So-net無料ブログ作成

【書評】東野圭吾『悪意』 [書評・映画評(DVD含)]

加賀恭一郎シリーズ第4作です。


悪意 (講談社文庫)

悪意 (講談社文庫)

  • 作者: 東野 圭吾
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2001/01/17
  • メディア: 文庫



ミステリとしては異色です。
犯人は前半で明かされ、早々に自供も得られます。
しかし、問題となるのは動機です。
完全なように見えて、どこか違和感を覚えた加賀刑事がさらなる調査を進めていくと、犯人は変わりませんが、この事件の背景には別の面があることが見えてきます。
そして、犯人は変わりませんが、事件の構図が全てがひっくりかえります。
後半でダレを感じる部分もありましたが、ラストまで読むと納得です。

東野圭吾ファンのために!

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。