So-net無料ブログ作成
検索選択

第65期王座戦挑戦者決定戦(中村太地六段VS青嶋未来五段) [将棋]

7月28日に行われた対戦です。

【中継サイト】
http://live.shogi.or.jp/ouza/

青嶋五段は棋士以外にも日本有数のチェスプレイヤーとして知られています。
しかも覚えて数ヶ月で日本トップレベルに追いつくというすさまじさです。
羽生王座、青嶋五段以外だと、森内九段もチェスプレイヤーです。森内九段には、チェスを教えてもらい、その教えた相手と対戦して、いきなり勝つという伝説を残しています。
青嶋五段というと、デビュー以来高勝率を挙げ続けていますが、いつもあと1歩届かない印象があります。
その青嶋五段が決勝まで上がってきましたが、前年ながら決勝で敗れて、初タイトルはなりませんでした。
ということで、将棋の記譜です。

【棋譜】
http://live.shogi.or.jp/ouza/kifu/65/ouza201707280101.html

ということで、将棋です。
先手は青嶋五段となり、ノーマル四間から相穴熊となりました。
仕掛けたのは先手の青嶋五段。角交換から角を打ち込み、銀をもぎ取ると、6三歩、7二銀と小技で攻めを繋げます。
アマチュア同士なら先手が勝ちそうな流れですが、プロ同士だと先手無理攻めのようです。
中村太六段が反撃に出てからは早かったです。
3八歩で金を浮きゴマにしてから角を先手で放ち、そこからガシガシと食いついていきます。
最終手は1七桂打ちです。
これは桂馬を取らせることで、1七銀の粘りを消しています。
ここで青嶋五段は投了し、中村太六段が2度目の王座挑戦を決めました。
中村太六段三度目のタイトル挑戦です。

第65期王座戦五番勝負は9月5日(火)宮城県仙台市「仙台ロイヤルパークホテル」から始まります!

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0