So-net無料ブログ作成
検索選択

第42期棋王戦第4局(渡辺明棋王VS千田翔太六段) [将棋]

渡辺棋王の1勝2敗で迎えた第4局です。

【中継サイト】
http://live.shogi.or.jp/kiou/

永世棋王の称号は、連続5期が条件で、通算での条件はありません。
その難しさから、現在のところ永世棋王は羽生善治三冠しかいません。
渡辺棋王は今期に勝利すれば永世棋王になりますが、負けると1からやり直しです。
シリーズ開幕前のインタビューで「ラストチャンス」と述べていたのは、そのあたりの困難さを踏まえてのことです。
しかし、ここまで1勝2敗と押されており、挙げた1勝も逆転勝ちです。非常に苦しい展開が続いています。
第4局は先手番です。
ラストチャンスと意を決して迎えた棋王戦です。
ここで勝利して永世棋王への望みをつなぐことができるでしょうか!

【記譜】
http://live.shogi.or.jp/kiou/kifu/42/kiou201703200101.html

ということで将棋です。
第4局はどのような隠しダマが飛んでくるかと思いましたが、矢倉脇システムとなりました。
ところがやっぱり千田六段です。
金を6二に横移動してから銀矢倉に組み替えます。
飛車を一段目まで引いて、まるで腰掛銀や右玉のような形です。
渡辺棋王も初見だと思いますが、その反応は素早かったです。
6二金を遊び駒にすべく棒銀を見せて反撃を誘い、生じた争点から攻撃を開始します。
千田六段も攻め駒を責めて活路を見出そうとしますが、79手目の3八歩が後手の攻めをシャットアウトする渋い決め手です。
以降は露骨な数の攻めを敢行し、受けがなくなったところで後手が投了しました。

先手渡辺棋王の完勝です。
いよいよ最終戦にもつれ込みました。
最終第5局は3月27日(月)に東京・将棋会館で行われます!

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: