So-net無料ブログ作成
検索選択

後手横歩取りの検討 [将棋]

後手横歩取りが苦手です。
スパークリング相手の東大将棋6(上級)と対局しても、軽く捻られる。
なので、捻られた後で、悪くなる直前の局面から再対局しています。それでも負ける。
ですが、再対局で珍しく勝てた将棋を2局ほど。


【捻り飛車作戦】
http://noike.info/yourls/e02gypcoqr
※コメントは東大将棋と自分のが混じっています。

飛車を捻って角を打たせるのはよく採用する作戦で、今回は見事に嵌まりました。角を打ってくれないと反撃が厳しいです。
銀を前進させて制圧してから飛車を捻るのがちょっとした工夫で、これは有力そう。
中盤まで圧倒し、終盤で悪手を指して逆転負けしたのですが、その手を修正したら普通に勝ちました。


【7五歩突き捨てから桂跳ね】
http://noike.info/yourls/3ezls0d8g4
※コメントは東大将棋と自分のが混じっています。

この作戦は棋風に合わないこともあり、あまり採用しない。
ですが、先手の構えが捻り飛車に向かないので、ものは試しと3筋の突き捨てから単騎の桂で攻撃してみる。
評価値はどんどん下がり続けるが、意外なことに攻めがつながり、互角から有利、優勢、勝勢へとこぎ着ける。
たぶん、どこかでコンピューターが間違えたのだと思うが、どの手が悪いのかよく分かりません。
相手は上級だと思っていたら、マスターでした。いま気がつきました(笑)

定跡を勉強しても、自分の棋風と合わないとなかなかものにできない。
後手横歩でも、自分の得意にできるような形を見つけたい。

nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 4

コメント 2

AK2424

こんばんは。後手番の横歩取りはどちらかと言うと振り飛車っぽい感覚なので、構想と配置が重要だなぁ。と実感している次第です。
サイト―さんの修正案はどれもプロの公式戦で指されている優秀な手順です。ひねり飛車の案はあまり見かけなくなったものの、軽い突き捨てから。は難しいながらも長く残ってます。
私も後手番の横歩取りとなるとあまり勝率が高くないです。覚える量も膨大ですからね・・・。
by AK2424 (2017-04-20 21:17) 

サイトー

>AK2424さん
後手横歩は覚える手筋が膨大ですよね。
プロ間ではひねり飛車は少ないですが、力戦形になりやすいので、アマチュアが大会で使うには魅力的かなと思っています。
読みのポイントも絞りやすいですしね。
by サイトー (2017-04-21 05:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: