So-net無料ブログ作成

第67期王将戦第2局(久保利明王将VS豊島将之八段) [将棋]

豊島八段の先勝で迎えた第2局です。

【中継サイト】
https://mainichi.jp/oshosen/

豊島将之を表現するフレーズとして有名なのは「豊島? 強いよね。序盤、中盤、終盤、隙がないと思うよ」です。
これはNHK杯戦で対戦相手の佐藤紳哉六段が豊島八段を評した言葉ですが、後輩とはいえいきなり呼び捨てにして、NHKとは思えないフランクな談話で話題となりました。
定跡が進化を続ける中、羽生竜王と並ぶ数少ないオールランドプレイヤーで、電王戦での呼び名「若き天才オールラウンダー」は、伊達ではありません。
タイトルが有望な棋士ではなく、タイトルを取らなくてはならない棋士のひとりです。
デビュー当時から将来を嘱望されてきた豊島八段も、プロ位入りから10年たち、27歳になりました。
いつまでも若手ではいられません。王将戦で大きく羽ばたけるでしょうか!

【棋譜】※無料会員登録が必要です。
http://mainichi.jp/oshosen-kifu/180127.html

ということで、将棋です。
後手久保王将の四間飛車に対し、豊島八段は四枚穴熊に篭るという対抗型になります。
久保王将は端から桂馬を跳ね、積極的に攻めて行きます。
先に桂損した豊島八段が、久保王将の桂馬を取り返そうとしたときから局面が早くなります。
自玉の危険度をギリギリで見切った久保王将が9二歩~8六桂馬と豊島玉を絞り上げます。
豊島八段も王手を続けながら自玉の詰めろを外して粘りますが、最後まで久保王将は冷静でした。
104手まで久保王将が快勝し、これで1勝1敗のタイとなりました。

第3局は、2月3・4日(土・日) 栃木県大田原市「ホテル花月」で行われます!
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。