So-net無料ブログ作成

【書評】沖方丁『天地明察』 [書評・映画評(DVD含)]

映画にもなったベストセラー小説です。


天地明察 上<天地明察> (角川文庫)

天地明察 上<天地明察> (角川文庫)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • 発売日: 2012/05/25
  • メディア: Kindle版




天地明察 下<天地明察> (角川文庫)

天地明察 下<天地明察> (角川文庫)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • 発売日: 2012/05/25
  • メディア: Kindle版



時代は江戸時代初期。三代将軍徳川家光から五代将軍綱吉にかけてです。
当時使われていた暦は800年前に制定されたもので、現実とのずれが目立ってきました。その暦を改訂しようと繰り広げられる歴史ドラマです。
著者はすでにヒット作を持つ有名作家ですが、歴史小説は始めです。なので、ベテランと新人の両方の面を持った作品になっています。
歴史的な描写は新人らしい書き方ですが、構成は人気作家らしく、しっかりと計算しつくされたストーリーになっています。どこかふらふらした主人公が、夢半ばで倒れていった仲間たちの期待を積み重ねるように受け取り続け、成長した主人公が巨大な壁に立ち向かいます。
人物造形も枝葉を刈り取ったわかりやすい設定になっており、エンターテイメントに徹した作品だと思います。

ひとを楽しませることを知り尽くした作家の作品だと思います。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: