So-net無料ブログ作成

第43期棋王戦第3局(渡辺明棋王VS永瀬拓矢七段) [将棋]

渡辺棋王の1勝1敗で迎えた第3局です。

【中継サイト】
http://live.shogi.or.jp/kiou/

竜王9連覇したことから渡辺棋王の成績には安定したイメージがありますが、よく調べるとかなりムラがあります。
7割以上の勝率で走った年度もあるかと思えば、5割強に急降下することもあります。
強豪棋士の多くは年齢とともに成績が下がり年度が現れますが、渡辺棋王は若いときから成績が悪い年がありました。
それにしても、今年の5割を下回る成績というのは初めてです。
ブログで苦しい胸の内を何度か吐露していますが、まだまだ老け込む年齢ではありません。
いまの将棋界の趨勢である「早い攻撃」に棋風が対応できていないのだと思いますが、受け主体の永瀬七段相手なら、渡辺将棋の棋風が生きてきそうです。
実際に初戦は渡辺棋王らしい快勝でした。
さあ第3局は渡辺棋王らしい将棋がみられるでしょうか!

【棋譜】
http://live.shogi.or.jp/kiou/kifu/43/kiou201803110101.html

ということで将棋です。
戦形は角換わり。後手番の永瀬七段は、得意の棒銀を選択します。
渡辺棋王は居玉のまま攻撃態勢の整備を急ぎ、棒銀に対する対処は8八銀引きで対応します。
先攻したのは渡辺棋王です。
歩を二枚突き捨て、桂馬をはねていきます。
そこから5筋の歩を突き捨て、5三歩が刺さって一本取りました。
さらに軽く8三歩成りと成り捨てたのが好手で、飛車を一段から動かし、効きがなくなった隙に深く角を打ち込みます。
以降は確実に駒得を重ね、危なげなく後手を投了に追い込みました。

これで2勝1敗と渡辺棋王がリードし、防衛まであと1勝としました。
第4局は3月20日に東京都千代田区「都市センターホテル」で行われます!

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。