So-net無料ブログ作成
検索選択

大晦日、1年の振り返り [日常]

せっかくの大晦日なので、1年を振りかえってみる。

公募面では、第6回創元SF大賞で最終選考に残ったのがとても嬉しかったです。
ずーっと中編を書けるようになりたいと努力してきて、悪戦苦闘しながら、ようやくそれなりなったのかなと思ったのが昨年でした。
いままで掌編専門だったこともあり、無駄をそぎ落とすクセがあり、とても中編向きでの文章ではありませんでした。サブストーリーも作れませんでした。
何がきっかけかは分かりませんが、いろいろ実験していたのが急に組み合わさって、ポンとそれなりのレベルに達したと思えたのが創元SF短編応募作の『桜ゼミ』と、福島正実SF童話賞応募作の『ぼくはネゴシエーター』でした。
後者は1次選考すら突破できませんでしたが、なんとなく、書き終わったあとに充実感を持てる作品になったと思います。
あと、ショートショート系はまったくダメでした。
もうちょっと修業します。真面目にかきます。すんません。

家族面では大過なく1年を無事に送れたと思います。
次男についで長男もソフトボールを始めて(なんか順番が逆ですが(笑))、二人同時に練習試合に出場したときは、親として嬉しくなりました。
次男はずっと投手をしたいと言っていて、体が小さいので無理ではないかと思っていましたが、ついに学年で2番手投手になりました。球速はありませんが、コントロールがよく四球をあまりださないので、試合が崩れそうなときに登板することがあります。生活面はあいかわらずいい加減で進歩がありませんが、こうしてひとつのことに打ち込んでくれているので、きっと将来はいい大人になってくれるものと信じています。
長男はなぜかビートボックスに嵌っています。口でスクラッチっぽい音を出すやつです。
基本的に子供が頑張っていることは応援したいのですが、年がら年中ビートボックスを聞かされるのは、さすがにしんどいです。けど、できるだけ我慢しようと思います。
ダウン症の三男も、ほぼトイレトレーニングは完了し、ゆっくりですが、成長してくれています。言葉は喋れませんが、動作や仕草で、自分の意思をしっかりと伝えてくれます。
四男、五男は年子ということもあり、よく遊んでいます。すぐケンカをしますが、本当に楽しそうに遊びます。
四男は言葉と理解が遅くてちょっと心配な面もありますが、五男と楽しそうに遊んでいる姿をみると、杞憂なのかなと思います。
五男は末っ子だからなのか、どうしても甘くなってしまいます。ただでさえ良く食べるのに、欲しいといわれるとついつい上げちゃうので最近ますます太ってきまして……(汗)

そんなこんなで、来年も良い年になりますように。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

創作状況【12月下旬】

今年最後の創作状況です。

【メルマガ原稿】
 今月のメニューはこちらです。
◆Χ-1選手権スピンオフ企画・SS大賞を目指そうの会
◆SFマガジン・リーダーズストーリー最終選考作品より(最終回)
◆リアルタイム企画・TO-BE小説工房に挑戦中(第8回)
◆公募情報8点 

 登録は無料ですので、ぜひとも登録してください!
 http://www.arasuji.com/saitomagazine.html


【小説現代・ショートショートコーナー】
最後にさらりと改行を調整して投稿。いや……今月の作品はひどい。いろいろと申し訳ないというレベル。
来月用はそのうち推敲します。

【TO-BE小説工房】
いつものように行数を確認すると、5.5枚あり、0.5枚オーバー。
今月の作品はそんなにカツカツとした書き方ではなかったので、いろいろ削って調整してすぐに5枚丁度になる。最後に辻褄を合わせるため数行追加し、増えた分も前半を削って調整。まあ、とりあえず、こんな感じ。
来月用も完成しているので、創元SF短編の投稿が終わったら、推敲します。
http://www.koubo.co.jp/guide/tobekobo.html

【創元SF短編】
もうまとまった推敲時間は取れそうにないので、気になる部分・違和感のある部分の修正案を頭の中で考える。
文章面の通しの推敲は、できてあと1回程度。それまでに気になる部分、違和感のある部分をどれだけ減らせるかで、作品の質が決まりそう。
作品の完成度が高まってきたところ、梗概も書き始める。内容的にどうかくか難しいのですが、ストーリー全体を理解してもらうにはオチから説明せざるを得ない。余計なことは考えずに、仕事モードで、とにかく分かりやすくを徹底する。
来年も最終選考まで残って楽しみたいなあ、どうなることやら。

【SS大賞】
http://takeaction.blog.so-net.ne.jp/2015-11-22-1
二作目として何を出すかボツ作品から選び始める。
ある程度以上のお気に入りはメルマガで公開しているので、探すのがちょっときつい。数名程度なら未公開と言えるけど、メルマガは数百単位なので、さすがにここからはチョイスしにくい。
ということで、完全未公開作品のうち気になるタイトルを何個かクリックして読んでいるうちに、ひとついけそうな作品を発見する。これはSFマガジン用のボツネタかな。自作にもかかわらず、このオチにはびっくりした(つまり、すっからかんに忘れていた)。
来年早々に推敲に入ります。はい。

【福島正実SF童話】
そろそろ来年に向けて(もうすぐ来年ですが)、アイデアを出し始める。
締め切りが星新一賞と同じなので、同時平行だと基礎資料を集めるのがなんだかんだと大変なので、どちらかを先行させないといけない。最近の仕事状況も含めての判断なのですが。
基礎資料不要の物語にすればよさそうなものだけど、そういった系統のセンスが無い人間なので……。

【FACEBOOK】
友達募集中です!
https://www.facebook.com/profile.php?id=100007879718530

最近の日常【平成27年12月下旬】 [日常]


〔電気シェーバーを買いました〕
2年ぶりに電気シェーバーを買いました。
以前は国内有名メーカーの物を使用していましたが、替刃が高いなあと思って、マイナーメーカーの安物を購入しました。そうしたら、最初は特に問題なかったのですが、切れ味が落ちるとともにひげを切るというより、引きちぎるかのような感じになり、とにかくほほが痛い。
それでも、まあ深剃り能力はあるし、多少のことだからと我慢していたのですが、いよいよ痛みが悪化してきて、これはまずいと思って、また国内有名メーカーに戻しました。
ちなみにメーカーを微妙に替えました。元々使用していたものは、肌には優しいけど深剃り能力にやや不満があり、メーカーを替えたら変わるんじゃ無いかと。
購入してさっそく使用。
うん、やっぱりそんなに変わらない。
肌への優しさと深ぞりの両立は難しいようです。
株主優待でGETしたサービス券3000円分を使用。ありがたや。

〔初審判しました〕
長男、次男が加入しているソフトボールチームの練習試合。
お父さんたちが少なかったこともあり、いきなり球審をやらされました。
事前練習一切無し。
監督同士で、せっかくだから経験を積ませてみましょう、となったらしい。
当日いきなりだったので、かなりテンパる。
審判をして始めて気が付きますが、キャッチャーの座る位置によって見えやすさがまったくちがう。
正直、低めがまったくわかりません。
子供なのでひざ下がちょっとしかないので、ワンバウンド以外はほとんどストライクコールをしてしまいましたが、どうだったかなあ。
悩んだときは周りの雰囲気でストライクとボールを決めてしまったこととか、イニングによってストライクとボールの判定がまちまちだったり、反省することしきりです。
こんなんで2試合も主審なんて、ああ、申し訳なくて本当に……。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第41期棋王戦挑戦者決定戦第2局(佐藤康光九段VS佐藤天彦八段) [将棋]

渡辺棋王への挑戦をかけての決着局です。

【中継サイト】
http://live.shogi.or.jp/kiou/

挑戦者決定戦第1局は170手を超える激戦になりました。
優勢だった先手が徐々におかしくなり、後手佐藤康光九段が1分、先手佐藤天彦八段が2分という限界ギリギリの戦いが続きましたが、165手目の2七銀が決め手となり先手の佐藤天彦八段が押し切りました。
この165手について、佐藤天彦八段がツィッターで解説しています。
中継ブログでも解説されていましたが、銀ではなく金だったら先手玉が詰みます。それをこの時間に追われながらもきっちりと読みきっていました。
知っていればすぐに見える筋ですが、実戦でも間違えず、恐れないところに佐藤天彦八段の強さと充実度が現れていると思います。
さて、挑戦者決定第2局でも、深くて正確な読みを見ることはできるでしょうか!

【棋譜】
http://live.shogi.or.jp/kiou/kifu/41/kiou201512280101.html

将棋ですが、相振飛車となりました。
角道を止める振り飛車には飛車を3筋に振り返すのが有力らしく、佐藤天八段は10局の経験があるそうです。
先手は美濃囲い、後手は穴熊に囲い、お互いに囲いの正面からぶつかります。
先攻したのは先手佐藤康九段で、銀をするすると前進させると8三歩と抑えてから9筋にに銀を成り捨てるという派手な進撃を披露します。
銀を取ると9五歩が厳しいのでどう受けるかと思われましたが、手筋の8五歩が絶妙でした。
ただのところに打たれた歩ですが、大駒は近づいて受けよの手筋で、これを取ると9三桂が絶好になります。
正確に指せば先手の攻めが繋がっていたようですが、佐藤康九段が精算を選んだことで仕切りなおしとなります。
この数手でお互いに時間を消費していまい、ここからは早指しです。
佐藤康九段は積極的に技を掛けに行きますが、中段に浮いた金が相手の駒を押さえつける駒とならず、逆に目標とされる苦しい展開になります。
徐々に駒損が響いていく展開になります。
決め手になったのは、106手目の4九馬です。
金金との二枚換えとなり、戦力差が一気に広がってしまいました。
佐藤天八段は優勢から勝勢と確実に差を広げ、126手まで見事に勝利し、敗者復活戦から見事に挑戦権を獲得しました。
第41期棋王戦五番勝負第1局は、2月11日(木)に愛媛県松山市「大和屋本店」で行われます!

【公募情報】第9回島田荘司選ばらのまち福山ミステリー文学新人賞 [公募情報]

日本ミステリー文学新人賞と同日締め切りの新人文学賞です。

【主催者HP】
http://fukumys.jp/

同じジャンル、新人賞であることも同じなら、長編大賞であることも同じ。
違いといえば、最大枚数が800枚と200枚長いことと、広義のミステリか本格ミステリの違いぐらいです。ただでさえ被っているところに、さらに募集内容を狭めているのですから応募者数は少なく、100を超えることがありません。
しかし、それこそ、この賞の狙いなのかもしれません。
応募者を絞ることで、丁寧に選考をする。HPに掲載されている島田荘司の選評の量は、他の文学賞を圧倒しています。
本格ミステリを目指すには、こちらの方がチャンスをつかめる可能性が高そうです。
応募締切は平成28年5月10日。制限枚数は原稿用紙350枚~800枚です!

<募集要項抜粋>
募集内容:自作未発表の小説
ジャンル:ミステリー
賞   :出版、福山特産品
制限枚数:原稿用紙350~800枚
応募締切:平成28年5月10日
応募方法:郵送
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

【公募情報】第20回日本ミステリー文学新人賞 [公募情報]

光文社主催のミステリー新人賞です。

【主催者HP】
http://www.kobunsha.com/company/scheherazade/mistery_new_entry.html

いま人気のミステリーだけあって、賞金500万円と高額です。
過去受賞者を見ると、比較的、ベテラン勢の姿が目立ちます。本格ミステリを書くにはそれなりの修練が必要で、そうした努力を続けていたひとたちが報われる賞なのかもしれません。
制限枚数は原稿用紙換算で350枚~600枚
締切は平成28年5月10日です!

<募集要項抜粋>
募集内容:自作未発表の小説
ジャンル:広義のミステリー
賞   :500万円
制限枚数:原稿用紙350~600枚
応募締切:平成28年5月10日
応募方法:郵送
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

第5期女流王座戦第5局(加藤桃子王座VS伊藤沙恵女流二段) [将棋]

加藤桃子王座の防衛まであと1勝と迫った第5局です。

【中継サイト】
http://live.shogi.or.jp/joryu_ouza/

加藤桃子女流王座と伊藤沙恵女流二段は奨励会でしのぎを削るライバルでした。
しかし、加藤女流王座より1歳半年長の伊藤女流二段は、年齢制限までに奨励会初段に到達することができず、無念の退会を決意します。
五番勝負開催前の記者会見で、こんなやり取りがありました。

――伊藤さん、小学生名人戦で、佐々木勇気君とかと同時期に指されていて、彼はいまプロで活躍していますが、そのへんはどういうふうに感じていますか。
「そうですね、小学生のときは、本当に佐々木君とはたくさん指していて、勝ったり負けたりだったんですが、いまはだいぶ差をつけられてしまいましたね。少しでも、プロに近づけたらなと思っています」

こうした意識がある限り、きっと成績は伸び続けると思います。

【棋譜】
http://live.shogi.or.jp/joryu_ouza/kifu/5/joryu_ouza201512250101.html

ということで、将棋です。
第5局は改めて振り駒で先後が決まります。
その結果、伊藤女流二段が後手となり、伊藤女流二段得意のウソ矢倉に向います。
後手が角を5一に引いた瞬間に先手が2四歩と突いて角交換を狙う(後手の5一角が無駄な手になる)のが形ですが、本局は3五歩と先手加藤女流王座が趣向を見せました。
そこから伊藤女流二段が銀を前進させて、いかにも伊藤流の中盤になります。そして、そのままやや後手有利のまま終盤に入ります。
勝負を決めたのは、72手目の5二歩です。
これは同飛車と取らせることで相手に玉飛接近を強要し、当たりを強くする寄せの手筋です。
以降は自然に攻めていき、最後まで緩めることなく先手玉を寄せきりました。

第6局は年明けの1月6日に東京・将棋会館で行われます!

