So-net無料ブログ作成

【書評】宮部みゆき『蒲生邸事件』 [書評・映画評(DVD含)]

第18回日本SF大賞受賞作です。


蒲生邸事件 (カッパ・ノベルス)

蒲生邸事件 (カッパ・ノベルス)

  • 作者: 宮部 みゆき
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 1999/01
  • メディア: 新書



宮部みゆきの長編はとにかく長い。
本書も上下2段組で500Pオーバーと、その長さに圧倒されます。
ストーリーの本題に入るまでがちんたらしているし、しかもネタは使い古されたタイムストリップ物です。
それでも事件が起こると圧倒的に面白い。細かい伏線が、見事に繋がっていく。
長いストーリーなので一言ではいえませんが、最後のシーンは昭和~平成を生きてきたひとにはぐっとくること間違いなしです。
まさに宮部みゆきの代表作のひとつだと思います。
ちなみに戦前の相続法について微妙な間違いがあったりしますが、専門家でなければ知らないと思うので仕方が無いところ。

nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0