So-net無料ブログ作成
検索選択

【書評】宮部みゆき『魔術はささやく』 [書評・映画評(DVD含)]

第2回日本推理サスペンス大賞受賞作です。


魔術はささやく (新潮文庫)

魔術はささやく (新潮文庫)

  • 作者: 宮部 みゆき
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1993/01/28
  • メディア: 文庫



この本を読むのは2回目です。
とても面白かったのですが、鍵を開けるシーン以外はほとんど忘れていました。
再読して、その理由が少し分かりました。
テーマとしては、サブミリナル効果と催眠術を扱っています。
前半はキャラがわーっと出てきて若干混乱しますが、そこを超えれば物語はすいすい流れていきます。
妙に印象に残った前半の鍵のシーンは、本筋とはあまり関係が無く、後半訪れる主人公の決断を導くためのエピソードを挿入するためのエピソードみたいな感じです。
『龍は眠る』のごたごたとした前半シーンと意味合い的には重なります。
個人的には犯行動機など解せぬ部分もありますが、日本推理サスペンス大賞受賞作だけあって、読ませる力は強力です。

最後までぐいぐい引っ張られる作品だと思います。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0