So-net無料ブログ作成

第75期名人戦第6局(佐藤天彦名人VS稲葉陽八段) [将棋]

佐藤天彦名人の3勝2敗で迎えた第6局です。

【中継サイト】
http://www.meijinsen.jp/

谷川第十七代永世名人が、初めて名人位を獲得したとき「名人位を1年間預からせていただきます」と謙遜したのは有名な話です。
タイトルは獲得しただけでは半人前で、防衛して初めて1人前という考えがあります。
過去の名人位を見ると、獲得してから2期防衛を果たした棋士は永世名人となっています。
そうした意味では、獲得は1/3人前、1期防衛して2/3人前、2期防衛して初めて1人前なのかもしれません。
さあ、佐藤天彦名人は見事に防衛して、2/3人前になれるでしょうか!

【記譜】※ロック将棋さんがUPしてくれました。
http://6shogi.com/75meijinsen6/

ということで将棋です。
戦形は相掛かりとなりました。
相掛かりは手将棋になりやすく、構想力が問われます。
お互いにじっくりと駒組を進めて、戦いは二日目の午後からとなりました。
銀と桂馬二枚の交換となり、若干の駒得となった後手がややリードします。
そして、リードを取った佐藤名人は強かったです。
ある評価値である程度の差をつけると、多少の増減はあるにしても逆転を許しません。
まさに王者の将棋です。
互角の時間は長かったものの、最後は圧巻の将棋で挑戦者を投了に追い込みました。
これで4勝2敗となり、防衛を果たしました。

佐藤天名人おめでとうございます!
nice!(3)  コメント(5)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 5

AK2424

おはようございます。
名人の永世称号についてですが、第何代永世名人ではなく、何世名人になります。
ご存知の上で永世称号。とあえてわかりやすく表現されたのかはわかりかねないですが、ご参考程度まで。とさせていただきます。
by AK2424 (2017-06-08 05:21) 

サイトー

>AK2424さん
おはようございます。
ご想像の通りで、一般人には分からないと思うので、合えて永世をつけています。
わかりやすさが第1ということで(笑)
by サイトー (2017-06-08 06:33) 

AK2424

こんばんは。
確かに藤井聡太四段効果で少し知れ渡っただけでは正式な呼び名はわかりにくいと思われます。
永世。とつければ納得いくのも不思議ですよね。
by AK2424 (2017-06-08 19:15) 

サイトー

>AK2424さん
名人戦は歴史があって、わかりにくいですよね。いろいろな経緯から、様々な名人があったりして。
あと、名人なので、個人的には永世称号までもう少し難易度を挙げてもいいような気が。
(合計7期か名人5期に他のタイトルも含めて10期以上とか)
by サイトー (2017-06-12 05:27) 

AK2424

こんばんは。
確かに難易度を上げても良さそうに見えますが、そうなってしまうと確実に次元の違うものになりそうですね・・・。
現在の順位戦もA級に勝ち上がってやっとこさ挑戦。なので夢の部分から見ると難易度を上げてしまうと潰えてしまいかねない。という難点が生じてくると思われます。
他のタイトル10期以上にあてはまってるのは羽生三冠と谷川九段だけ。と考えるとものすごいことだと改めて感じます。
(他のタイトル10期以上獲得なら見かけますが、それに加えて永世名人。というのはまさに未知。が呼び名にふさわしいでしょう。)
by AK2424 (2017-06-14 22:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0