So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年07月| 2017年08月 |- ブログトップ
前の10件 | -

創作状況【8月中旬】 [ぼくの公募状況]

何もしない時間がこのうえなく幸せ

【メルマガ原稿】
 今月のメニューはこちらです。
◆こんな公募に挑戦してきました(第8回)
 ~2016大阪ショートショート大賞の巻~
◆リアルタイム企画・TO-BE小説工房に挑戦中(第29回)
◆公募情報数点
  こんな公募に挑戦してきましたのコーナーでは、大阪ショートショートで最終選考まで残った作品を取り上げます。
  メルマガ登録はこちらか。無料ですのでお気軽に!
 http://www.arasuji.com/saitomagazine.html

【小説現代・ショートショートコーナー】
今月投稿用とストックを推敲する。
今月は2枚以内の超短編を、3枚にまで伸ばす。まあ、気分ですけど。
来月投稿用は古風なショートショートでぴったり5枚だと思う。数えていないけど。

【TO-BE小説工房】
今月投稿作品を推敲する。雰囲気的にはモームの世界です。
最後の一行にちょっと悩む。
http://www.koubo.co.jp/guide/tobekobo.html

【創元SF短編】
ネタから作り返しますが、何にも思いつかない。
2年前に調べてボツにしたネタで、なんとかならんかなあ。まったく。

【ゆきのまち幻想文学賞】
2年分の校正も終わったので、長期間お休み中。

【星新一賞】
今月投稿作品はもう完成です。
来年用の作品の校正をして、4000字前後になりました。あとワンアイデア入れたい気分ですが、難しいなあ。
まあ、来年なので時間はありますが。

【北区内田康夫ミステリー文学賞】
じっくりのんびり、書き始めています。
アイデアをまとめるのに、だれの視点でまとめるべきか、事前研究の大事さを実感する。
短編ですがキャラ重視にしたいなあと思いつつ。

【湯河原文学賞】
創元SF短編に落選した作品を湯河原文学賞に応募してみます。
オールジャンルというところに、希望を見出しまして。
推敲はしませんが、誤字脱字だけ直したい。
締めきりは11月17日(必着)ですね、忘れないようにしないと。

【福島正実SF童話賞】
完成済みなので、あとは投稿直前に最終校正するのみ。

【FACEBOOK】
友達募集中です!
https://www.facebook.com/profile.php?id=100007879718530


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:

【書評】玉手英夫『クマに会ったらどうするか-陸上動物学入門-』 [書評・映画評(DVD含)]

本書によると、一般的に言われている「静かに後ずさり」が正解ではないようです。


クマに会ったらどうするか―陸上動物学入門 (岩波新書)

クマに会ったらどうするか―陸上動物学入門 (岩波新書)

  • 作者: 玉手 英夫
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1987/06/22
  • メディア: 新書



著者は1922年の生まれで、1987年(65歳時)の本ですが、ユーモアたっぷりで実に面白い。
なぜ草食動物が大型化するかとか、小型草食動物は絶えず食べていないと飢えるのとか、集団の安定化には順位付けが必要であり、これは人間社会と同じだとか、そういった目から鱗の話が次々と出てきます。
ちなみに冒頭の問いの解答ですが、「クマに話しかける」だそうです。某老レンジャーの体験では失敗がない(失敗したら死んでいる)とのこと。
冗談だけでなく、もちろん理由の解説もあります。
こうしたジョークと解説のバランスが秀抜です。

古い本ですが、図書館等で見つけたらぜひとも読んでください。
参考になること請け負いです!

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

最近の日常【平成29年8月中旬】 [日常]

〔ハチ葡萄酒をたしなむ話〕
子供っぽい味覚だが、甘口のワインが好きだ。
ときおり無性に甘いワインを飲みたくなり、ハチ葡萄酒を購入する。
このワインは明治14年に発売した「蜂印香竄葡萄酒」の流れを汲むもので、時代を見れば分かるように、蜂蜜等の甘みをバンバン添加して、貴腐ワインなみに甘くしたものです。
アルコール濃度は14%と高めなので、デザート的に少し飲むのが丁度いいみたいな。
たまにはこういうワインもね。
安いですし。

〔〈ブレンディ〉ブラック ディープアロマをたしなむ話〕
コーヒーの香りとか味とかは、正直に言ってあまりよく分からないけど、雑味のないコーヒーが大好きです。
そういう意味で、このディープアロマはすっきりしていて、自分好み。
会社HPをみると、低温抽出することで雑味を低減してるみたいです。
若干高いのが難ですが、最低価格帯のコーヒーをどんどん飲み、たまにディープアロマを口にすると幸せみたいな。
小さな喜びですが(汗)

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第30期竜王戦挑戦者決定戦第1局(羽生善治三冠VS松尾歩八段) [将棋]

