So-net無料ブログ作成
検索選択

【書評】有吉佐和子『開幕ベルは華やかに』 [書評・映画評(DVD含)]

有吉佐和子最晩年の作品です。


開幕ベルは華やかに (文春文庫)

開幕ベルは華やかに (文春文庫)

  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2013/12/10
  • メディア: Kindle版



有吉佐和子というと『出雲の阿国』を初めとする歴史物、当時の社会を批評した『恍惚の人』、女性の一生を描いた『紀ノ川』などが有名ですが、本作はどの系統にも属さないミステリです。
ただ、有吉佐和子はミステリをまったく書かないのではなく『悪女について』という傑作も残しています。
本作ですが、最終盤まで流行作家がさらりと書いた一冊というような読後感が残りました(実際には不眠症に悩まされていて、一冊毎に苦しんだそうですが)。ですが、犯人逮捕後に犯人の背景が語られるストーリーが続くのですが、そこが『悪女について』のようで、ふしぶしに毒が潜んでいます。
肩肘張らずに読める作品でありながら、心理的な怖さも体験できる一冊だと思います。

ミステリ好きのひとのために!

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0