So-net無料ブログ作成
検索選択

【書評】上野英信『追われゆく坑夫たち』 [書評・映画評(DVD含)]

昭和三十年代の炭鉱不況における悲惨な実態の記録です。


追われゆく坑夫たち (岩波新書 青版 391)

追われゆく坑夫たち (岩波新書 青版 391)

  • 作者: 上野 英信
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1960/08/20
  • メディア: 新書



ここまで暗い話はほとんどありません。
戦後の炭鉱不況の中、閉山が相次ぎ、食い詰めた坑夫たちを中小の鉱山主が拾い集め、無給同然で使役する。
給料も遅配の連続で、掘っ建て小屋と呼ぶもの恥ずかしい社宅に押し込まれ、飢え死にを1日延ばすために地下に潜り続ける。
著者は表現が豊富で、よくもここまで悲惨な文章を綴れるものだと感心するほど、重苦しい気持ちになります。
岩波新書ですが写真も豊富で、昭和三〇年代の坑夫たちの生活を垣間見ることができます。

悲惨な世界を覗きたいひとむけに。

nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: