So-net無料ブログ作成
検索選択

第10回朝日杯将棋オープン戦決勝 [将棋]

準決勝に残った4人のうち、だれが戴冠しても初優勝です。

【主催者HP+棋譜】
http://www.asahi.com/shougi/asahicup_live/special/

賞金額が公表されているのは一部の棋戦のみです。
その中で朝日杯の優勝賞金1000万円は破格であり、7代タイトルで朝日杯を上回っているのは竜王戦と名人戦くらいです(噂によると、王位戦がほぼ同額のようです)。
昨年度の年間獲得賞金を見ても、10位の深浦康市九段が1849万ですから、優勝すると半額以上を稼ぐことができます。
例年だと20位がだいたい1000万強ですので、優勝すれば1棋戦で年間賞金額を獲得です。
これだけのニンジンがあれば、若手の目の色が変わらない方がおかしいです。
さて、1000万円はだれの手に渡るのでしょうか!

ということで、将棋です。

【準決勝① 村山慈明七段VS澤田真吾六段】
角換わりから先手村山七段が右桂をポンと跳ねて軽い感じの攻めが始まります。
そこから飛車角を切り飛ばして食いつき、小駒で飛車を取り返して優勢に。
途中で2四歩を効かせて後手の飛車にお帰り願ったところが上手い手筋で、あとは一方的に攻める展開となり、村山七段が押し切りました。

【準決勝② 広瀬章人八段VS八代弥五段】
横歩取りとなり、駒損必死の後手が攻めきれるかどうかという後手にとって忙しい局面となります。そこを凌ぎ、反撃に出た先手広瀬八段が中盤まで好調でした。
ところが、途中で1回自陣に手を入れたのが甘かったのか、八代五段のターンが回ってきて、以降は後手が押し切りました。
94手まで八代五段の勝利です。

【決勝 村山慈明七段VS八代弥五段】
まるで新人戦のような組み合わせです。
角換わりから後手は6四に角を放って専守防衛型。
端から戦いが始まり、途中からお互いに成り駒を作りあいゴタゴタとした乱戦となりますが、先手玉に近い場所で戦いが始まっただけに後手の攻めが早く、149手の熱戦の末に八代五段が勝利しました。

八代五段は棋戦初優勝で六段に昇段です。
おめでとうございます!
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 2

AK2424

サイト―さん。先ほどは24の観戦ありがとうございました。
サイト―さんの観戦記はシンプルでわかりやすい内容です。要所要所をうまくまとめられる技術は流石です。

by AK2424 (2017-02-12 15:22) 

サイトー

>AK2424さん
いつものようにバタバタですみません。
またよろしくお願いします!
by サイトー (2017-02-13 04:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: