So-net無料ブログ作成

【書評】鳴海風『算聖伝』 [書評・映画評(DVD含)]

和算の頂点に立つ、関孝和を主人公とした伝記風小説です。


算聖伝―関孝和の生涯

算聖伝―関孝和の生涯

  • 作者: 鳴海 風
  • 出版社/メーカー: 新人物往来社
  • 発売日: 2000/10
  • メディア: 単行本



関孝和は和算の発展に大きく寄与した人物です。
当時の和算はまさに算数で、現代の小中学生が扱う1次方程式(天元術)を解くことが最新でした。それが、関孝和の登場により、一気に大学研究室レベルに引き上げられました。
それほどの業績を残した関孝和ですが、生涯をたどる資料はきわめて少ないです。作者は関孝和の生涯を空想で埋める必要があります。
作者の力量が問われるところですが、鳴海風は大胆にも関孝和は最新の数学をキリシタンから学んだという設定を作り上げました。
その設定を成立させるために、関孝和は密かに大目付井上政重の甥として育てられたとか様々な履歴を作り上げました。
この辺りは好みが分かれるところですが、アリといえばアリかな、という感じです。
その一方で、関孝和が数学の理論を作り上げていくシーンは少ないです。

和算を中心とする時代小説を読みたいひと向けに!

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0