So-net無料ブログ作成
検索選択

【書評】宮部みゆき『パーフェクト・ブルー』 [書評・映画評(DVD含)]

本作が宮部みゆきの長編デビュー作となるそうです。


パーフェクト・ブルー (鮎川哲也と十三の謎)

パーフェクト・ブルー (鮎川哲也と十三の謎)

  • 作者: 宮部 みゆき
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 1989/02
  • メディア: 単行本



ストーリーはというと、高校野球のスーパースターが殺害され、彼を脅していたと思われる同級生が自殺します。
その事件の真相を、探偵事務所の愛犬マサの目線で描きます。
犬の視点という部分に工夫を感じますが、やや失敗で、あまり効果的ではありません。主人公?の元警察犬マサが活躍する場面もほとんどありません。
ほぼ通常のミステリと同じようにストーリーが進んでいきます。
手探りで物語を紡いでいるというか、若さ溢れるタッチが目新しいです。

宮部みゆきの原点を知りたいひと向けに。