So-net無料ブログ作成

【書評】宮部みゆき『かまいたち』 [書評・映画評(DVD含)]

第11回歴史文学賞候補作『騒ぐ刀』収録の短編集です。


かまいたち (新潮文庫)

かまいたち (新潮文庫)

  • 作者: 宮部 みゆき
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1996/09/30
  • メディア: 文庫



宮部みゆき初期の時代短編小説が4編収録されています。
歴史文学賞候補作も収録されていますが、自分が一番良いと思ったのは表題作の『かまいたち』です。
解説によると、時代小説を読みなれているひとならすぐにだれが真犯人が気がつくようですが、自分はすっかりだまされました。
伏線を伏線らしくなく貼るというか、ある設定に複数の意味を持たすことで、上手く読者を誘導しています。
言うは易し行うは難し、の典型的な技術だと思います。
後半2つは不思議な力がテーマになっているので、趣味が分かるれるかもしれません。

時代小説好きに!

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0