第74期順位戦展望【B級2組・中盤戦】 [将棋]

全体の約2/3にあたる第7回戦まで終了。

【順位戦対戦表】
http://www.shogi.or.jp/kisen/junni/2015/74b2/index.html

この第7回戦で、注目の1位・2位対決がありました。
結果は竜王位を失ったばかりの糸谷哲郎八段が北浜健介八段を終始積極的名将棋で破り、順位差を含めてのトップに立ちました。
1敗で併走している野月浩貴七段、飯島栄治七段、菅井竜也六段ですが、野月七段と飯島七段は勝ち1敗をキープしますが、菅井六段は同じく振り飛車党のベテラン藤井猛九段に敗れて2敗に後退しました。次戦に糸谷八段、飯島七段戦があります。昇級戦線生き残りをかけた大勝負です。
ベテラン勢では2敗で奮闘してたネットではブルーノと呼ばれる青野照市九段が若手純粋振り飛車党の戸部誠六段と対戦したものの、積極的な構想が裏目に出て短手数で敗戦。残り3戦で降級点消去に挑みます。
数年前までA級に在籍してた高橋道雄九段は今期も苦戦中で、7戦目も得意の矢倉戦で後手を攻め続けますが、後手玉を捕まえきれずに敗戦。これで1勝6敗となり、降級圏内です。
このままC級1組までノンストップで降格はあまりに寂しいので、なんとか踏ん張って欲しいです。

【公募情報】第23回電撃大賞 [公募情報]

「圧倒的な”最高”を求む!」のコピーが印象的です。

【主催者HP】
http://dengekitaisho.jp/

この賞の特徴は1次選考以上通過作に送られる選評ですが、これがかなりしっかりしています。
電撃HPに選評サンプルが掲載されていますが、実際に応募者に送付された選評を読ませていただくと、サンプル以上に書き込まれていました。二人とも共通する意見もあれば、視点が異なる部分もあります。しっかり読まなければかけない選評です。
この選評をいただけるだけでも、価値が高いと思います。
締切は4月10日。短編部門と長編部門の二つがあります!

<募集要項抜粋>
募集内容:オリジナル小説
ジャンル:ジャンル不問
大  賞:出版
制限枚数:短編 原稿用紙42~100枚
     長編 原稿用紙250~370枚
応募締切:平成28年4月10日
応募方法:郵送、インターネット

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

創作状況【12月中旬】 [ぼくの公募状況]

12月上旬は多忙のためなんにもできず。
ということで、今月は中旬からです。

【メルマガ原稿】
 今月のメニューはこちらです。
◆(なにか企画の発表があるかも)
◆SFマガジン・リーダーズストーリー最終選考作品より(最終回)
◆リアルタイム企画・TO-BE小説工房に挑戦中(第9回)
◆公募情報数点 

 登録は無料ですので、ぜひとも登録してください!
 http://www.arasuji.com/saitomagazine.html


【小説現代・ショートショートコーナー】
再来月用に、たまっていたアイデアのひとつを引っ張り出してサクっと書く。
今月応募作品は、TO-BE小説工房のボツネタです。いまいち、構成が悪い。アイデア自体がいまいちだった可能性が高い。
だからこそ、ボツネタだったのですが。
たまたま発見した怪しいウンチクを入れておく。ただ裏が取れないので、まあ、噂程度にかるーく。ちょっとしたスパイスです。

【TO-BE小説工房】
今月投稿用作品を見直し、オチは一緒でも設定を変更して最終シーンを書き直す。
コリコリとした違和感はかなり解消されたけど、まだだいぶ残っている。しかし、直す良いアイデアも思いつかないので、たぶん、このまま。
来月用はアイデア自体はあったけど、考えをまとめるのに時間がかかる。いろいろと忙しい間にぼーっと考えて、オチや設定をいろいろ変更し、組みあせて、なんとかいけそうと思われる構成を発見する。
こうしてじっくりと考えるのは、なんか久しぶり。昔を思い出す。とはいえ、ただ忙しくて書けなかっただけなんだけども。
http://www.koubo.co.jp/guide/tobekobo.html


【創元SF短編】
11月下旬の文学飲み会で指摘を受けた問題点(しかもかなり根本的なところ)をどうするか悩んでいましたが、ようやく解決策が思いついたので一気に修正する。
なんとなく突破口が見えてきた感じです。
まだまだ直したい場所がたくさんありますが、あとは時間との勝負です。

【SS大賞】
http://takeaction.blog.so-net.ne.jp/2015-11-22-1
とりあえず出しますよ。
基本的には過去ストックの中から、お気に入りのを数点と考えています。
まず一つ目を推敲完了。次はどの作品をひっぱりだそうかなあ。

【FACEBOOK】
友達募集中です!
https://www.facebook.com/profile.php?id=100007879718530