So-net無料ブログ作成

【書評』東野圭吾『どちらかが彼女を殺した』 [書評・映画評(DVD含)]

加賀恭一郎シリーズの第3作になります。


どちらかが彼女を殺した (講談社文庫)

どちらかが彼女を殺した (講談社文庫)

  • 作者: 東野 圭吾
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1999/05/14
  • メディア: 文庫



容疑者は最初から2人に絞られており、最後まで犯人が明かされません。
最後に推理のための手引きがあり、それを参考に読者が解きます。
解法としては、背理法を使わざるを得ないので、若干、反則気味ではありますが。
また、被害者の兄が独自捜査で犯人を追い詰めようとして、証拠品を持ち帰ったり、嘘の供述をしたりして、警察の捜査を妨害したりします。
容疑者と警察だけでなく、ここに独自捜査をするキャラを登場させることで、新たな対立を生み出しています。

腕自慢のひとはぜひ挑戦を!
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0