So-net無料ブログ作成

第59期王位戦挑戦者決定戦(羽生善治竜王VS豊島将之八段) [将棋]

羽生竜王が菅井王位へのリベンジを狙います。

【中継サイト】
http://live.shogi.or.jp/oui/

羽生豊島戦というと、非公式戦ですが、ニコニコ動画で自動車を駒にして対戦する企画がありました。
スポンサーはトヨタで、駒を動かすたびにドライバーが会場を駆け回っていたのが印象に残っています。
角換わりになりましたが、お互いにすべての駒を動かそうと、阿吽の呼吸で盤面全体を使って戦っていた記憶があります。
結果は羽生勝ちでした。

羽生豊島戦は通算ではやや羽生優勢ですが、最近は豊島八段が4連勝し、羽生竜王が2番返すといったほぼ互角といっていいと思います。
両者は続けて棋聖戦でも戦います。
タイトル戦に向けた前哨戦的な意味合いもあると思います。
さあ、両雄の結果はどうなったでしょうか!

【棋譜】
http://live.shogi.or.jp/oui/kifu/59/oui201806040101.html

ということで、将棋です。
戦形は定番の角換わりとなりました。
先手の羽生竜王は桂馬を跳ねて先攻し、豊島八段は金銀を前進させて防衛線を築きひと段落。
次に角換わりらしく逆サイドの攻防が始まります。
その後、豊島八段の好位の角打ちに対し、狭い自陣角で対抗したのがよくなかったようで、徐々に形勢を損ねていきます。
そこから羽生竜王が挽回し、先手有利とみなされる局面もありました。
しかし7七歩からの叩きに金を差し出して防御を図った手がいまひとつで、必殺の7九角打ちを食らった辺りから評価値が急激に開いていきました。
金駒を差し出して歩で受ける筋はあるのですが、この局面では危険だったようです。
126手まで後手豊島八段が快勝し、豊島が王位初挑戦を決めました。
王位戦七番勝負は7月4日・5日(水・木)に愛知県豊田市「ホテルフォレスタ」で開幕します!

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。