羽生三冠が3期ぶりに挑戦者決定戦まで勝ちあがってきました。

【中継サイト】
http://live.shogi.or.jp/ryuou/

決勝の相手は松尾歩八段です。
両者の対戦成績を見ると、3勝2敗で羽生三冠が勝ち越してはいるものの、3連勝からの2連敗。
早指し戦を除くと1勝1敗と互角です。
某掲示板ではすでに羽生三冠の竜王挑戦決定みたいな勢いがありますが、過去の対戦成績を見ると、それほど簡単な相手ではなさそうです。
羽生三冠があと竜王1期で永世竜王獲得です。
羽生夫人のツィートによると、今期は特に永世竜王への思いが強いようです。
まず挑戦権獲得が最優先なので、ここ1番の作戦をぶつけてくる可能性は高いと思います。
さあ、永世竜王へ向けての階段を上がることができるでしょうか!

【記譜】
http://live.shogi.or.jp/ryuou/kifu/30/ryuou201708140101.html

羽生三冠の先手となり、横歩取りとなります。
最近は勇気流が一世を風靡していますが、羽生三冠は採用せず、オーソドックな構えを取ります。松尾八段は8五飛戦法で対抗です。
前例を離れたのは40手目から。
羽生三冠は角と銀桂の2枚換えに成功しますが、交換したのは松尾八段からすると取られそうな桂馬だったので、あまり利はありません。
先手有利と見られていた局面から徐々に難解、さらには後手持ちという声まで聞こえてきます。
分水嶺となったのは76手目です。
評価値を見ると、この手を境に羽生三冠が有利となり、以降、一気に優勢を拡大します。
85手目の合駒も間違えません。
最終盤で詰みを逃がしたのはご愛嬌として、1分将棋のなか、怖い手順もありましたが勝ちきりました。

これで竜王挑戦まであと1勝です。
第2局は8月25日(金)に東京・将棋会館で行われます!
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【書評】上野英信『追われゆく坑夫たち』 [書評・映画評(DVD含)]

昭和三十年代の炭鉱不況における悲惨な実態の記録です。


追われゆく坑夫たち (岩波新書 青版 391)

追われゆく坑夫たち (岩波新書 青版 391)

  • 作者: 上野 英信
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1960/08/20
  • メディア: 新書



ここまで暗い話はほとんどありません。
戦後の炭鉱不況の中、閉山が相次ぎ、食い詰めた坑夫たちを中小の鉱山主が拾い集め、無給同然で使役する。
給料も遅配の連続で、掘っ建て小屋と呼ぶもの恥ずかしい社宅に押し込まれ、飢え死にを1日延ばすために地下に潜り続ける。
著者は表現が豊富で、よくもここまで悲惨な文章を綴れるものだと感心するほど、重苦しい気持ちになります。
岩波新書ですが写真も豊富で、昭和三〇年代の坑夫たちの生活を垣間見ることができます。

悲惨な世界を覗きたいひとむけに。

nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

【公募情報】第17回湯河原文学賞 [公募情報]

湯河原町が短編小説を募集しています。

【主催者HP】
http://www.town.yugawara.kanagawa.jp/kyoiku/bungaku/p02788.html

テーマに制限はありません。
時代物も応募可です。
地方文学賞には珍しく、副賞として『小説NON』に作品が掲載されます。
賞金50万も大きいですが、むしろ副賞に魅力を感じるかもしれません。
制限枚数は原稿用紙換算で40~80枚、応募締切は平成29年11月17日です!

<募集要項抜粋>
募集内容:短編小説
テーマ :特になし
最優秀賞:賞金80万円、『小説NON』に掲載
制限枚数:原稿用紙換算40~80枚
応募締切:平成29年11月17日
応募方法:郵送

nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:

【書評】高田由紀子『青いスタートライン』 [書評・映画評(DVD含)]

新人児童文学作家の2作目です。


青いスタートライン (ノベルズ・エクスプレス)

青いスタートライン (ノベルズ・エクスプレス)

  • 作者: 高田 由紀子
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 2017/07/06
  • メディア: 単行本



デビュー作である『まんぷく寺でまってます』と同じく、作者のルーツである佐渡島が舞台になっています。
対象年齢としては、前作よりやや上に設定されているようです。
構成はかなり練りこまれています。
お母さんの入院で佐渡で過ごすことになった主人公である少年が、軽い憧れの気持ちから遠泳大会にエントリします。
主人公は佐渡の人々の支援を受けながら練習を重ねます。
その過程で、周囲の人々に頑張ることの素晴らしさを伝える種を撒いていきます。
ついに大会当日になり、主人公が完泳を成し遂げたとき、周りのひとたちも前に向けた一歩を踏み出します。
綺麗な終わり方だと思います。
細かいところですが、冷蔵庫に麦茶がなくて、主人公が炭酸飲料を取るシーンが上手いと思いました。
それがシーンの最後に炭酸がのどの奥でパチっと弾けるにつながるのですが、それが様々な感情とリンクしています。

佐渡の美しい風景ともに、作者の佐渡愛が溢れている作品だと思います!

