So-net無料ブログ作成
検索選択

【書評】嘉数次人『天文学者たちの江戸時代』 [書評・映画評(DVD含)]

江戸時代に活躍した天文学者たちを紹介です。


天文学者たちの江戸時代 ──暦・宇宙観の大転換 (ちくま新書)

天文学者たちの江戸時代 ──暦・宇宙観の大転換 (ちくま新書)

  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2016/07/10
  • メディア: Kindle版



江戸時代というと鎖国のため科学技術の発展に取り残されているイメージがあります。
全般的にはその通りなのですが、部分的には独力で驚異的な発展をしている分野もあります。
天文学はそれなりのレベルに達していましたが、西洋からの専門書を翻訳し、参考していたため大きな差がありました。
しかし観測精度は驚くほどで、日食や月食はほぼ的中させることができますし、地球の大きさもかなりの精度で算出することができました。
そうした天文学者たちの奮闘の歴史が、小気味よくまとめられています。

江戸時代における科学技術の一端を知りたいひとに!
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0