勝です。1敗勢の順位が高いだけに負けたら即昇級圏から落ちてしまいますが、有利であることには間違い無いです。
追いかける1敗勢で、中村太地王座が7回戦で負けたのが痛いです。第10戦に同じく1敗の北浜健介八段戦、最終戦に強敵の澤田信吾六段戦が待っています。
B級1組から陥落したばかりの畠山鎮七段も5勝1敗と好調です。
順位が1位であることが大きく、B級1組に復帰に向けて有利な位置にいます。昇級すれば、念願の順位戦での弟子(斎藤慎太郎七段)との対戦が実現します。
戸辺誠七段が2勝5敗と降級点圏内で苦しんでいます。このような位置に甘んじる棋士ではないと思うのですが。
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

第7期リコー杯女流王座戦第4局(里見香奈女流五冠VS加藤桃子女王) [将棋]

里見香奈女流王座の1勝2敗で迎えた第3局です。

【中継サイト】
http://live.shogi.or.jp/joryu_ouza/

全局では辛うじて角番を凌ぎました。
女流棋界のNo1といえば里見香奈女流五冠ですが、女流名人戦でも2連敗してからの3連勝で防衛するなど、ここ最近はまた調子が下降気味のように感じます。
少なくとも、一時期のような圧倒的な存在とは違います。
調子が悪くても、それなりに防衛を続けるのが、王者の王者たる所以なのですが。
女流棋界最高棋戦である女流王座を防衛するには連勝するしかありません。
里見女流王座は崖っぷちから連勝することはできるでしょうか!

【棋譜】
http://live.shogi.or.jp/joryu_ouza/kifu/7/joryu_ouza201711220101.html

ということで、将棋です。
後手里見女流王座はここ最近採用率の高いゴキ中を選択すると、それに対する加藤女王もいつものように超速で対抗します。
序盤は飛ばしてどんどん進んでいきます。
先手は穴熊に篭りますが、その穴熊の頭で戦いが始まります。
加藤女王は自ら駒損して逆襲を狙いますが、里見女流王座の8三歩と形を乱してから馬を作るのが上手い手順でした。
以降は駒得を重ねながら先手玉を確実に追い詰めた里見女流王座の完勝譜となりました。
追い込まれてから里見女流王座が2連勝で五分の星に戻しました。

最終局は12月22日(金)東京・将棋会館で行われます!
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー