So-net無料ブログ作成
2017年12月| 2018年01月 |- ブログトップ
前の10件 | -

最近の日常【平成30年1月中旬】 [日常]

〔カメラを買い換えた話〕
次男のソフトボール撮影用に購入した一眼レフデジカメが壊れた。
といっても電源OFFが出来なくなっただけで、それ以外は問題なし。
自分は修理すればと思ったけど、いろいろあって、ひとつ前のタイプに買い換える。
いろいろと調べて購入したつもりだけど、実際に撮影してみると性能が全然違う。
どうもセンサーの大きさが違うようで、ひとつ前のタイプはオートでするとシャッタースピードが遅くて話にならない。
手動で早くすると、光量の関係で、室内だとほぼだめ。屋外の明るい場所ならなんとか撮れるといったレベルです。また、連写はできるが、保存に時間を要するので、連続するシーンは撮り逃してしまう。
スナップ写真ならなんら問題ないのですが、一瞬の動きを切り取ろうとすると、カメラは大事です。
いろいろと勉強になりました。
ということで、結論。カメラは修理しました。はい。
新しいカメラも数万したんですけどねえ……。

〔ケチャップとソースのこだわり〕
基本的にブランドには興味がない。
メーカー品よりプライベートブランドが安く置いてあると、ほいほい買ってしまう。
そんな自分ですが、ケチャップとソースだけは決まっている。
ケチャップはカゴメで、ソースはブルドック中濃。
たぶん子供のころからカゴメとブルドックの味に慣らされすぎて、他のケチャップ、ソースだと違和感がでてしまう。
マクドナルドの戦略として、幼児時代に味を覚えさせるというのがあるらしい。
幼児時代に知った味は、一生好むようになるので、長期的な優良顧客になってくれるとか。
子供のころの味覚は大事です。はい。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【書評】東野圭吾『眠りの森』 [書評・映画評(DVD含)]

加賀恭一郎シリーズの第2弾になります。


眠りの森 (講談社文庫)

眠りの森 (講談社文庫)

  • 作者: 東野 圭吾
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1992/04/03
  • メディア: 文庫



第1弾の『卒業』では学生だった加賀恭一郎が、本作から所轄の刑事として登場します。
事件はバレエ団という閉ざされた社会で発生します。
謎の人物が事務所に侵入し、驚いた団員により正当防衛により殺されます。
この事件は本当に正当防衛なのか、そろそも侵入者は何者なのか、という展開で事件は意外な方向へと進んでいきます。
本作には目新しいトリックがあるわけではありません。
作者は登場人物の心理描写に重きを置き、そうすることでミステリに悲愛物語を練りこむことに成功していると思います。
トリックを重視した卒業から一転したターニングポイント的な作品かもしれません。

東野圭吾ファンのために!

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

【書評】大岡昭明『幕末下級武士の絵日記』 [書評・映画評(DVD含)]

武士が書いた絵日記という貴重な資料です。


幕末下級武士の絵日記―その暮らしと住まいの風景を読む

幕末下級武士の絵日記―その暮らしと住まいの風景を読む

  • 作者: 大岡 敏昭
  • 出版社/メーカー: 相模書房
  • 発売日: 2007/05
  • メディア: 単行本



絵日記を残したのは、尾崎石城という忍藩の下級武士です。
彼は絵心があり、襖絵を頼まれて描くレベルだったので、絵も繊細で分かりやすいです。
当時の生活は現在と比べると貧しいです。
食事は質素で、3食お茶漬けの日もありました。晴れの日に出かける服がなくて、仮病を使おうとしたときもありました。
しかし、その一方で毎日にように酒を飲み、料亭に出かけます。
暇をもてあましてか、お寺で友人と語らい、詩吟の練習をし、難しい書物を手に勉強を重ねます。
当時の下級武士の生活を知ることができる、一級資料だと思います。

歴史好きのひとのために!
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

【公募情報】第2回ロコモアドバイス大賞 [公募情報]

手書きの絵と川柳の募集です。

【主催者HP】
https://locomo-joa.jp/news/official/locomo-advice2017.html

ロコモとは、ロコモティブシンドローム(運動器症候群)の略称です。
運動器の障害や衰えにより、要介護になるリスクが高まる状態のことを指します。
まだまだ知られていない言葉なので、コンテストを通じて知名度が上がり、注意してくれるひとが増えたらよいのかなと思います。
応募締切は平成30年2月28日、手書きの絵と川柳がセットであることに注意してください!

<募集要項抜粋>
募集内容:手書きの絵+川柳
テーマ :ロコモ(運動器症候群)
大  賞:10万円
応募締切:平成30年2月28日
応募方法:ハガキ
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:

【書評】鳥越規央『勝てる野球の統計学~セイバーメトリクス~』 [書評・映画評(DVD含)]

セイバーメトリクスとは、統計学を駆使して野球を分析しようという手法です。


勝てる野球の統計学 セイバーメトリクス (岩波科学ライブラリー)

勝てる野球の統計学 セイバーメトリクス (岩波科学ライブラリー)

  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2014/03/12
  • メディア: Kindle版



セイバーメトリクスはMLBで始まりました。
1970年代からありましたが、資金難に悩む弱小球団が、安価に良い選手を集めるために採用し、またたくまに効果を挙げました。
そのことで、一気に注目を浴びます。
特徴的なのは、バントの否定、打率より出塁率。ここからOPSという数値(出塁率+蝶打率)が生まれています。
後半は段々とマニアックになっていきますが、野球を見るうえで、ひとつの新しい視点になることは間違いありません。

野球好きなひとのために!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

【書評】東野圭吾『魔球』 [書評・映画評(DVD含)]

東野圭吾初期に連発したスポーツミステリです。


魔球 (講談社文庫)

魔球 (講談社文庫)

  • 作者: 東野 圭吾
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1991/06/04
  • メディア: 文庫



傑作だと思います。
練り込まれたトリックは登場しません。ただ、断片的な情報が最後の最後で繋がり、ほぐれていく様は、エルキュールポアロを連想させます。
また、ただミステリとして解答を示すだけでなく、それぞれに人間ドラマがあり、登場人物たちの隠された一面が捜査の進展とともに見えてきます。それにともない、細かい言動のひとつひとつに、意味があることを知ります。
トリックではないので、事件の構造は途中で見えてきます。
そういうことを差し引いてもというより、途中で見えるからこそ、これだけ引き込まれる作品になったのではないかと思います。
若き才能が隅々にまで詰まっています。

東野圭吾初期の傑作のひとつだと思います。

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

【書評】桑原晃弥『ビリー・ビーン ~弱者が強者に勝つ思考法~』 [書評・映画評(DVD含)]

サイバーメトリクスを駆使して弱小・貧乏球団をメジャー屈指の常勝球団に押し上げたビリー・ビーンの物語です。


ビリー・ビーン 弱者が強者に勝つ思考法 (PHPビジネス新書)

ビリー・ビーン 弱者が強者に勝つ思考法 (PHPビジネス新書)

  • 作者: 桑原 晃弥
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2015/04/18
  • メディア: 新書



データはときに常識を裏切ります。
守備より攻撃、打率やホームランより四球を含む出塁率を重視します。
そうした埋もれていた名選手を発掘し、常勝軍団を築きます。
無名な選手も活躍すれば、年俸が高騰します。
そうしたら抱えられないので、欠点はあるが一芸に秀でた選手を集めて組織としての強さを保ちます。

こうして書けば簡単そうですが、実現には強い意志と人を動かす人間力が必要です。
失敗しても信念を曲げず、成功を勝ち取るにはどうすれば良いのか、そうしてノウハウが詰まっています。
ビジネス書として読んでもためになると思います。

野球好きのひとのために!

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

第44期岡田美術館杯名人戦第1局(里見香奈女流名人VS伊藤沙恵女流二段) [将棋]

伊藤沙恵女流二段が4度目のタイトル挑戦です。

【中継サイト】
http://live.shogi.or.jp/joryumeijin/

女流名人戦は、女流棋戦で最も歴史のあるタイトル戦です。
1974年創設で、過去の優勝者には蛸島彰子、山下カズ子といった女流棋界創生時のレジェンドたちが並び、次に林葉直子、中井広恵、清水市代の三強、28期の斎田晴子、33期~35期に矢内理絵子の名前が出て、37期からは里見香奈です。
8期連続はもちろん歴代ナンバーワンで、通算でも清水市代につぐ2位です。
女流名人戦は、女流棋界の歴史を凝縮した棋戦だと思います。
里見香奈女流名人は、女流棋界歴代最強のひとりといっても過言ではないと思います。
この強敵を破り、伊藤沙恵女流二段も女流棋士の歴史に名前を残すことはできるでしょうか!

【棋譜】
http://live.shogi.or.jp/joryumeijin/kifu/44/joryumeijin201801140101.html

ということで将棋です。
戦形は相振り飛車になりました。
積極的なのは後手里見香奈女流名人です。3三角を生かして1筋から仕掛けます。そこから香車を犠牲にして歩を伸ばし桂馬を跳ね、一気に攻撃を開始します。
駒損の攻めとなりました、これが先手陣に次々と突き刺さります。
3七歩成りとなり捨ててから逆に桂馬を跳ねるのが手筋で、先手は防戦困難になります。
最後は飛車を捨てるという大技を出した上で、先手飛車を取らずに玉の脇に銀を貼り付けるのが、筋とはいえ好手です。
最後まで後手が先手を圧倒し、98手まで里見女流名人が防衛に向けて幸先の良い快勝です。
第2局は1月28日に島根県出雲市「出雲文化伝承館」で行われます!
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【公募情報】「持続可能なまち」コンテスト・川柳部門 [公募情報]

㈱洸陽電気が「持続可能なまち」をテーマに川柳を募集しています。

【主催者HP】
https://koyoelec.com/contest/senryu/

テーマを見れば想像がつくと思いますが、主催者の事業内容は「太陽光発電」「地熱発電」等を初めとすする再生可能エネルギー関連です。
金賞受賞者の賞品が面白くて、高級くだもの1年分です。
何が届くのかはお楽しみということで。
応募締切は平成30年2月28日です!

<募集要項抜粋>
募集内容:川柳
テーマ :持続可能なまち
金  賞:高級くだもの1年分
応募締切:平成30年2月28日
応募方法:ハガキ、インターネット
その他 :1人1句まで
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

【書評】梶山雄一『「さとり」と「廻向」』 [書評・映画評(DVD含)]

著者は仏教学者です。


「さとり」と「廻向」―大乗仏教の成立 (講談社現代新書 (711))

「さとり」と「廻向」―大乗仏教の成立 (講談社現代新書 (711))

  • 作者: 梶山 雄一
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1983/11
  • メディア: 新書



著書は前半と後半で分かれています。
前半は聖書との物語の比較研究の紹介をして、影響を及ぼしあったのかどうか、議論の変遷をたどります。
結論は、仏教の説話がまとめられたのがブッダ死後かなり後のことで、仏教が聖書に影響を及ぼしたのは考えずらいということのようです。
後半は大乗仏教の登場やら、仏教の教義に入っていきます。
後半は難解ですが、「空」の概念を丁寧に説明してくれます。

仏教について詳しく知りたいひとのために!

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の10件 | -
2017年12月|2018年01月 |- ブログトップ