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

【公募情報】第4回朝礼川柳 [公募情報]

10月10日は朝礼の日です。

【主催者HP】
http://senryu.chourei.jp/

主催者HPに過去受賞作が掲載されています。
そのなかでもい「金言は 社の弱点の 裏返し」なんて上手いなあと思います。
大賞は朝礼に関することですが、入賞作品には朝礼との関連性が薄い作品もあり、自由度は高そうです。
応募締切りは平成29年9月30日です!

<募集要項抜粋>
募集内容:川柳
テーマ :朝礼に関すること
大  賞:賞金3万円
応募締切:平成29年9月30日
応募方法:インターネット
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

第58期王位戦第3局(羽生善治王位VS菅井竜也七段) [将棋]

羽生王位の2敗で迎えた第3局です。

【中継サイト】
http://live.shogi.or.jp/oui/

菅井七段は一時期居飛車を積極的に指していました。
A級棋士の広瀬章人八段のように、そのまま居飛車党に転身するのかと思いきや、またホームグラウンドである振り飛車党に戻りました。
珍しいケースだと思います。
棋風を広げ、大局観を磨くために、居飛車党が振り飛車を、振り飛車党が居飛車を指すことはあります。
渡辺明竜王も、一時期は後手番になると振り飛車を連採していました。実験的な意味合いが強かったと思います。
羽生王位も基本は居飛車ですが、ここ一番という勝負で振る事があります。渡辺明を相手に迎えた朝日杯決勝で、中飛車を採用し、渡辺明が呆然とした事件がありました。
さて、振り飛車党に戻った菅井七段と戦うために、羽生王位に用意の作戦はあるのでしょうか?

【棋譜】
http://live.shogi.or.jp/oui/kifu/58/oui201708080101.html

ということで、将棋です。
菅井七段は当然のように振り飛車を採用し、角交換型三間飛車の対抗型となりました。
羽生王位は、角交換振り飛車によくある筋ですが、筋違いに角を据えて1歩を掠め取ります。
役目を果たした角は自陣に戻るのかと思いきや、羽生王位は引きません。
得した1歩を1二に打ち、角のにらみで香車を狙います。菅井七段も端攻めから反撃をしますが、逆に端をつめられてしまいます。
優勢になった羽生王位は急に渋くなります。自陣の傷を補修し、万全の体制になってから攻め、最後は飛車切りから一気に後手玉を寄せきりました。
菅井七段の早指しもあり、終局時刻は14時50分と早い決着と成りました。
これで王位戦はいよいよ面白くなってきました。

第4局は8月22・23日(火・水)、兵庫県淡路市「ウェスティンホテル淡路」で行われます!
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

創作状況【8月上旬】 [ぼくの公募状況]

世間は夏休みですね。

【メルマガ原稿】
 今月のメニューはこちらです。
◆こんな公募に挑戦してきました(第8回)
 ~2016大阪ショートショート大賞の巻~
◆リアルタイム企画・TO-BE小説工房に挑戦中(第29回)
◆公募情報数点
  こんな公募に挑戦してきましたのコーナーでは、大阪ショートショートで最終選考まで残った作品を取り上げます。
  メルマガ登録はこちらか。無料ですのでお気軽に!
 http://www.arasuji.com/saitomagazine.html

【小説現代・ショートショートコーナー】
ストックをひとつ書く。
オチを考えずに書き進め、最後だけ強引にまとめる。まあ、ストックはこんなもの。

【TO-BE小説工房】
今月投稿用の作品を構成する。文章面では改善されたけど、ただそれだけ。
完全に古風なショートショート風です。はい。
http://www.koubo.co.jp/guide/tobekobo.html

【創元SF短編】
ネタから作り返します。はい。

【ゆきのまち幻想文学賞】
2年分の校正も終わったので、長期間お休み中。

【星新一賞】
今月投稿作品はもう完成です。
来年用の作品も書きました。3800字ぐらいのショートショートです。
男女のまぐわいの真似事みたいなシーンだらけなんだけど、これってありなんかなあ。どうなんだろう。

【北区内田康夫ミステリー文学賞】
ネタをじっくりと考えていますが、いまいち熟成されません。
熟成できたら書きます。

【やまなし文学賞/湯河原文学賞】
創元SF短編に落選した作品を、どちらかに応募しようと思っています。
いろいろと忘れそうなので、とりあえずメモということで。

【福島正実SF童話賞】
完成済みなので、あとは投稿直前に最終校正するのみ。

【FACEBOOK】
友達募集中です!
https://www.facebook.com/profile.php?id=100007879718530

nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の10件 | -
2017年07月|2017年08月 |- ブログトップ